フルメタ軟膏の強さや効能と副作用!顔や陰部やニキビに使える?

フルメタ軟膏とは、塩野義製薬が開発した塗り薬で、ステロイド剤の一種です。

なので、フルメタ軟膏のステロイドの強さや虫刺され、やけど、蕁麻疹などへの効能や、副作用、クリームとの違いや、顔や陰部、ニキビには使えるのかといったことについて知りたいのではないでしょうか。

それから、フルメタ軟膏の市販薬はあるのかといったことや薬価やジェネリックも気になりますよね。

そこで今回は、フルメタ軟膏の強さや効能と副作用、また、顔や陰部やニキビにも使えるのか、といったことについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

フルメタ軟膏の効能や副作用は?

フルメタ軟膏は皮膚の痒みや炎症、腫れなどを抑える効果があり、皮膚炎や湿疹の治療薬として最もポピュラーな種類の外用薬です。

そして、フルメタ軟膏の有効成分はモメタゾンフランカルボン酸エステルといって、同じ成分を配合するジェネリックには日医工のマイセラ軟膏0.1%などがあります。

それから、フルメタ軟膏は次のとおり様々な効能があります。

・ 皮膚炎、湿疹

ステロイドは手湿疹や脂漏性皮膚炎、蕁麻疹などの皮膚に生じるぶつぶつ、かゆみ、赤みを抑制する効果があり、これらの原因は乾燥や外部からの刺激、アレルギーなど色々ですが、ステロイドはそのどのタイプの湿疹に対しても有効です。

ただ、ステロイドの効能は皮膚の症状を和らげる対症療法だけなので、根本の原因そのものを治療することはできません。

しかし、ひどいかゆみや痛みが生じている場合はかきむしってさらに症状を悪化させるリスクがあるので、それを回避することはできるとされています。

・ 乾癬(かんせん)

乾癬は皮膚に赤い発疹が生じ、白いかさぶたができた状態のことで、何らかの刺激によって皮膚の表皮ができるスピードが著しく速くなると、皮が次々とはがれ落ちるので、こうした症状のことを乾癬といいます。

特にアトピー性皮膚炎の方に多く、原因はストレスや食生活と言われていますが、まだはっきりとわかっていません。

そして、ステロイドは細胞が増殖するスピードを抑え、炎症を緩和するので、乾癬の治療薬としても処方されることの多い薬です。

・ 虫刺され

虫刺されによるかゆみや痛みは一種のアレルギー反応なので、ステロイド剤によって抑制することができますが、蜂に刺されたときに起こるアナフィラキシーショックは全身に起きる症状なので、ステロイドで対応はできません。

このように、フルメタ軟膏は様々な症状に有効で便利な軟膏薬ですが、ステロイドの強さの5段階の中で2番目の「かなり強い」に属しているため、一般的には15歳以上の患者で、手足など皮膚が厚い部分にのみ使うように処方される薬です。

そのため、取り扱いには注意が必要です。

また、フルメタ軟膏は感染症由来のかゆみ、つまり水虫やヘルペス、とびひなどに使ってしまうと、もともと免疫力が下がっている肌の状態を、さらにステロイドで免疫力を低下させて悪化させてしまうので、使ってはいけないことになっています。

このほか、やけどや切り傷、潰瘍に使うと症状が悪化するので、これらの症状にも使ってはいけないことになっています。

ちなみに、フルメタ軟膏にはフルメタクリームもありますが、軟膏の方が白色ワセリンなども含まれていて肌保護効果が高いので、乾燥が気になるひどい皮膚炎の症状にはフルメタ軟膏の方が向いています。

そして、比較的広範囲に塗る必要がある時には、のびが良いクリームタイプが処方されるようです。

副作用は?

フルメタ軟膏は即効性があり、様々な皮膚の症状に有効な便利な薬ですが、使い方を誤ると、皮膚萎縮などの症状が起こることがあるので、使用には細心の注意を払わなければなりません。

そのため、ひげそり跡など特に皮膚が傷ついているところは避けなければなりませんし、そもそも顔や陰部など、皮膚が薄い部分はデリケートなので、フルメタ軟膏の使用はオススメできません。

また、目の周りに使うと眼圧があがって、緑内障や白内障を起こすこともあるので、医師から特別な指示がない限り、顔などには使わないようにしてください。

スポンサーリンク

フルメタ軟膏の使い方のポイントは?

フルメタ軟膏は毎日1~数回、患部に薄くのせるだけでOKで、多めに塗っても効果が強まるどころか副作用が起こりやすくなるので、あくまで適量を使うようにしましょう。

また、フルメタ軟膏は赤ニキビやニキビ跡にも効果的なので、顔以外で体にできた炎症系のニキビに対しても塗っておくと1週間以内には鎮静化し、2~3週間すると跡もキレイになくなるそうです。

それから、フルメタ軟膏はステロイドが強い薬で長期の利用をすると副作用のリスクが高まるので、長くても2~3週間程度、できれば1週間以内の利用にとどめるようにしましょう。

フルメタ軟膏を買うならジェネリックの「モメタゾン0.1%オイントメント」がオススメ!

フルメタ軟膏は1gあたり36.40円と非常に高価な薬で、ジェネリックだとその半額程度になりますが、市販で購入することはできず、医師の処方がない限り手に入れることはできません。

でも、必要になるたびに病院を受診するのも面倒ですし、診察料がもったいないと感じる方もいそうですよね。

そんな方にオススメなのがインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でフルメタ軟膏のジェネリック「モメタゾン0.1%オイントメント」を購入する方法です。

「モメタゾン0.1%オイントメント」はフルメタ軟膏と主成分もステロイドの強さも同じなので、効能や取り扱いの注意点に関しても同様です。

そして、海外のMSD社のジェネリック医薬品を個人輸入代行の形で安く購入することができ、オオサカ堂では30g入って1本あたり1,136円、2本で1,704円、4本で2,840円といったように非常にお買い得です。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業19年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、フルメタ軟膏のジェネリックならオオサカ堂で「モメタゾン0.1%オイントメント」を購入するのがオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね!

フルメタ軟膏のジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ