子宮内膜症に効く漢方薬でツムラのオススメ!治療効果と副作用も

子宮内膜症は、漢方薬による治療も積極的に行われている病気のひとつで、病院でも漢方を処方する医師が多くいます。

一方で、子宮内膜症の漢方薬というと、病院で処方されるもの以外にもドラッグストアや漢方専門の薬局で扱っている市販のものがあり、なんだか難しい、何をどのように選んだらいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

また、子宮内膜症に漢方を使うことで効果があるのか、完治や妊娠が望めるのかといったことも気になりますよね。

そこで今回は、子宮内膜症に効く漢方薬のうち、ツムラの漢方薬でおすすめのものをご紹介するとともに、値段や副作用などについてもご説明していきます。

スポンサーリンク

子宮内膜症とはどんな病気?

■子宮内部の組織が子宮の外で増える病気

子宮内膜症とは、子宮内部を覆う内膜という組織が何らかの原因によって子宮の外(卵巣や子宮、小腸といった骨盤内にある臓器など)の表面で増殖する病気です。

また、子宮の外にできた子宮内膜組織も、子宮の中と同じように月経を起こしますので、体内に血液が溜まり、それによって臓器の癒着などが起こる場合があります。

なお、主な症状は月経時の激しい痛みや腰痛、排便時や性交時の痛みなどですが、不妊の原因のひとつでもあり、妊娠を希望している女性にとって注意するべき病気のひとつです。

スポンサーリンク

東洋医学では子宮内膜症をこう見ている

■子宮内膜症は血の巡りが原因?

東洋医学では、子宮内膜症をはじめとした月経のトラブルの多くは体内をめぐる「血(けつ)」のバランスが崩れていることが原因だと考えられており、治療は基本的にこの「血」のバランスを取り戻すことが目標です。

というのも、東洋医学には健康な状態=「気・血・水(き・けつ・すい)」のバランスが取れている、といった考え方があります。

それぞれ、

・気=体の機能を動かすためのエネルギー

・血=体に栄養を運び、いらないものを回収する血液

・水=消化液や涙などの血液以外の体液

といったように定義されていますが、このうち血の働きに問題がある状態を

・血虚(けっきょ)=血が足りていない)

・お血(おけつ)=血が滞って血行不良の状態)

と呼んでいます。

すると、子宮内膜症は余計な組織が体内で出血し、それが体内に溜まっている状態ですので、「お血」であると考えることができるでしょう。

そのため、漢方において子宮内膜症の治療を行う場合には、基本的にこの「お血」の状態を治すための、血の滞りを解消する効果のある漢方薬が使用されるというわけです。

■自分の血の巡りをチェックしてみよう!

血の巡りのバランスが崩れ、「お血」の状態になっている場合には、次のような症状が体に現れると言われています。

・皮膚や唇が赤黒い

・舌の裏の静脈が黒っぽく浮いて見える

・皮膚が硬く、ざらついている(鮫肌)

・化粧のりが悪い、吹き出物ができやすく、跡が残りやすい

・体が冷えたり火照ったりする

・下腹部が張っている、便秘気味である(へその周りを圧迫すると苦しい)

・生理不順や生理痛がある

・経血が黒っぽい、レバー状の塊が混ざる

スポンサーリンク

子宮内膜症に効果があるツムラの漢方薬はこれ!

■子宮内膜症には血の巡りを改善する漢方を

子宮内膜症に対しては、血の巡りを改善する働きのある「駆お血剤(くおけつざい)」と呼ばれる種類の漢方が有効であることが多いようです。

そして、駆お血剤の中でも婦人科の病気で最も処方されることが多いのが次の3つの漢方薬になります。

・桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

ある程度体力があり、のぼせや便秘がある人の月経トラブルに使われます。

・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

普通程度の体力で、顔ののぼせと足の冷え(いわゆる「冷えのぼせ」)がある人の月経トラブルに使われます。

・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん

体力がなく、顔色が青白いような冷え性・貧血がある人の月経トラブルに使われます。

また、この他にも駆お血剤としては温経湯(うんけいとう)や加味逍遥散(かみしょうようさん)などさまざまなものがあり、体質や生活習慣などに合わせたものが処方されています。

【Amazon.co.jp アソシエイト】

【Amazon.co.jp アソシエイト】

【Amazon.co.jp アソシエイト】

■漢方の効果はどのくらいでわかるの?

漢方薬の効果は薬の種類によっても異なりますし、飲む人の体質や、その薬が合っているかどうかといったことによっても大きく変わってきてしまいます。

ですので、他の人に効果があった薬と、自分に効果がある薬が同じだとは限りませんので注意してください。

一般的には、数週間から数ヶ月かけて徐々に効果が現れることが多いようですので、副作用が出ない限りはしばらくの間は飲み続ける必要があると言えます。

そして、効果が現れなかったからと勝手にやめてしまったりせずに、一度医師や薬剤師に相談して薬の見直しをしてもらうことをおすすめします。

また、逆に効果があったという場合でも、体質改善のための漢方薬では急にやめると症状がまた出てきてしまうことがあるようですので、そのような場合も医師や薬剤師に相談してみてください。

■漢方薬に副作用はないの?

漢方薬というと、西洋医学に基づいた薬よりも体に優しいというイメージがあるかもしれませんが、漢方も薬ですので副作用はあります。

例えば、先ほどご紹介した3つの漢方薬では次のような副作用が挙げられています。

・桃核承気湯

皮膚が赤くなる、発疹が出る、痒みが出る、激しい腹痛を伴う下痢

・桂枝茯苓丸

皮膚が赤くなる、発疹が出る、痒みが出る、食欲不振、稀に肝機能障害(発熱や黄疸、倦怠感など)

・当帰芍薬散

皮膚が赤くなる、発疹が出る、痒みが出る、食欲不振、胃の不快感

ですので、用法や用量を守って服用するのはもちろんのこと、漢方薬を使用した後に何らかの気になる症状が現れた場合にはすぐに医療機関を受診し、飲んでいる漢方薬について相談するようにしてください。

スポンサーリンク

病院でもらう漢方と薬局で買う漢方の違いは?

■成分は同じ、でもここが違う!

薬局やドラッグストアなどで市販されている漢方薬も、病院で医師から処方される漢方薬も、含まれている成分は同じですが、服用する量に違いがあります。

というのも、先ほどご紹介したように漢方薬というのは比較的効果が穏やかであっても副作用が起こる可能性がありますので、市販の漢方薬は1日に服用する量が病院で処方されるものより少なく設定されていることがほとんどです。

だからといって、市販のものを多く飲めば病院で処方されたものと同等になるというわけではありませんので、添付の文書に書かれている用法や用量は必ず守るようにしてください。

そして、より効果のあるものを求めるならば、漢方に詳しい医師のいる病院で問診を受け、体質や生活習慣に合わせた漢方を処方してもらいましょう。

スポンサーリンク

漢方薬の値段はどのくらい?

■処方薬のほうが値段は安い

漢方薬の値段は、医療用として保険が適用されるものの他に、薬局やドラッグストアで購入できるもの、漢方専門の薬局で購入できるものなどさまざまな種類がありますが、この中でもっとも値段が安いのは、医師の処方箋によって保険適用で購入できる医療用の漢方薬です。

ちなみに、薬の種類にもよりますが、同じメーカーの同じ種類の薬で、一包あたりの値段が倍以上違うといったこともあります。

そして、漢方薬は長期に渡って飲み続けることが多いので、なにかあった場合には医師に相談でき、価格も安く抑えることができることから、病院で処方される漢方薬のほうがお得と言えるかもしれません。

ただし、漢方薬の処方は西洋医学とは別の知識が必要となるため、すべての医師が漢方に詳しいというわけではありません。

ですので、漢方に詳しい医師がいる病院を探して、そこを受診することが望ましいといえるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

子宮内膜症に効く漢方薬としては、血の巡りを良くする効果を持つ桃核承気湯や桂枝茯苓丸、当帰芍薬散といった薬がおすすめということでした。

なお、これらの薬は女性の月経トラブルなどに広く使われており、病院でもよく処方されますし、薬局やドラッグストアでも購入することができるということでしたね。

しかし、効果が現れるまでには個人差が大きく、しばらくは続けてみるということが大切なのでした。

ただし、漢方薬も皮膚や消化器などへの副作用が出る場合がありますので、異常を感じた場合にはすぐに服用を止めて医師や薬剤師に相談した方が良いということでしたね。

なお、最近では子宮内膜症の新しい治療薬として登場した「ディナゲスト」という薬と、漢方薬を併用して治療するケースもあるようですので、子宮内膜症に悩んでいる方は一度医師に相談してみるのもいいかもしれませんね。

↓↓↓
「子宮内膜症へのディナゲストの効果と副作用!値段や妊娠についても」についての記事はコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ