メラケアクリームの使い方や効果と副作用!ステロイドの強さも

メラケアクリームとは、ニキビなどの肌トラブルで悩んでいる方にオススメの薬用クリームです。

なので、メラケアクリームのニキビやそばかすや毛穴への効果や、皮むけや赤みなどの副作用、使い方のポイントや顔への使用についても知りたいのではないでしょうか。

それから、メラケアクリームのステロイドの強さも気になりますよね。

そこで今回は、メラケアクリームの使い方や効果と副作用、また、ステロイドの強さなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

メラケアクリームの効果や副作用は?ステロイドの強さも

メラケアクリームは自然なピーリングを促すスキンケア薬で、成分としてはトレチノイン・ハイドロキノン・フランカルボン酸モメタゾンを配合しています。

そして、トレチノインは肌の角質を剥がす働きがあり、ハイドロキノンにはシミやそばかすの原因となるメラニンやメラノサイトを取り除く美白作用があるのですが、特に左右対称に広範囲にわたって薄くできるシミ「紅斑」に効果が高いそうです。

また、副腎皮質ホルモン(ステロイド)であるフランカルボン酸モメタゾンも配合されているので、抗炎症作用が高く、鎮痛や収斂作用も期待できるのです。

それから、ステロイドの強さとしては、2番目の「非常に強力」に当たるので、特に症状が重く、苔せん化した湿疹などで皮膚が厚くなっている部分に使用されることが多く、ニキビの予防や緩和にも良いですし、毛穴の引き締め効果もあるでしょう。

しかしながら、顔や首など、皮膚が薄くデリケートな部位には使用できません。

副作用は?

メラケアクリームにはほとんど副作用の報告がなく、皮むけなども起こらずに自然に肌のターンオーバーを促すことができるとされています。

ですが、全く副作用がないわけではなく、個人差がありますが、使用後の肌の乾燥、刺痛、毛包の水ぶくれ、皮膚の薄化、皮膚のかゆみ、灼熱感などのリスクがあるそうなので、初めて使用する場合は少し狭い範囲で肌の状態を確認しながら使った方が安全です。

また、トレチノインの影響で通常の2倍の速さで皮膚を再生し、古い角質と一緒に剥がれ落とす働きがあるので、使用後は皮膚の乾燥が目立つことがありますし、同時に皮膚のかゆみや刺激感が現れることもありますが、これは副作用ではなく、効果が現れている証拠になるので、しばらくすると自然と軽減されていくそうです。

スポンサーリンク

メラケアクリームの使い方のポイント!

メラケアクリームは、1日に1度、就寝前の洗顔後に塗布し、翌朝洗い流すと良いそうです。

特にシミやシワの気になる部分にだけ適量を塗布すると良いのですが、まぶたや目の周り、口の周りへの使用は避けるようにしましょう。

メラケアクリームを買うなら個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!

メラケアクリームは日本国内での認可がまだおりていないため、国内の薬局などで購入することはできませんし、Amazonなどでも薬事法の関係で購入ができません。

そこでオススメなのがインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でAjanta Pharma Limited社のメラケアクリームを購入する方法です。

こちらであれば、20gが入って1本あたり1,446円ですし、2本だと1,944円、3本で2,543円と、まとめ買いをすればするほどお買い得になるのでとってもオススメです。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業19年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、メラケアクリームならオオサカ堂での購入がオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね!

メラケアクリームをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ