プラノバールの飲み方や眠気や太る等の副作用!生理はいつ来る?

生理不順の改善や避妊目的で使われる女性ホルモン剤の一種「プラノバール」は、不妊治療に使われることもあります。

なので、プラノバールの生理や妊娠、避妊、排卵などへの効果、アフターピルとしての使用、頭痛、腹痛、眠気、太る、吐き気などの副作用、飲み方のポイントや飲み忘れた時の対処法について知りたいのではないでしょうか。

それから、プラノバールを服用中の生理や服用後、生理はいつくるのか、生理がこない時の対処法などについても気になりますよね。

そこで今回は、プラノバールの飲み方や眠気や太る等の副作用、また、生理はいつ来るのか、といったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

プラノバールの効果や副作用は?

プラノバールという薬は、女性ホルモンのバランスを整える薬で、月経異常や不妊症などで悩んでいる時に処方されることが多いそうです。

そして、プラノバールは黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)という2種類の女性ホルモンが配合されたホルモン剤です。

それから、ホルモンの分泌が不足したり、バランスを崩すことで生じる月経異常や子宮内膜症、卵巣機能不全によって起きている不妊症の治療に用いられることが多く、ホルモンの量から考えると、いわゆる中容量ピルの仲間で、経口避妊薬として利用されることもあります。

そして、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの両方を補充できるので、体内のホルモンバランスが整えられるため、月経を誘発したり、周期を整えることで女性の体の異常を治療することができます。

具体的には、まずプラノバールの服用を続けることで、黄体ホルモンと卵胞ホルモンが体内に増え、子宮内膜が厚くなり、排卵後から生理前の状態が続くことになります。

こうした生理前の期間としての特徴が、高温期が続くことですが、一定期間プラノバールを服用した後、服用をやめるとホルモンの量が減少して子宮内膜の維持ができなくなるので、自然と生理が現れるとされています。

プラノバールを服用するとどんな病気が改善する?

女性の体に現れる不定愁訴は、女性ホルモンのバランスや状態が影響して起こることが多いので、プラノバールによってホルモン量を安定的に維持できるようになると、次のような症状を改善することができます。

・ 月経異常

前述の通り、プラノバールを服用していったん止める、というサイクルを繰り返すと、人工的に正常な性周期を生み出すことができるので、徐々に正常なホルモン分泌を促す効果も期待できるようになります。

・ 不妊治療

不妊治療の中では、特に体外受精をする際に、受精卵を移植する前に一定期間プラノバールを服用すると、子宮内膜を厚く維持することができるので、受精卵の着床率を高めることができます。

その他にも、卵巣機能の異常によって不妊症が起きていることも多いのですが、プラノバールで女性ホルモンを補充すると、卵胞の成長や排卵、子宮内膜を整える働きがあるので、卵巣機能の正常化をサポートすることができます。

・ アフターピル(緊急避妊薬)

望まない妊娠を避けるために緊急避妊薬として試用されることもあるのですが、実際にプラノバールによって避妊に効果があるのはなぜなのか、あまり具体的にわかっていないようです。

ただ今のところ、プラノバールによってホルモンバランスが急激に変化し、排卵を抑制し、着床しても服用をやめることで生理を引きおこすことができるとされているそうです。

プラノバールの副作用は?

プラノバールを服用すると女性ホルモンを人工的に補充することができるので、次のような副作用が多く現れるとされています。

・ 嘔吐、吐き気、食欲不振

・ 便秘、下痢、腹痛

・ 頭痛

・ 乳房の張り、痛み

・ イライラ

こうした症状は、しばらくして体がプラノバールに慣れてくると徐々に減っていくので、それほど心配ありません。

特に吐き気が強く、人によっては副作用で薬を吐いてしまう方もいるようなので、必要であればプラノバールを処方してもらう時に吐き気止めを合わせて処方してもらうと良いでしょう。

そして、プラノバールを飲むと太る、または痩せるといった方がいるようですが、そもそもホルモンバランスが不安定で月経異常などを起こしている方は痩せすぎている、または太りすぎている場合が多いのです。

そんな中、プラノバールでホルモンを補充すると女性らしい体つきになり、全体のバランスが整えられていくと、それによって太る、または痩せると感じるだけで、実際にはそれほど問題ではないようです。

それから、プラノバールの服用後に不正出血が起こったり、多めのおりものが出たりといったこともあります。

そして、重い副作用はほとんどありませんが、血液が固まり、血管が詰まってしまう血栓症には注意が必要で、前兆としては手足への痛みやしびれ、息切れ、頭痛、急に視力が低下するといった症状が起きるので、服用中にこうした症状に気づいたらできるだけ早く医師の診察を受けてくださいね。

このように、プラノバールはホルモンバランスを整える効果がある一方で、重篤な副作用が起きる可能性もあるので、次のような持病を持っている場合にはプラノバールが服用できないため注意しましょう。

・ 肝機能障害

・ 子宮筋腫

・ 糖尿病

・ 高血圧

・ てんかん

・ 心疾患や腎疾患

こうした症状をお持ちの方は、プラノバールに含まれる女性ホルモンによって治療中の持病が悪化することがあるので、安易に自己判断で服用を開始せず、医師に相談するようにしてくださいね。

スポンサーリンク

プラノバールの使い方や飲み方は?

プラノバールはホルモンバランスを整える作用があるので、一定期間継続して飲み続けることがポイントで、飲む時も、1日1回、決まった時間に決まった量を飲むことが大切です。

そして、卵巣機能の低下や月経異常を治療する際には、生理後5日目から始めて、1日1錠を3週間程度飲むように処方されるのが一般的です。

それから、飲み続けている間は女性ホルモンが充実している状態になりますが、プラノバールの服用をやめることでホルモン量を減少させ、生理を引きおこすことができるので、定期的な月経周期を人工的に起こすことで、体の状態を整えていきます。

・ 飲み忘れてしまったら?

体内の女性ホルモンの濃度を維持することがポイントですが、1日飲み忘れたらすぐに生理になるというわけではありません。

なので、もしも飲み忘れに気づいたら、無理にその場で飲み忘れ分を服用せずに、次の服用から継続的に飲み始めるようにしましょう。

ただし、2~3日以上飲み忘れてしまうと、早い方では生理が始まる方もいるので、プラノバールを処方された時に飲み忘れた場合の対処法を医師に相談しておくと良いでしょう。

また、プラノバールを緊急避妊薬として飲む時は、性交から72時間以内に一度プラノバールを2錠飲み、その12時間後にもう一度服用するのが良いそうです。

とはいえ、72時間以降にどれだけ効果があるのか正確なデータは出ていないので、どうしても妊娠を避けたい場合はできるだけ早く婦人科にかかるようにしてくださいね。

それから、プラノバールは体内のホルモンバランスを強制的に変化させるホルモン剤なので、むやみに長期間服用するのには向いていなく、副作用が多くなって体に負担がかかります。

そのため、定期的な避妊が目的なのであれば、ホルモン剤ではなく、低容量ピルを使った方が良いので、目的に沿って最も適切な薬を使用するようにしましょうね。

スポンサーリンク

プラノバールの服用後の生理は?服用中に妊娠しやすい?

プラノバールを服用している間は、排卵が抑制されるため生理がくることはないので一般的には服用をやめてから2~5日後に生理がくることが多いようです。

しかし、生理がいつくるかは個人差があるので、1週間かかる人もいますし、それほど心配する必要はありません。

そして、次のように目的に合わせて飲み方を工夫することをオススメします。

・ 生理を早めるには

生理初日を1日目と数え、生理5日目からプラノバールの服用を開始し、1日1錠同じ時間に服用し、7~10日ほど続けて飲んだ後に、飲むのを中止すると3~5日目に早めの生理がきます。

この時、普段の生理の時より少なめになることが多いそうです。

・ 生理を遅らせるには

生理を遅らせるには、次の生理開始予定日の5~7日目からプラノバールの服用を開始し、1日1錠、生理を遅らせたい日の前日か2日前まで毎日飲み続けてください。

そして、プラノバールの服用を中止した2~3日後には、出血の量が少ない生理が少し遅めに開始されるそうです。

それから、服用後生理がこないと、前述の通りちょっと心配になってしまいますが、プラノバールの効果が切れるまでには約7~10日ほどかかることもあり、その間は基礎体温が高温期のままで、生理が開始にならないこともよくあります。

そのため、基礎体温を計測しながらプラノバールを服用すると冷静に判断できますし、この時期を利用して妊娠しやすい環境を作り、不妊治療を改善できることもあるのだそうです。

そのため、心配であればプラノバールを処方してもらった病院で気軽に相談するようにしましょうね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、プラノバールの飲み方や眠気や太る等の副作用、また、生理はいつ来るのか、といったことなどについても詳しくお伝えしました。

プラノバールは、女性ホルモンの黄体ホルモンと卵胞ホルモン両方を補充できるホルモン剤で、ホルモンバランスが乱れて起きている月経異常や不妊治療の効果が高く、はっきりとしたデータは出ていないのですがアフターピルとして使われることもあるのでしたね。

そして、副作用として吐き気などが一定期間強く出ることもあるので、吐き気止めを合わせて処方してもらうと良く、太る、痩せるといった症状も気にしないで良いのですが、肝機能障害などの疾患がある方は服用にあたって注意が必要なのでした。

それから、飲み方のポイントや、服用後生理がくるタイミングや、生理を早めたり遅らせる時の使い方などをお伝えしたので、体の調子を見ながら上手にプラノバールを活用し、症状を改善していってくださいね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ