デュファストンの飲み方や眠気等の副作用!生理が遅れる時や飲酒は?

不妊治療中の方や妊娠中の流産を予防する薬として国内で最も処方されることが多いホルモン剤が「デュファストン」です。

なので、デュファストンの生理不順や生理痛、更年期などへの効果や妊娠確率、眠気や吐き気、おりものや不正出血、腹痛などの副作用、基礎体温の変化や服用中の生理について、また、服用後の生理はいつくるのかといったことについて知りたいのではないでしょうか。

それから、デュファストンを飲んで生理が遅れる時の対処法や飲酒、薬の飲み方のポイントや服用期間も気になりますよね。

そこで今回は、デュファストンの飲み方や眠気などの副作用、また、生理が遅れる時や飲酒はOKなのか、といったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

デュファストンの効果や副作用は?

デュファストンといえば、厚生労働省からも認可が下りている切迫流産・早産予防薬で、不妊治療薬としても使われることがあり、女性ホルモンのバランスを整えて、妊娠・出産に向けた体づくりをサポートしてくれるホルモン剤です。

そして、デュファストンとは合成黄体ホルモン剤のことで、女性ホルモンの一種であるプロゲステロンを補う作用があり、成分としてはジドロゲステロンという人工の黄体ホルモンで、服用すると体内で天然の黄体ホルモンと似た働きをしてくれます。

それから、合成黄体ホルモン剤にもいろいろありますが、デュファストンは排卵を抑制することがないので、赤ちゃんへの影響もないことから、不妊症に対してだけでなく、妊娠維持の効果が高いことが特に認められており、広く活用されている薬です。

そして、具体的には次のような効果が期待できます。

・ 不妊症への効果

女性の体内で黄体ホルモンが増えると、子宮内膜が充実し、受精卵が着床しやすい状態になるので、妊娠の可能性を高めることから、特に黄体機能不全など着床障害が不妊の原因になっているときはデュファストンの服用は効果的と言われています。

そして、黄体ホルモンを一定期間補充することで、子宮内膜を十分維持してから服用をやめると、生理が起こるようになっているので、何周期か服薬治療をすることで、生理周期が整っていき、生理不順や無月経が不妊の原因になっている時にも効果的です。

・ 妊娠継続への効果

切迫流産や切迫早産と診断された時、もしくは以前に流産や早産の経験がある妊婦さんにはデュファストンが処方されることがあります。

これは、デュファストンによって黄体ホルモンを補充すると、妊娠した後も継続して胎盤の形成や子宮内の状態を整えてくれる作用があるからで、これによって子宮の緊張を和らげて子宮収縮を抑えることで、切迫流産や切迫早産の可能性を回避することができるとしています。

そのため、妊娠中や、特に妊娠初期によく処方される薬だそうです。

この他にも、更年期に入ってホルモンバランスが崩れることで起きる更年期障害に対しても、デュファストンでプロゲステロンを補充すると改善効果があるので、ほてりや発汗のホットフラッシュ、物忘れ、動悸、息切れ、肩こり、頭痛などの不定愁訴の緩和に役立つそうです。

デュファストンを飲むと基礎体温への影響はある?

デュファストン自体には、基礎体温を上げたり、下げたりする効果はないので、デュファストンの投薬中でも基礎体温が上昇すれば排卵が起きたと推測することができるようになっています。

そして、デュファストンには子宮内膜を維持する働きがあるので、高温期中に服用を開始すると服用している間は高温期が続くことになり、服用を終了すると数日以内には高温期が終わり、生理が訪れます。

なのでもし、服用をやめても高温期が続けば、妊娠している可能性があるのだそうです。

ちなみに、デュファストンで黄体ホルモンを補充しても基礎体温が安定化しない場合には、ほかの原因も考えられるので、担当医師に相談するようにしてくださいね。

デュファストンによる妊娠確率への影響は?

デュファストンが持つ不妊症や切迫流産・切迫早産への効果として臨床実績として公開されているものとしては、次の通りとなります(効果が得られた人の割合)。

・ 切迫流早産…77.1%

・ 習慣性流早産…88.1%

・ 無月経…77,8%

・ 月経周期異常…83.3%

・ 月経困難症…70.6%

・ 機能性子宮出血…77.5%

・ 不妊症(黄体機能不全)…51.4%

・ 子宮内膜症…88.5%

このように、様々な症状の改善効果が期待できるそうなので、不妊で悩んでいる方などはまずは医師と相談し、デュファストンの投与から始める方が多いようです。

副作用は?

様々な良い効果を持つデュファストンですが、薬なのでもちろん副作用はあります。

そして、報告の多い症状としては、次のようなものがあるそうです。

・ 食欲不振・嘔吐・頭痛・吐き気・眠気・倦怠感

デュファストンを飲むと、稀に食欲不振や嘔吐が見られる場合があり、服用した方の0.5%で症状が出るそうです。

・ 太る

デュファストンを飲むと太るという噂がありますが、これはそもそも無月経や生理不順を起こす方が過度なダイエットをしていたり、痩せすぎの方が多いからでしょう。

そして、デュファストンの効果で女性ホルモンが整うと、女性らしい体つきになり、太ったと感じてしまうことが原因と考えられます。

・ 肝障害・肝疾患

デュファストンはほかの黄体ホルモン製剤と同じく、肝臓で代謝されるため、服用中に軽度の「肝機能異常」が現れる可能性があるため、元々肝臓に障害や疾患がある方は医師に必ず伝えるようにしましょう。

デュファストンで出血や腰痛があるのも副作用?

・ 消退出血

デュファストンを飲んでいる途中、もしくは服用後に生理とは違う出血が起きた時は、子宮内膜が剥がれて落ちる「消退出血」の可能性があり、特にもともと黄体機能不全が重かった場合はこうした現象が起きるのですが副作用ではないので心配しないでくださいね。

・ 着床出血

妊娠の初期症状の一つである「着床出血」の可能性があり、これは卵子と精子が受精し、子宮に着床すると現れる妊娠初期の現象です。

ただ、この確率はそれほど高くもないですし、ごく微量なので、生理不順で普段から不正出血がある人だと見分けがつきづらい可能性があります。

・ 腰痛やおりものの増加

デュファストンを服用して腰痛があった場合、それは薬による副作用ではなく、月経前症候群(PMS)の可能性があります。

または、妊娠が成立した場合、生理開始予定日頃に腰痛を感じたり、おりものが増える方もいます。

ただし、症状と時期だけではなかなか生理前の腰痛と判断はつきづらいものなので、妊娠しているかどうかは生理予定日の1週間後以降に妊娠検査薬を使って確認してくださいね。

スポンサーリンク

デュファストンの飲み方のポイントは?

デュファストンの飲み方は、医師の指示に従い、量や時期を守って飲むことが大切です。

そして、飲む量やタイミングなどは、目的によって異なり、一般的には1日あたり5~15mg(1~3錠)を1~3回に分けて飲むそうですが、子宮内膜症の治療を目的とする場合は、1日5~20mg(1~4錠)を内服するとのことです。

ただ、目的によって量やタイミングは異なるので、詳しくは医師に相談してみてくださいね。

それから、もしも飲み忘れてしまうようなことがあれば、自己判断で飲む量を増やしたりせず、医師に相談してから服用するようにしてください。

ちなみに、デュファストンの服用中の飲酒は禁忌ではないのですが、前述の通り、デュファストンは肝臓で代謝されるので、アルコールも同時に摂取すると肝臓への負担が多くなり、疾患の心配がありますし、効果が薄れてしまう可能性があるため、できるだけ避けるようにしましょう。

スポンサーリンク

デュファストンの服用後に生理が遅れる時はどうすればいい?

デュファストンは、生理開始から14日目から始めて14日間服用する方法や、生理開始から7日目に始めて、21日間服用する方法など、目的によって様々な飲み方があります。

そして、これらの服用期間中は生理が来ることはなく、出血があった場合は、前述の通り、消退出血の可能性がほとんどなので、生理が来たことにはなりません。

それから、服用を終えると、数日以内に生理が来ることが多いとされていて、服用サイクルを繰り返すことで徐々に生理周期が自然に整っていくことが期待できるそうです。

そのため、サイクルの前半ではもともと自然に繰り返されていた生理周期からずれることが多いので「生理予定日になってもこない」「妊娠したのでは」と心配する方が多いのですが、この場合は、生理周期が調整中であるだけなので、心配しすぎないようにしましょう。

ただし、デュファストンには避妊薬である低容量ピルとは違って、内服することで排卵が抑制される作用はないので、飲むのをやめて1週間以上経っても生理がこない場合は、服用中に排卵が起こって、妊娠している可能性も考えるようにしましょう。

こうしたことから、症状によって生理がいつ頃くるかの目処について、デュファストンを処方してもらう時に医師に相談しておくと安心です。

そして、もしもその目安を超えても生理がなかなかこない場合には、担当医師に確認するようにしてくださいね。

デュファストンを購入するなら、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がおすすめ!

デュファストンは国内の病院でも処方してもらえますが、ホルモン剤療法は費用もかかりますし、服用が終わる度に毎回受診するのも面倒に感じる方が多いのではないでしょうか。

そこでオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でSolvay Pharmaceuticals社の「デュファストン」10mgを購入する方法です。

そして、オオサカ堂なら10mgが20錠入って1箱あたり3,141円で購入できるのですが、2箱買うと5,178円、3箱だと7,352円、6箱だと12,816円とまとめ買いをした方がお買い得です。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業19年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、デュファストンならオオサカ堂での購入がオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね!

デュファストンをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ