月経困難症の症状チェックリストと原因やピル等の治療薬!仕事は?

生理痛があるのが当たり前と割り切ってしまっている女性は多いですが、正式には月経困難症と言います。

なので、月経困難症とは何か、その原因や、発熱などの症状や子宮内膜症やPMSとの関係、症状のチェックリストについて知りたいのではないでしょうか。

それから、月経困難症の診断や治療で漢方や、ピルなどに保険は適用されるのか、仕事はどうしたら良いかなども気になりますよね。

そこで今回は、月経困難症の症状チェックリストと原因やピル等の治療薬、また、仕事はどうしたら良いのか、といったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

月経困難症とは?原因や症状のチェックリストなど

月経困難症とはいわゆる生理痛のことですが、その中でも月経時に下腹部痛や腰痛などの痛みを訴え、人によっては仕事や学校への通勤・通学が困難になるほどひどい場合のことを指します。

そして、大きくわけて器質的な異常を伴わない機能性月経困難症(身体的な原因による)と、器質的疾患を伴う器質性月経困難症(身体的な病気が原因)の2つに分けられます。

それから、月経困難症の症状のうち最も多いものが、月経時の腹痛、特に下腹部痛で、月経の1~2日目に現れることが多く、あまりの辛さに休んだ経験がある方も多いのではないでしょうか。

その他の症状としては、腰痛、頭痛、吐き気、貧血、倦怠感などがあり、月経時のつらさや痛みが原因となって精神的に不安定になる場合もありますし、器質性の場合はこれらの症状に隠れて分かりにくいものの、実は子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が進行していることもあるそうです。

それから、それぞれ次のような原因が考えられています。

・ 機能性月経困難症…プロスタグランジンの過剰分泌

・ 器質性月経困難症…子宮筋腫や子宮内膜症など

割合としては、機能性月経困難症の方が多く、直接的な原因は上記の通り、ホルモンに似た働きをする物質が過剰に分泌されたことにあると考えられていますが、同時並行で子宮筋腫や子宮内膜症が裏で進行していることも十分考えられます。

ちなみに、PMSというのは「月経前症候群」のことで、月経がくる1~2週間前にかけて起こる症状という違いがあります。

月経困難症の診断は?

月経困難症が疑われる場合は、病院を受診すると、問診や尿検査、血液検査、血圧測定、内診、超音波検査などを行い、さらに器質性月経困難症が疑われる場合はCT検査やMRI検査を行って病気を発見することもあります。

出典:e治験.com

自分でできる症状のチェックリストは?

もしかして私、月経困難症かも…と思いつつも、病院を受診する時間もなくて無理をして学校や仕事に行っている方は、我慢せずにまずは次のセルフチェックリストで症状をチェックしてみましょう。

・ 生理痛がひどく、学校や会社を休むなど日常生活にも支障がある

・ 整理の時、鎮痛薬がいつも必要になる

・ 市販の鎮痛薬が効かないくらい痛い

・ 生理痛の痛みがだんだん増してきている

・ 生理痛で起き上がれないことがある

・ 生理の時以外にも、下腹部や腰に痛みを感じる

・ 急な発熱や寒気、貧血を伴うこともある

・ 生理期間に頭痛や吐き気を生じることが多い

・ 排便痛や性交時にも痛みがある

・ 出血の時に血の塊がどろっと出る

・ 生理の期間が長いほうだ

・ 生理では無いときにも出血することがある

こうした症状のセルフチェックをしておくと、病院で医師に問診を受ける時にもスムーズに答えることができるので、予めやっておくと便利ですよ。

スポンサーリンク

月経困難症はどう治療する?

病院で月経困難症と診断されたら、患者の症状に合わせて次のような治療法が選択されます。

1、 鎮痛剤の処方

生理痛の時はとりあえず市販の鎮痛薬を使っている方も多いと思いますが、病院で処方される薬の方が有効成分が多く含まれていますし、胃痛が心配であれば胃薬も合わせて処方してもらえるので、医師に相談してみてくださいね。

2、 子宮内膜症や子宮筋腫の治療

子宮内膜症は子宮の中にしか作られない子宮内膜や卵巣や腸、膀胱などにも発生し、生理周期のたびに剥がれて出血を起こす病気で、周りの組織と癒着を起こしたりして痛みを引きおこすこともあります。

この子宮内膜症の中でも最も症状が重いチョコレート嚢胞という症状や治療法については、次の記事で詳しくお伝えしているので、合わせてご覧下さいね。

関連記事:チョコレート嚢胞の原因と症状や治療法!大きさと自然治癒の関係も

一方で、子宮筋腫は子宮にできる腫瘍のことで良性なので直接命をおびやかすことはないのですが、できた場所によっては月経困難症や月経過多などの症状を引きおこすので、手術や薬物療法を行うそうです。

3、 低容量ピルの処方

ホルモン療法は、鎮痛剤を服用しても効かない場合や月経過多の時にも使用され、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの合剤でピルと呼ばれているものを使用します。

そして、避妊目的で発売されているものと成分的にはほぼ同じなので、避妊も兼ねて使うことができ、これによって生理痛の緩和だけでなく、月経量を減らし、内膜症の進行を抑えるといったことができます。

4、 漢方薬の処方

漢方の効き目はゆるやかなので即改善された!といった感じにはなりにくいのですが、体質に合わせて血液循環や冷え性の改善などの効果も合わせて期待することができるので、症状が我慢できる程度で、できるだけ根本的に改善したい方にオススメです。

このほかにも、心理的要因が原因の月経困難症にはカウンセリングが有効で、生理をネガティブに考えないよう心のサポートを医師が行ってくれる治療もありますし、上記の薬物療法については保険が適用となりますので、前向きに治療に取り組むようにしましょうね。

自宅でできるセルフケアは?

生理痛は、子宮や骨盤内の血流を改善することで痛みが軽くなることが知られているので、腰回りやお腹の冷えなどを感じている方は、次のようなセルフケアを行ってみましょう。

・ 腰や下腹部を温める

・ ヨガなど定期的な軽い運動を行い、ストレッチなどを習慣化する

・ 禁煙

・ 早寝早起き

・ 甘いものを控え、タンパク質やミネラルなどの栄養素を意識して摂る

・ 白湯や温かいものを意識して飲み、アルコールやカフェインは控える

基本的なことのようですが、子宮や骨盤のあたりを意識して温めるだけでだいぶ改善することも多々あるので、大切な子宮まわりをケアしてあげてくださいね。

スポンサーリンク

月経困難症の時って仕事はどうしたらいい?

職場環境や職場でのポジションなどによっては、生理くらいで仕事を休むことはできない…と諦めて我慢している方が多いのではないでしょうか。

でも、月経困難症はれっきとした疾患で、放っておくと子宮内膜症や子宮筋腫などの重大な病気へと発展したり、いずれ不妊や卵巣癌などのリスクを高めることになりかねません。

そのため、生理痛で辛くて仕事や学校への通学などがどうしても困難である場合は、早めに婦人科を受診し、医師に診断してもらって疾患を持っていることを正確に職場や学校などで伝え、理解を得ることから始め、無理せず休める環境を整えましょう。

そして、同じ女性でも月経困難症でない方や、男性にとっては理解されにくいものであることは多々あるので、できるだけ丁寧にしっかりと伝え、元気に出勤できる時などは休んだ分をカバーできるよう、前向きに取り組む姿勢を見せると良いのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、月経困難症の症状チェックリストと原因やピル等の治療薬、また、仕事はどうしたらよいのか、といったことなどについても詳しくお伝えしました。

月経困難症とは、生理痛のひどい痛みや症状で学校への通学や職場への通勤が難しくなるほどのことで、プロスタグランジンの過剰分泌や子宮内膜症や子宮筋腫が原因として考えられ、発熱や吐き気、下腹部痛や骨盤の痛み、鎮痛剤が効かないくらいの痛みなどセルフでもチェックできる症状の特徴をお伝えしました。

そして、病院では鎮痛剤やピル、漢方などの薬を処方したり、子宮内膜症や子宮筋腫の場合は症状によっては手術を行うこともありますし、心理カウンセリングなども保険適用内で受けられるので、そうしたものを積極的に受けながら、自宅でも下腹部周りを温めるなど、セルフケアを行うと良いのでした。

こうした月経困難症は周りに相談できずに無理して学校や仕事へ行っている方もいると思いますが、悪化すると不妊や癌のリスクを高めることもあるので、無理をせずに周りの理解を得て、ちゃんと休みながら少しずつ改善するようにしましょうね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ