プロゲステロン膣座薬の効果と副作用や生理への影響!いつまで?

不妊治療に取り組んでいる方は、症状によってはプロゲステロンを薬で補う治療を行っている方も多いと思いますが、その中にはプロゲステロン膣座薬を使っている方も多いですよね。

なので、プロゲステロン膣座薬の効果や副作用、生理への影響について知りたいのではないでしょうか。

それから、プロゲステロン膣座薬の使い方やいつまで使ったらいいかも知りたいですよね。

そこで今回は、プロゲステロン膣座薬の効果と副作用や生理への影響、また、いつまで使うのかといったことなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

プロゲステロン膣座薬の効果や使い方は?

卵胞ホルモン(エストロゲン)と並んで子宮内膜を着床しやすい状態にするために作用しているのが黄体ホルモン(プロゲステロン)ですが、ホルモンバランスの不調によりプロゲステロンが十分に分泌されていないと、不妊の原因になる場合が多いです。

そして、プロゲステロンは妊娠しやすい体にするだけでなく、妊娠した後も流産しないように妊娠を維持するために働いてくれる重要なホルモンなのです。

そのため、黄体機能不全などでプロゲステロンの分泌がない場合は、プロゲステロンを補充する目的で黄体ホルモン製剤を使う場合がありますが、その種類としてはルトラールなどの飲み薬や、プロゲホルモンなどの注射剤のほか、今回紹介するプロゲステロン膣座薬のように膣に直接挿入する座薬のタイプもあります。

特に、体外受精や顕微受精の際の黄体ホルモン補充には必ずといっていいほど使われますよね。

そして、これらの黄体ホルモン剤を投与することにより足りないプロゲステロンを補充し、子宮内の環境を着床しやすい場所へと整え、妊娠を促し、着床した後も妊娠が維持できるようにサポートする効果があるのです。

それから、プロゲステロン膣座薬特有の効果としては、飲み薬と違って肝臓での代謝を受けにくく、効果発現に要する十分量を確保するのが容易で、急激な代謝を防げるので、ショック症状を予防することができます。

それに、もともと吐き気や嘔吐がある場合でも、投薬に影響がないですし、胃腸へ負担をかけることなく、迅速な効果が期待でき、雑味や匂いが気にならないというメリットもありますね。

プロゲステロン膣座薬の使い方は?

プロゲステロン膣座薬は、他の座薬と違って、肛門ではなく膣に入れることが特徴なのですが、膣というのは人によって形が多少異なるので、なかなか入れにくいと感じる方が多いようです。

そして、まっすぐに入れようとして問題なく入ったという方はそのままでいいのですが、入りにくい、痛いなど、やりにくさを感じるようであれば、座薬の角度を変えてみましょう。

それから、入れ方が浅い場合は少しお腹に力を入れたら出てきてしまったり、効果が出なくなることもあるので、少し奥目を意識して、指の第二関節ぐらいまで入れると良いでしょう。

このように、プロゲステロン膣座薬はやや入れ方がむず難しいところがデメリットで、挿入に慣れが必要になりますし、挿入後におりものが出る場合があるので、おりものシートが必須になります。

また、価格が高く、朝晩1回ずつ挿入する必要があるため、費用も時間もコストがかかり、これもデメリットに感じる方がいるかもしれません。

それから、プロゲステロン膣座薬は妊娠が成立した後、妊娠を維持するための効果も発揮するので、陽性反応が出た後も、10週目までは継続して投与するようにしましょう。

そして、投与をやめる時はできるだけ自己判断せずに、医師に相談するようにしましょう。

スポンサーリンク

プロゲステロン膣座薬の副作用や生理への影響は?

プロゲステロン膣座薬でプロゲステロンを補充すると、黄体期のような状態になるので、次のような副作用が出ることがあります。

・ 頭痛

・ 吐き気

・ 眠気

・ 食欲不振

・ 乳房の腫れ

・ むくみ

・ 発疹

・ 刺激による出血

人によっては、下腹部痛やハリがあるので、生理前かな?という感じもしますし、不妊治療をしている方にとってみれば、妊娠初期の兆候かも!?と思ってしまいますよね。

さらに、プロゲステロン膣座薬を投与すると高温期が続き、妊娠していなかった場合、そのまま生理予定日に生理がくることがほとんどですが、人によってはその出血がごく微量で分かりにくいこともあるようです。

また、ホルモン剤投与によって多少生理周期に変化が訪れ、以前の予定日より前後することもあるので、妊娠したのかも知れないと期待を抱いてしまいがちですが、定期的な通院の中で確認をしながら、じっくりと不妊治療に取り組むようにしましょう。

プロゲステロン膣座薬を購入するなら、オオサカ堂の「プロゲスタン」がオススメ!

プロゲステロン膣座薬は、前述の通り、国内の病院で処方してもらうと高価なので、不妊治療が長く続く場合、それが負担になることもあります。

そこでオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」で販売されているプロゲスタンを購入する方法です。

・ プロゲスタン100mg 30錠(1箱30錠)

こちらは、薬効成分としてプロゲステロンを含有するPMS、産後うつ病治療薬として販売されていますが、日本国内では、ご紹介してきたとおり、不妊治療での黄体補充としての適応があります。

そして、内服薬として販売されていますが、膣剤としても使用可能なタイプのお薬なので、内服するタイプは、1日あたり月経周期の15日目から26日目において、就寝時に200mg(2カプセル)を服用してください。

それから、膣錠として使う場合は、1回100mgを1日2回または3回、採卵日から最長10週間膣内(または妊娠12週目まで)に投入するとのことです。

また、1箱あたり最安で999円にて販売されていますので、非常にお買い得ですよね。

でも、そもそも初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな中、オオサカ堂は創業19年の実績がありますし、口コミをチェックすると、皆さんが無事に購入でき安全に使えていることが分かり、効果についてもしっかり出ていることが伝わると思います。

というわけで、プロゲステロン膣座薬ならオオサカ堂での購入がオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミもチェックして買ってみて下さいね!

プロゲステロン膣座薬をオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ