高プロラクチン血症の原因と症状!妊娠確率や基礎体温への影響も

プロラクチンとは、脳下垂体から分泌されるホルモンのことで、生殖や排卵、妊娠や授乳中などに深い関係があり、このプロラクチンの分泌量が異常になる症状を高プロラクチン血症と言います。

なので、高プロラクチン血症の原因と肥満などの症状や、検査や数値の見方、妊娠確率や流産、基礎体温、不妊、母乳への影響について知りたいのではないでしょうか。

それから、高プロラクチン血症の治療でカバサールなどの薬や漢方によって治る、妊娠したといった方はいるのか気になりますよね。

そこで今回は、高プロラクチン血症の原因と症状、また、妊娠確率や基礎体温への影響などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

高プロラクチン血症の原因は?症状や妊娠確率への影響も

プロラクチンは通常、授乳を司るホルモンで、乳腺を刺激して母乳の分泌を促す役割を持つのですが、同時に、授乳期には排卵を抑制し、子供がまだ小さいので次の子供ができにくいよう次の妊娠を控えるため自然に備わった不妊期をもたらすとされています。

ですが、授乳期でないにもかかわらず、このプロラクチン値が高いと、高プロラクチン血症といって、不妊や生理不順、流産の原因になることもあります。

さらに、母乳の分泌や無排卵月経を起こすことにもつながったり、頭痛や視野が狭くなる症状を起こすこともあります。

こうした高プロラクチン血症の原因としては、次のようなものが考えられています。

・ 薬の長期服用

ピルや胃潰瘍の薬、抗うつ剤、降圧剤などの薬を長期服用していると、ホルモンバランスが乱れて高プロラクチン血症になることがあります。

そして、薬をやめれば元に戻るのですが、治療上の理由でやめることが難しい場合は、薬の量を減らすか、プロラクチンを減らす薬を投与して対処します。

・ 下垂体の腫瘍

脳の下垂体に腫瘍ができることによってホルモンバランスが乱れ、高プロラクチン血症になることがあります。

この場合、頭痛や吐き気、めまい、視力異常などの症状が現れるようです。

・ 甲状腺の機能低下

甲状腺の機能が何らかの原因で低下した場合も、高プロラクチン血症が起きます。

・ ストレス

精神的なストレスの蓄積で自律神経のバランスが崩れると、プロラクチンの分泌にも影響を及ぼし、高プロラクチン血症になることもあります。

高プロラクチン血症の検査方法は?数値の見方も

高プロラクチン血症の検査は、病院での血液検査で測定し、プロラクチンというホルモンの血中濃度を確認するのですが、妊娠していない状態でプロラクチンの血中濃度が30mg/mlを超えると、高プロラクチン血症と診断されるそうです。

高プロラクチン血症の症状は?妊娠確率も

高プロラクチン血症にかかると、次のような症状が現れます。

1、 稀発月経

年に数回しか生理が起こらなくなります。

2、 無排卵月経、無排卵、無月経

生理や排卵が起こらない、または生理があっても排卵しないので、基礎体温のグラフが平坦になります。

3、 不妊症

排卵が起こらない、または起こりにくいことで、妊娠確率が下がるとされています。

そして、プロラクチン値を正常に戻していくことで妊娠する確率を上げることはできるのですが、個人差が大きく、数値がいくらだったら何%の確率で妊娠できるというものでもないので、プロラクチンの値が影響するとしか言いようがないようです。

4、 母乳が出る

出産の経験がある方は、プロラクチン値が正常範囲内でも母乳が出る場合がありますが、この場合は生理が順調にあるか、基礎体温が二層になっていれば問題ありません。

ただし、母乳に血が混じっていたり、母乳でない分泌物が出ている場合は、すぐに病院を受診するようにしましょう。

5、 視力異常、頭痛、めまい

前述の通り、脳下垂体の腫瘍が原因になっている場合は、視力異常や頭痛、吐き気やめまいが起こります。

6、 習慣性流産

習慣流産の方の15%に高プロラクチンの症状が見られるとの報告があるものの、プロクチンの値と流産率の高さの相関性にはまだ根拠はないようです。

ただ、高プロラクチン血症の場合、黄体機能不全を合併することがあるので、これが誘因になっているのではと見られているそうです。

7、 肥満

甲状腺の機能低下が原因で高プロラクチン血症が起きている場合は、代謝が落ちることによってむくみや無気力、体重増加などが症状として現れることがあります。

8、 骨粗鬆症

高プロラクチン血症が長引いた時の症状として、骨を丈夫にする作用のあるエストロゲンという女性ホルモンが減少することで、骨粗鬆症が起きることがあります。

スポンサーリンク

高プロラクチン血症の治療法は?

高プロラクチンの原因として腫瘍などのように明確な原因があればその治療を行いますし、抗うつ剤などの薬が原因でホルモンバランスが崩れているのであれば、その薬の量を控えるといった対処を行うことがあります。

しかし、明確な原因がわからず、ホルモンバランスの乱れで高プロラクチン血症が起きている場合は、プロラクチンを抑制する作用のあるプロモクリプチンや、カバサールなどの薬を投与する治療を行います。

そして、服用期間は症状によって様々で、不妊治療を取り組む人は数年間飲み続けることもあるのですが、プロモクリプチンやカバサールなどはかなりの確率で吐き気やめまいなどの副作用が起きるので、副作用の少ない漢方に切り換える方もいるそうです。

ちなみに、カバサールの効果や副作用については、次の記事で詳しくお伝えしているので、参考にご覧下さい。

(関連記事:カバサール錠の効果と眠気や太る等の副作用!妊娠中の注意点も

こうした病院での治療以外にも、日常生活でホルモンバランスを整える習慣を心がけることも重要です。

・ ストレスの解消

プロラクチンの値は通常の行動でも変動しやすいもので、中でもストレスが原因になることが多いそうなので、適度な運動や入浴、趣味の時間を楽しむといった、体と心を休める時間を取るようにしましょう。

・ 良質な睡眠

睡眠は女性ホルモンのバランスを整えるのにとても重要な役割を担っているので、できれば日付が変わる前には横になるようにし、6~8時間の睡眠を確保するようにしましょう。

・ 栄養バランスの良い食事

脂質や糖質が過剰な食事など、栄養バランスの乱れはホルモンバランスも崩してしまうので、ビタミンやミネラルを含む食事に切り換え、玄米やイワシ、カツオ、鯖といった女性ホルモンを整えるビタミンB6が豊富な食材を積極的に摂るようにしましょう。

高プロラクチン血症の改善で妊娠できる?

高プロラクチン血症の治療を行うことは、直接的に生理周期を整えたり、排卵を促すことと関係はしていないですが、間接的な効果はあるので、不妊症の方でプロラクチンの値が原因になっていると考えられる場合は高プロラクチン血症の治療を行います。

そのため、高プロラクチン血症の症状が治ったことで妊娠した、という方も少なくないので、妊娠したくてもなかなかできない場合には、高プロラクチン血症の可能性を考えて、早めに婦人科を受診してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、高プロラクチン血症の原因と症状、また、妊娠確率や基礎体温への影響についても詳しくお伝えしました。

高プロラクチン血症は妊娠中でないのに母乳が出たり、無排卵・無月経などの症状が現れる病気で、血液検査で血中濃度が30mg/mlを超えると高プロラクチン血症と診断され、原因には薬の長期服用、下垂体の腫瘍、ストレスなどがあるのでしたね。

そして、排卵しないことで基礎体温が平坦になったり、妊娠確率が減少するので、不妊症の治療としても高プロラクチン血症の治療を行うことが多く、カバサールの投与か、副作用がきつい場合には漢方を投与し、日常の生活習慣を整えることも重要とのことでした。

それから、高プロラクチン血症の改善で直接的に妊娠への効果があるわけではないのですが、関連性は高いので、なかなか妊娠できなくて悩んでいる方は、ぜひ早めに婦人科を受診するようオススメします。

スポンサーリンク

このページの先頭へ