子宮内膜症の症状の特徴!頻尿や吐き気と腰痛や出血などに注意!

女性特有の病気の中でも、近年30~40代くらいの方を中心に患者数が増えているのが子宮内膜症です。

なお、子宮内膜症は初期には症状がほとんどない、または無症状という人も多いものの、症状が進むにつれて生理時に腰痛などが強くなったり、吐き気や下痢、頻尿、腰痛、発熱、疲れなどさまざまな症状が現れてくるようです。

それだけではなく、生理時の出血の量が増えて貧血になったり、生理の時以外にも茶色いおりもののような不正出血や生理前の強い腹痛が起こったりするようになる場合もあります。

しかし、ご自身の生理で気になることがあっても、生理の時の体調は人それぞれだからと、特になにもしないでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は子宮内膜症とはどのような病気なのかということや、症状のチェックリスト、治療法や治療を受けないとどういうことが起こる可能性があるのかについてをご紹介していきます。

ぜひ、毎月の生理で気になることがある方はご自身の症状をチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

子宮内膜症とはどんな病気?

子宮以外の場所に子宮内部の組織ができる病気

子宮内膜症とは、子宮の内部を覆っている内膜という組織やそれに似た組織が何らかの理由によって子宮の外にできてしまう病気です。

通常、子宮内膜は排卵のサイクルに合わせて厚くなり、その後妊娠しなければ子宮からはがれ落ちて、血液などとともに月経の経血として体外へと排出されます。

しかし、何らかの理由で子宮内膜の組織やそれに似たものが子宮の外、例えば腸や膀胱などにできてしまうことがあり、これらの組織も子宮内部でのはたらきと同じように月経周期にあわせてはがれ落ち、出血が起こります。

すると、排出される場所がない血液や内膜組織は体の中に溜まり、激しい痛みを引き起こしたり、臓器同士の癒着を引き起こして機能を低下させたりと、さまざまな症状が現れるようになるのです。

ちなみに、子宮内膜組織ができやすい場所としては、卵巣、子宮を支える靭帯、卵管、直腸と子宮の間にあるくぼみ(ダグラス窩)などがありますが、その他にも腸の表面、尿管、膀胱、非常に稀な例では肺を覆う胸膜や心臓を包む心膜に発生したという報告もあります。

子宮内膜症の原因とかかりやすい年齢

子宮内膜症がなぜ起きるのかはまだわかっていないことが多いのですが、この病気にかかる原因としては女性のライフスタイルが変化したことが指摘されています。

実は、なぜ子宮内膜の組織が子宮の外にできてしまうのかはまだよくわかっておらず、免疫の異常や経血の逆流などさまざまな説が考えられています。

とはいうものの、子宮内膜症は決して珍しい病気ではなく、症状の差はあれど子供を産むことができる女性のおよそ10~15%がかかっていると言われており、近年では患者の数が増え続けているようです。

なお、子宮内膜症にかかる原因としては、女性の晩婚化や社会進出などによって出産する機会が減り、妊娠による月経の停止がないまま長期に渡って月経を繰り返していることが関連しているのではないかと言われています。

実際に、子宮内膜症は妊娠を経験したことのない女性に多いだけではなく、年齢とともに患者数が増加し、40代でピークになるというデータもあるようです。

スポンサーリンク

内膜症の症状

月ごとに悪化する生理痛には要注意!

子宮内膜症は症状に個人差が大きく、中にはほとんど症状がないという人もいますが、最も一般的な症状は激しい生理痛や、主に骨盤周辺のさまざまな部分の痛み(腰痛など)です。

それだけではなく、生理ではないのに下腹部が痛んだり、排便時や性交時などに痛みが生じる場合もあります。

また、生理痛は一般的に年月の経過によって子宮や卵巣が成熟するにつれて軽くなると言われていますが、子宮内膜症にかかっていると逆に生理痛が重くなっていきます。

ただし、生理痛の程度はストレスや生活習慣などの細かな要因で左右されるので、生理痛の状態だけで子宮内膜症だと断定することはできません。

しかし、毎月飲んでいた薬が効かなくなってきた、仕事や学校を休まなければならなくなってきたなど、以前と明らかに様子が違う場合には生理痛以外の症状にも着目し、注意したほうがいいでしょう。

なお、子宮内膜症の症状は子宮以外のどの場所に子宮内膜組織ができているのかによって異なり、主に次のようなものがあります。

・大腸

排便時の痛み、腹部の張り、下痢や便秘、下血

・膀胱

排尿困難、頻尿、血尿、排尿時の恥骨の痛み

・卵巣

チョコレート嚢胞(子宮内膜組織とそこからの出血がコブ状のかたまりになったもので、破裂したりすると激しい腹痛を引き起こします)

・骨盤の外

腹部の鈍い痛みなど

生理にまつわるトラブルも実は内膜症のせい?

生理のトラブルというと、生理痛以外にも経血の状態などが気になるという方も多いと思いますが、こういったトラブルも子宮内膜症が原因となっている場合があります。

というのも、日本子宮内膜症協会が子宮内膜症の患者に対して行った調査によると、子宮内膜症の自覚症状として痛み以外に感じたものには次のようなものがあるからです。

・レバー状の塊が出る

・月経量が多い

・不正出血(生理期間ではないのに性器から出血が起こること。茶色のおりものもこの場合があります)

また、この他にも頭痛や下痢、嘔吐や発熱などが挙げられており、生理の時には生理痛以外にこのような症状を感じている方はかなり多いのではないでしょうか。

ちなみに、このような症状と生理痛を合わせて「月経困難症」と呼び、ホルモンの異常などの場合(機能性月経困難症)もあります。

しかし、レバー状の塊や月経量の増加は子宮内膜症やその他の病気(子宮筋腫や子宮腺筋症など)によって子宮に異常が起こっている場合も多いので、だんだん症状がひどくなる時には一度婦人科を受診したほうがいいでしょう。

また、生理中だけではなく生理前にもむくみや下腹部の痛み、眠気、イライラなどといった心身に様々な症状が起こる人もおり、これは「月経前症候群(PMS)」と呼ばれています。

中でも、生理前にも下腹部に強い痛みが起こるという場合には、子宮内膜症が疑われるようですので、生理前の状態にも注意してみてください。

スポンサーリンク

もしかしたら子宮内膜症!?チェックしてみよう!

自分の状態をチェックしてみよう!

さて、子宮内膜症の症状についてご紹介してきましたが、ここでチェックリストの形式でまとめておきますので、ひとつでも当てはまるのもがあった方はできるだけ婦人科を受診することをおすすめします。

・生理痛がだんだんひどくなっていると感じる

・以前飲んでいた薬が効かない、もしくは量が増えた

・夜用のナプキンでも間に合わないほど経血量が多い

・経血にレバー状の塊が混ざる

・性交時、奥の方に痛みがある

・排便時、肛門の奥に痛みがある

・生理期間以外でも下腹部痛や下腹部の張りがある

・不正出血や茶色のおりものが起こることがある

子宮内膜症の検査方法は?

子宮内膜症の検査には、問診の他にも内診や血液検査(腫瘍マーカーという特徴的な物質をチェックします)、エコー検査、MRIによる画像診断が行われ、場合によっては腹腔鏡という器具を体内に入れて骨盤内の状態を直接見るといった方法があります。

しかし、腹腔鏡による検査は全身麻酔のうえで腹部(へその下)を切開する必要があり、入院もしなければなりません。

ですので、通常は症状がかなり進行している人や、外科的な治療が必要な人など限られた人にしか行われないようです。

スポンサーリンク

子宮内膜症の治療法は?

薬物による治療

子宮内膜症の薬物による治療法には、対症療法と内分泌療法があり、前者は鎮痛剤で痛みを抑えながら経過を観察する方法で、後者はホルモン剤(低用量ピルなど)を使用して月経を止めることによって症状の改善や進行を抑える方法です。

なお、内分泌療法は使用する薬から次のように分類され、偽閉経療法のほうが偽妊娠療法よりも効果が高いとされてます。

ただし、どちらも生理を止める治療法のため、治療中の妊娠はできなくなりますので、ご自身の予定などを含めて主治医の説明をよく聞いてから治療法の選択を行うようにしてください。

・偽閉経療法

Gn-RHアゴニストというホルモン剤(注射や点鼻薬)を使って、一時的に閉経状態を作り出しますが、更年期障害や骨量の低下などの副作用があるために半年程度使用して半年は休むといったサイクルで治療が行われます。

また、ダナゾールという薬も使われていましたが、肥満やニキビ、毛深くなる、肝機能障害、血栓症などの副作用があり、処方される機会が減っています。

・偽妊娠療法

ピルなどの経口避妊薬を使って、妊娠している状態を作り出すことで症状の改善などを目指しますが、肝機能の低下や血液が固まる障害が起きることがあり、また1日10本以上の喫煙がある喫煙者は狭心症や心筋梗塞の危険性があると言われています。

外科的な治療

外科的な治療は薬による治療に効果が見られなかったり、臓器の癒着が見られたりする時に行われ、手術によって子宮内以外の場所にできた子宮内膜やチョコレート嚢胞などを取り除く方法(保存手術)や、完全に治すために子宮や卵巣を摘出してしまう方法(根治手術)があります。

なお、手術には腹部を3か所ほど数センチ程度切開して腹腔鏡という器具を入れて行う腹腔鏡手術と、腹部を大きく切り開いて行う開腹手術があり、病状によって最適な方法が選ばれるようです。

そして、保存手術では子宮外の余計な子宮内膜組織を取り除く他にも、高周波によって焼き固めたりする方法が取られますが、再発する可能性もあります。

一方で、根治手術では子宮や卵巣をすべて摘出してしまうことによって、女性ホルモンの分泌がなくなり、子宮内膜症によってできた組織もやがて消えてしまいます。

しかし、この方法ではその後妊娠ができなくなりますので、医師とよく相談し、症状の程度や自分の年齢やライフスタイルなどに合わせて手術方法を選択することが大切です。

スポンサーリンク

子宮内膜症を放置しておくとどうなるの?

手術に不妊…悲しい結果にならないために

子宮内膜症は生理が続く限りは病状が進行していきますので、生理痛や腰痛などさまざまな症状の悪化やチョコレート嚢胞の発生・破裂、また内臓の癒着などが現れる可能性が高まってきます。

そして、子宮内膜症による組織が卵管や卵巣に生じ、膿疱ができたり癒着が起きてしまうことで卵管が詰まった状態となると不妊の原因になる場合もあるので、妊娠を考えている方は早急に治療を行うべきでしょう。

なお、子宮内膜組織で卵管が塞がれているなど、子宮内膜症が不妊の原因と考えられる場合には、先ほどご紹介した手術によって異常な組織を取り除く治療が必要になってきますが、これによって100%妊娠が可能になるわけではありません。

それだけではなく、卵巣にできるチョコレート嚢胞がある人の0.7%には卵巣がんが発生するとされており、注意が必要です。

ですので、異変を感じたらできるだけ早い段階で治療を始め、妊娠の可能性を残し、がんのリスクを減らすようにしたいものですね。

まとめ

いかがでしたか。

子宮内膜症の症状は生理中やそれ以外の時に起こる骨盤周辺のさまざまな痛みが最大の特徴で、その他にも子宮内膜が増殖している場所によって消化器の症状や頻尿や血尿といった多様な症状が現れることも特徴です。

また、月経血の量が増えたり、レバー状の塊が混ざるなど、月経そのものにもトラブルが現れることも多いので、毎月の月経時の体調や、月経前後に下腹部痛や不正出血などがないかなどを注意深くチェックすることが大切になります。

そして、治療には手術や薬などの方法がありますが、最近では副作用の少ないディナゲストという薬も登場しており、以前よりも治療がしやすくなっているようです。

なお、子宮内膜症を放置してしまうと不妊の原因となる可能性や卵巣がんの危険性があり、手術が必要となることもあるので、毎月の月経で少しでも気になることがあれば今回の記事を参考にぜひ婦人科を受診してみてくださいね。

「子宮内膜症へのディナゲストの効果と副作用!値段や妊娠についても」についての記事はコチラ!

スポンサーリンク

子宮内膜症に関する理解を他の記事を読んで深めましょう!

・子宮内膜症の痛みの出る場所や時期と緩和する方法!なしの時は?

・子宮内膜症に効くピルの種類と効果や副作用!やめるタイミングも

・子宮内膜症の手術費用と入院期間!手術後の妊娠率やリスクも

・子宮内膜症の検査は痛い?入院の有無や料金と時間!生理中は?

・子宮内膜症で不妊になるのはなぜ?理由と確率や治療の仕方も

このページの先頭へ