パーロデル錠の断乳やうつ等への効果と副作用!飲み方の注意点も

パーロデル錠は、イネ科植物の花穂に寄生する茸の仲間のバッカクの誘導体で、不妊治療の薬として有名ですが、他にも色々と効能があることで知られています。

なので、パーロデル錠のうつや断乳への効果、便秘や吐き気などの副作用、カバサールとの違い、飲み方の注意点で食直後が良い理由などを知りたいのではないでしょうか。

それから、パーロデルの薬価やジェネリックを購入する時の良い通販も気になりますよね。

そこで今回は、パーロデル錠の断乳やうつ等への効果と副作用、また、飲み方の注意点などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

パーロデル錠の効果や副作用は?

パーロデル錠は前述の通り、イネ科植物の花補に寄生する真菌植物の麦角(バッカク)の誘導体で、プロラクチンというホルモンの分泌を抑制し、母乳の漏出症や排卵障害の改善、下垂体腺腫の縮小に効果があると言われています。

また、ブロモクリプチンメシル酸塩には脳内のドーパミン系の神経に対する作用もあり、手足のふるえやこわばり、体の動作が不自由になるパーキンソン病症状の改善にも効果的だそうです。

そして、次のような効能があるので、様々な症状などの治療に使われます。

・ うつ

うつ病はパーキンソン病と同様に、脳のドーパミンが減少して発症するという共通点があるので、パーロデル錠の脳内のドーパミン系の神経に対する作用を期待して、パーロデル錠が処方されることもあります。

ただし、パーロデル錠はうつ病の治療に必要なD3受容体ではなく、D1受容体にも少なからず作用してしまうことがあるため、抗うつ剤としてはまだ研究段階にあるそうです。

・ 断乳

母乳が出すぎる人は張ったり詰まったり、熱を持って痛くて夜も眠れず、何度も乳腺炎になってしまって高熱で苦しむ方もいます。

また、妊娠していないのに母乳が出る方もおり、これは高プロラクチン血症という病気で、不妊症の原因にもなることがあるので、妊娠を希望されている女性には治療が行われます。

そして、そんな症状にもパーロデル錠は有効で、前述の通りプロラクチンというホルモンの分泌を抑制することで母乳を止めることができるので、意図的に断乳をしたい方にも使われることがあります。

・不妊治療

出産後の授乳期には、排卵や月経がしばらく起こらない期間がありますが、これはプロラクチンが関係しており、排卵を抑えることでさらなる妊娠を防止する効果があるそうです。

しかし本来、授乳するべき時期以外にプロラクチンが多く分泌されると、母乳が出るだけではなく排卵が抑制されてしまい、月経の停止や無排卵などの生理不順、流産を引きおこしてしまうため、不妊の原因になってしまうのですね。

それから、基準値はプロラクチン血中濃度は15ng/ml以下なので、これより高い場合は高プロラクチン症の可能性が疑われ、頭痛や吐き気、視野が狭くなるなどの症状が現れます。

また、それ以外の原因には妊娠中絶や流産、精神科で処方された薬剤が関係していることもあるのですが、多くは原因不明なのだそうです。

こうした不妊の治療にもパーロデル錠が処方され、プロラクチンを抑制することで症状改善を期待することができるそうです。

カバサールとの違いは?

カバサールはパーロデル錠と同じで、前述のような症状の治療でドーパミン作動薬として処方されるのですが、違いとしてはカバサールは週に1回の服用で済むため、後述する副作用のレベルが軽度で済むことが多いそうです。

ただ、副作用の現れ方にはあくまで個人差があるので、自分に合った薬剤を見つけるようにしましょう。

パーロデル錠の副作用は?

パーロデル錠の主な副作用は、悪心や嘔吐、吐き気、便秘、めまい、倦怠感などで知られています。

また、パーキンソン症候群の方が服用すると、上記以外にも胃部の不快感や口渇、幻覚や妄想が現れることもあるようですね。

そして、それ以外の重大な副作用はめったに起こりませんが、次のような疾患を引きおこす可能性があるので、体調の変化を感じた方はすぐに病院を受診して医師に伝えてください。

・ ショック、急激な血圧低下、起立性低血症

・ 悪性症候群

・ 胸膜炎、心膜炎

・ 心臓弁膜症

・ 幻覚・妄想、せん妄、錯乱

・ 胃腸出血、胃・十二指腸潰瘍

・ 痙攣、脳血圧障害、心臓発作、高血圧

・ 突発的睡眠

スポンサーリンク

パーロデル錠の飲み方の注意点についても

パーロデル錠は医師の処方に従って、症状に合わせた容量を飲むこととされていますが、目安としては次の通りになるそうです。

・ 高プロラクチン血性排卵障害や乳汁漏出症など

1日1回2.5mgを夕食直後に使用し、効果を見ながら医師の判断によって1日5.0~7.5mgまで増量し、2~3回に分けて食直後に使用します。

・ パーキンソン症候群など

1日1回、1.25mgまたは2.5mgを朝食直後に使用することから初め、1または2週毎に1日量として2.5mgずつ増量して使用します。

このように、パーロデル錠は「食直後」という指定があって、これは食後から5分以内のことを言いますが、これによって吐き気などの消化器系副作用を軽減することができるためとされています。

なので、必ず用法を守って食直後に服用するようにしましょう。

パーロデル錠の薬価は?ジェネリックの購入ならオオサカ堂がオススメ!

パーロデル錠はサンファーマから販売されており、1錠あたり薬価が99.40円なので結構高いですよね。

それに、基本的にはパーロデル錠は病院を受診し、医師に処方してもらわないと購入ができないので、毎回病院を受診するのも手間だし、診察料が気になるという方も多いのではないでしょうか。

そこでオススメなのがインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でパーロデル錠のジェネリックを購入する方法です。

オオサカ堂では、パーロデル錠のジェネリックが販売されており、名前、主成分、効果、副作用ともに日本で処方されているパーロデル錠と全く同じで、製造しているメーカーがMeda社という違いがあるだけです。

そして、気になるお値段ですが、30錠入って1箱あたり1,381円なので、1錠あたり46円とパーロデル錠よりもはるかに安く、お買い得でオススメです。

ただ、初めてインターネットの個人輸入代行サイトを使う方は、本当に大丈夫なのか、無事に届くか心配になってしまうのではないでしょうか。

でも、オオサカ堂は「安心」「人気」「安い」という点で業界トップで、創業19年の実績もありますし、利用者の口コミを見ても、安心で親切な取引をすることができることが一目瞭然なので、問題なく利用していただけますよ。

ただし、初めて使用する方は、必ず事前に医師に相談の上、正しい用量や用法を知った上で購入するようにしてくださいね。

というわけで、パーロデル錠のジェネリックを購入するならオオサカ堂がオススメなのでぜひこの機会に口コミもチェックして試してみてくださいね!

パーロデルをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ