ヨヒンビンのダイエット等の効果と副作用や飲み方!女性の場合も

ヨヒンビンHClは海外では支持の高い精力剤の一種で、男性にも女性にも効き目が期待できるとされていて、脂肪を落とす効果も期待できるそうです。

なので、ヨヒンビンのダイエットや筋トレへの効果、男性や女性への効果、副作用やドーピング、飲み方や摂取量についても知りたいのではないでしょうか。

それから、ヨヒンビンの購入方法で薬局でも買えるのかといったことも気になりますよね。

そこで今回は、ヨヒンビンのダイエット等の効果と副作用や飲み方、また、女性の場合などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ヨヒンビンの効果や副作用は?

ヨヒンビンはアカネ科植物のヨヒンべの樹脂に含まれるアルカロイドのことで、FDA(米国食品医薬品局)がインポテンツ改善薬として正式に承認している成分だそうです。

そして、ヨヒンビンにはペニスに流入する血流量を増やし、自律神経系統に影響して性器を刺激するので、男性にとっては効果の高い精力剤としてエネルギーやスタミナの補強に良いそうです。

その他、滋養強壮剤としてだけでなく、ヨヒンビン樹の樹脂から得られるエキスは、自然界に存在する中で最も強力な媚薬だそうで、女性にとっては催淫剤としての効果も期待できるそうです。

さらに、ヨヒンビンには脂肪酸の代謝をサポートし、体の不要な脂肪を減少させる効果もあるので、ダイエットサポート効果も期待でき、性機能が高まるだけでなく引き締まった体作りを目指すことができるそうです。

なので、筋トレをしながら理想的な体型を目指してボディメイクをしている方もヨヒンビンを摂取することは多いようですね。

・ 勃起改善効果について

アメリカのFDAでは勃起不完全の被検者に対して1日3回、10週間にわたってヨヒンビンを投与した実験をしたところ、そのうちの62%に勃起改善効果が結果として見られたそうで、前述の通りインポテンツ改善薬として正式に承認されたのですね。

一方で、同じ勃起改善効果のあるバイアグラで死亡事例が起きていることから、バイアグラの作用と同じ危険性があるとして、ドイツではヨヒンビンの使用は積極的には推奨されていないとのことです。

ちなみに日本では、ヨヒンビンを健康食品として捉えているそうなので、服用するときには摂取量に注意があり、特に不眠、肝臓障害、心拍数が高めの方は気をつけた方が良いそうです。

副作用は?

ヨヒンビンには次のような副作用が報告されており、摂取にあたって十分な注意が必要だそうです。

・ 心拍数の上昇

・ 血圧の増大

・ めまい

・ 頭痛

・ 興奮

・ 神経過敏

・ 情動不安

また、ごくまれですが、吐き気や嘔吐、皮膚の発赤、発汗、震えなども生じるそうです。

スポンサーリンク

ヨヒンビンの飲み方は?摂取量も

ヨヒンビンにはカプセルと液状があり、カプセルの場合は1日2回1カプセルずつを食事の際に摂取するとのことです。

そして、前述の通り元々肝障害などがある方は摂取を控えた方が良いですし、上記のような摂取量を守らずに過剰摂取してしまうと、延髄麻痺を起こす可能性があるので、用法・用量は守りながら摂り、異変を感じたらすぐに医師に相談しましょう。

ヨヒンビンを買うならどの通販がオススメ?

ヨヒンビンのサプリ「ヨヒンビンHCl」はアメリカ産のサプリなので、国内の薬局やインターネットの大手通販Amazonや楽天では販売されていません。

そこでオススメなのが個人輸入代行サイトのオオサカ堂で「ヨヒンビンHCl」を購入する方法です。

こちらでは、90錠入って1本あたり1,845円で、2本だと3,119円になり、3本だと4,392円なので、まとめ買いをした方がお買い得ですね。

ただ、初めてインターネットの個人輸入代行サイトを利用する方は、無事に購入ができるか不安になってしまうのではないでしょうか。

でも、オオサカ堂は創業19年の実績がありますし、口コミを見ても高い評価の方がとっても多く、安全に使える製品であることが理解してもらえると思いますよ。

というわけで、ヨヒンビンHClならオオサカ堂での購入がオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね!

ヨヒンビンHCIをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ