ロゲインの塗り方や効果と副作用!初期脱毛や生え際についても

薄毛に悩む男性は、リアップを始めとした育毛剤を色々調整して、ふさふさの髪の毛を夢見ている方が多いと思います

なので、ロゲインフォームの塗り方など使い方のポイントや生え際についての注意点、効果と初期脱毛、副作用、リアップとの違いやロゲインの女性用について知りたいのではないでしょうか。

それから、ロゲインを購入した方の口コミ、ジェネリックなどの購入でAmazonや個人輸入代行の通販についても気になりますよね。

そこで今回は、ロゲインの塗り方や効果と副作用、また、初期脱毛や生え際などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ロゲインの塗り方や効果は?

ロゲインはミノキシジルを主成分とする育毛剤ですが、同成分の育毛剤と言えば日本ではリアップが有名なので、リアップなら使ったことがある方は多いのではないでしょうか?

そして、ロゲイン、リアップ共にミノキシジルの配合率は5%ですし、ドラッグストアで購入できて処方箋が要らない点も同じなのですが、リアップは1999年の発売、ロゲインは1980年発売なのでロゲインの方がロングセラー商品なのだそうです。

また、こうしたロゲインやリアップの主成分であるミノキシジルは、元々は高血圧の治療のために開発された成分なのですが、副作用として頭皮の血行促進や毛髪を増加させる発毛・育毛効果が認められて、育毛剤の成分として活用されるようになりました。

それから、ロゲインの発売元は全世界で売上No.1を誇るアメリカのファイザー製薬なので、メーカーとしての信頼度も高く製品の効果も期待でき、ロゲインには女性用の製品「ロゲイン2%」もあり、女性男性型脱毛症(FAGA)に効果的な育毛促進剤だそうなので、女性の方でも使ってみてくださいね。

ロゲインの効果は?

ロゲインの有効成分ミノキシジルは、塗布した箇所の血管を拡張し、血液の流れを増進させるのですが、血流が改善されることによって血液にのって運ばれる栄養分が頭皮に行き渡り、毛乳頭から毛母細胞へと届けられ、髪の生育に良い頭皮環境を整えることができます。

しかし、残念ながらハゲといっても色々なタイプがあり、ミノキシジルは髪の生え際には効果を発揮することができないので、生え際やM字タイプの薄毛の方にとっては製薬会社側でも効果が実証できないことを認めているのだそうです。

そのため、頭頂部や後頭部などのハゲに悩んでいる方にはロゲインはオススメで、なかなか気づきづらい部位ではありますが、早期に使用をし始めた方が改善されやすいそうなので、定期的に頭髪のチェックを行い、気づいたらできるだけ早く使い始めると良いでしょう。

ロゲインの使用方法は?

ロゲインはフォーム状の製品なので、次の用法を守って使用することをオススメします。

・ 塗布してから自然乾燥(約20分)

ロゲインはドライヤーで急激に乾燥させると効果が失われてしまいます。

・ 洗髪や水泳などは塗布後4時間経ってからにする。(雨にも注意する!)

ミノキシジルが十分に浸透するには4時間かかると言われていますので、その間に水に濡れて落としてしまうといったことがないようにしましょう。

・ カラーリングやパーマはロゲインを完全に洗い落としてから行い、施術後24時間はロゲインは使用しない。

このように、色々と注意点があり、塗布してから自然乾燥で20分待つというのは、毎日朝夕やらなければならないのでちょっと面倒に感じますが、あなたの頭髪の未来がかかっていることなので地道に続けるようにしましょう。

そして、自己判断で勝手に回数や量を増やしたり減らしたりといったことをすると、効率を低下させるばかりか副作用のリスクを高めるだけなので、上記の方法を守るようにしましょう。

ちなみに、より高い効果を望むのであれば、フィナステリドを配合した育毛剤を併用したり、L-リジンという育毛サプリメントを併用すると良いそうで、どちらも併用しても問題がない製品なのでぜひ試してみてくださいね。

(関連記事:フィナステリド配合のフィナロイドの飲み方!効果と副作用やフィンペシアとの違いも!

また、ロゲインを使用すると、使用初期には「初期脱毛」といって1~2週間髪の毛が抜ける現象が起きます。

なので、髪の毛を増やしたくて使っているのに、抜け毛が増えたら絶望的な気持ちになりそうですが、これはヘアサイクルに必要なステップで、髪の毛が抜けたところに新しく健康な髪が生え成長する時期を繰り返すため、育毛剤を使って初期脱毛が始まるのは健康的なサイクルに入った証拠なので、よほど何ヶ月も抜け続けるといったことがない限り、安心して問題ありません。

スポンサーリンク

ロゲインの副作用は?

ロゲインの副作用の発症率は数%と非常に少なく、比較的安全性の高い製品なのですが、

・ 頭皮のかぶれ

・ かゆみ

・ 赤み

・ ほてり

などが現れる可能性があるそうなので、普段からアレルギー体質の方や敏感肌の方は注意した方が良さそうです。

それから、主成分のミノキシジルは高血圧治療を目的に開発された成分なので、血圧降下作用があり、低血圧の方が使用すると血圧が下がりすぎてしまう可能性があるそうです。

なので元々肌が弱い方や、低血圧でミノキシジルの使用に不安がある方は、フィナステリドを使用したフィナロイドなどの育毛剤を検討してみて下さいね。

(関連記事:フィナステリド配合のフィナロイドの飲み方!効果と副作用やフィンペシアとの違いも!

スポンサーリンク

ロゲインを使った方の口コミは?

それでは、ロゲインを使用した方の口コミをチェックして、本当に効果があるのか確認してみましょう。

・ 30代/男性

ロゲインとフィンペシアを使って4ヶ月。

頭頂部と前頭部にはバッチリ効きました。

しかし生え際には産毛が生えるのがやっとという感じで、太い毛は生えてきません。

・ 40代/男性

2年前から1日2回の使用を欠かさず行っております。

きちんと使用していれば初期脱毛の後からちゃんと髪の毛が生えてきます。

ロゲインの発毛効果は抜群ですが、脱毛予防にはならないのでプロペシアなどの防御系育毛剤も使いましょう。

・ 30代/男性

ロゲイン使ってましたが頭皮の痒みが酷くなったのでミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)に替えました。

恐らく痒みの原因はロゲインに含まれているPGでしょうから、PGの少ないザンドロックスに替えようかとも思いましたが、結局頭皮に塗らなくてもいいミノタブにしました。

ミノタブ使用開始5ヶ月でつむじの周辺と天辺がかなり濃くなりました。

残念ながらM部にはほとんど効いてませんが、見た目の印象が大分変わりました。

私と同じようにロゲインで頭皮が荒れてしまう方がいらっしゃると思いますが、低アレルギーのザンドロックスや飲むタイプのミノタブ・ロニテンを使えば、ミノキシジル系育毛剤を継続して使用できますので、あきらめずに頑張っていきましょう!

大事なこと書き忘れてましたが、プロペシアも使ってます。

ミノキ系の育毛剤の単独使用はまずいです。

フィナ系の育毛剤と併用しましょう。

・ 20代/男性

ロゲインでほぼ復活したんでプロスカーだけにしたんだけど、しばらくしたらスカり始めた。

あせってまた使い始めたら5ヶ月くらいかかってようやく回復した。

やっぱりずっと使い続けないとダメみたいです。

長く付き合っていくには安いカークランドに乗り換えた方がいいのかな。

・ 40代/男性

ロゲインはフィンペシアと同時期に使い始めましたが、俗に言う初期脱毛がありました。

初期脱毛があっても2~3ヶ月で再び生えてくることは知っていましたが、いざ自分がその状況に立たされると、さすがに不安でしかたありませんでした。

幸いにして2ヶ月半で順調に改善し始め、半年ぐらいかけて頭部全体の9割程が無事回復。

その後はやや停滞気味ですが、減ることはなく維持できています。

・ 20代/男性

1年近くリアップを使っていましたが、全く変化が無かったのでロゲインに鞍替えしました。

まだ使い始めて1週間なので、効果については何とも言えませんが、リアップと比べるとちょっとべたつきが気になります。

これは買った後に知ったのですが、女性用のロゲインならべたつかず、しかも男性が使っても問題ないそうです。

ちなみにミノキシジルの濃度は普通のロゲインが5%、女性用ロゲインが2%、リアップが1%です。

僕は最高の効果を得たいので、濃度5%のロゲインを使い続けるつもりですが、べたつきが気になる人は女性用も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

・ 30代/男性

私の場合、3週間で頭皮に赤いできものが出来て続けられなくなりました。

幸いロゲインの使用を止めたら2週間ほどで治ったのでハゲが悪化することはありませんでしたが、もう塗り系の育毛剤は使う気になりません。

・ 20代/男性

1年前から使ってます。

頭頂部の禿げてる箇所だけじゃなく、禿げてない所(前髪の生え際)にも予防として塗ってたんですが、そこが明らかにスカってきた。

良かれと思って付けてたのに悪化するとは・・?

それとも付けてなかったらもっと禿げてたということ・・?

・ 50代/男性

いろんな育毛剤を使ってきましたが、唯一効いたのがこれです。

使い始めて9ヶ月ぐらいですが、家族や友人からも髪が増えてると言われます。

同時期に始めた友人には全く効果がなく、育毛剤というのはかなり個人差があるものだと実感しました。

・ 30代/男性

こういう口コミ評価については、いいことしかかかれてないので、本当のことを書きます。

結論から言うと、過度な期待は禁物です。

当方も、プロペシア(日本で処方)とロゲイン5%(個人輸入)を使っていますが、

1.確かに増えた。

しかし、時間がかかり、私の場合は、ロゲインを同時に使いはじめてから、やっと少しづつ増え始めた。

プロペシアのみではあまり効果がなかった。

2.増えたといっても、そんなに大げさなものではない。

効果が現れたといっても、決して元に戻るわけではなく、ほんのわずか増えたかな?程度である。

最低でも効果があらわれるまでには半年はかかる。

口コミやYouTube動画にあるような数ヶ月で元に戻るなど、大げさなものは、絶対にない!

というか医者にたずねても、医学的にありえない、とのことだった。

3.多少増えたのは、確かに他人が見てもわかる。

ただし、ふさふさになるわけではない。

今後も、この程度が続きそう。

大げさに、数ヶ月で元に戻ったとか、書かれてるのを見るが、医学的にはありえないとのこと。

30代半ばでも、100%元に戻ることはほぼないとのことで、よくて7割から8割。

つまり、頭皮は多少透けて見える程度までが限界であることを認識すべき。

過度な期待は禁物です。

いかがでしょうか?

効果には個人差があるようで、ロゲインだけでも使って良かった!と思えるほど効果が実感できた方もいれば、使用を中止するとまた抜け毛が始まってしまった方、フィナ系との併用をしないと効果が実感できない方など様々でした。

ちなみに、現在フィナ系の育毛剤で最新のものはフィナロイドなので、相乗効果を期待したい方は試してみると良さそうですね。

そして、やはり生え際やM字型には効果がないとのことでした。

それから、女性用のロゲイン2%だとさっぱりとした使い心地でべたつかないそうなので、ロゲインのべたつきが気になる方は女性用を試してみても良いのではないでしょうか。

(関連記事:フィナステリド配合のフィナロイドの飲み方!効果と副作用やフィンペシアとの違いも!

ロゲインを買うならどの通販がオススメ?

ロゲインは以前Amazonで販売されていたようですが、現在は取り扱い中止になってしまったようです。

また、ロゲインは米国の製品なので、国内の薬局などでも購入することもできません。

そこで、オススメなのが個人輸入代行サイトのオオサカ堂で「ロゲイン」を購入するか、ジェネリックでもよく安価なものが良い方はカークランド社の「ミノキシジル」がオススメです。

・「ロゲイン」5%…60ml/ 2本+スポイト1本で5,796円

・ カークランド社「ミノキシジル」5%…60ml/ 2本+スポイト1本で3,481円

この2つは製造メーカーは違えど、どちらも同じ成分で同じ効果が期待できるものなので、ジェネリックかそうでないかだけで判断すれば良いのではないでしょうか。

ただ、初めて個人輸入代行サイトを利用する方は無事に購入ができるか不安になってしまいますよね。

でも、オオサカ堂は創業19年の実績がありますし、口コミを見ても高い評価の方がとっても多く、安全に使える製品であることが理解してもらえると思いますよ。

というわけで、ロゲインやそのジェネリックならオオサカ堂での購入がオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミをチェックして買ってみて下さいね!

ロゲインをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

女性用ロゲインをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

ロゲインのジェネリック(カークランド)をオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ