ビオチンの飲み方や効果と副作用!食べ物や過剰摂取の注意点も!

ビオチンは皮膚や粘膜を健やかに維持する働きがあるとされている栄養素で、特に女性にとって嬉しい成分です。

なので、ビオチンとは何か、その美肌や髪への効果・効能、ビオチンを含む食品や食材でヨーグルトなど、欠乏症の症状で白髪、シャンプーや注射での利用、過剰摂取による副作用について知りたいのではないでしょうか。

それから、ビオチンの飲み方でサプリの摂取量やビタミンCとの併用、ビオチンのおすすめサプリや楽天やAmazonなど購入できる通販も気になりますよね。

そこで今回は、ビオチンの飲み方や効果と副作用、また、食べ物や過剰摂取の注意点などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ビオチンとは?効果や副作用は?

ビオチンとは、水溶性ビタミンの一種で分類分けとしてはビタミンB群に属し、別名ビタミンB7と呼ばれており、次のように様々な効果・効能があります。

1、 アトピー性皮膚炎の予防・改善、美肌効果

ビオチンは皮膚の炎症を防止する因子として発見されたもので、皮膚との関わりが深く、アトピー性皮膚炎の予防や改善、その他湿疹やニキビなど様々な肌トラブルに有効だそうです。

そして、美容皮膚科では美肌効果を目的として、ビオチンを内服だけでなく注射剤としても使われています。

2, 毛髪や爪の健康維持

他のビタミンB群と同じく、三大栄養素(脂質・糖質・タンパク質)の代謝に関与し、脂肪酸の合成やアミノ酸の代謝に関わるカルボキシラーゼという酵素の働きを促進する働きがあり、毛髪や爪の健康維持にも効果的です。

そして、薄毛や脱毛、白髪を防止し、不足するとこれらの症状が出やすくなるそうなので、育毛効果を狙ったビオチンの商品にはサプリだけでなく、シャンプーも販売されていますよね。

・ アバロンオーガニックビオチンBコンプレックスフサフサヘアーシャンプー

2、 疲労感や脱力感、倦怠感、食欲不振、うつ症状の防止

ビオチンには糖新生といって、糖以外の物質からブドウ糖を作りだすことで、糖のエネルギー生産時に発生する乳酸を肝臓に送ってブドウ糖に再合成させる働きがあり、これによって偏食による糖不足を防ぐこともできるそうです。

そして、エネルギーを十分に作ることで疲労感や脱力感、倦怠感、食欲不振、うつ症状の防止、筋肉痛の改善に役立ち、糖尿病患者への投与で症状が改善されたという報告もあるそうです。

ビオチン欠乏症に注意

ビオチンは、喫煙やアルコール、ヨーグルトなどの乳製品や生卵白の過剰摂取、抗生物質の長期服用、便秘や下痢などによる腸内環境の悪化によって不足しやすく、ビオチンが体内で不足している方が母乳を与えている、また粉ミルクを飲んでいる乳児にも注意が必要だそうです。

そして、生卵白の過剰摂取によって起こるビオチン欠乏症を卵白障害といって、皮膚炎や結膜炎、白髪や脱毛、味覚障害、不眠、神経障害などの症状が現れるとされています。

また、妊婦がビオチン不足になると高確率で胎児が奇形になると言われているので、妊娠中の方は積極的にビオチンを摂取する必要があります。

ビオチンを多く含む食品は?

ビオチンを多く含む食材には、

・ 牛・豚・鶏のレバー

・ 大豆

・ イワシ

・ 玉ねぎ、カリフラワー、落花生

・ 玄米

・ 卵黄

などがあるそうです。

そして、ビオチンは熱や光、酸に強く、加熱処理による損失もほとんどないので、目玉焼きや納豆などの食べ物で摂ることもできますが、アルカリには不安定なので、重曹などと一緒に調理すると失われる可能性があるようですね。

それから、特にビオチン含有量が多いものとして、牛レバーが50gで38ug、卵は1個で約12.5ugとされていますが、肉類、魚類、豆類、野菜など様々な食品に含まれているので普通に食事をとっていれば不足することはなく、水溶性ビタミンなので大量に摂っても過剰摂取による障害が起きることはないそうです。

しかし、抗生物質の長期服用をしていたり、腸内環境がもともと悪い方は、ビオチンの量が少ない可能性があるので意識して摂ると良いでしょう。

スポンサーリンク

ビオチンの飲み方のポイントは?

厚生省が定めているビオチンの1日の摂取量の目安は、成人の男女ともに45ug、妊婦は47ug、授乳中の方は49ugと言われているそうで、前述の通り食事でも十分に摂取することができますが、サプリで飲む方が効率的です。

それから、ビオチンは水溶性ビタミンで、尿から排出されやすい性質があるので、1日1回まとめて飲むよりも、複数回に分けて服用し、血液中のビオチン濃度を一定に保つ必要があるそうですが、食前や食後など、飲むタイミングはそれほど気にしなくて良いようです。

また、ビオチンは腸内環境の悪化で不足するので、乳酸菌と一緒に摂取するとより効果的ですし、ニキビや湿疹など皮膚トラブルの改善を目的としてビオチンを飲む場合は、ビタミンCと併用するとより高い効果が期待できるそうですよ。

・ビオチンを摂取するときはタバコやアルコール、卵の白身は控えめに

ビオチンを摂取する際には、タバコやアルコールは控えめにする必要があるそうです。

なぜなら、ニコチンやアルコールを分解するのに大量のビオチンが必要になるので、せっかくサプリで吸収してもビオチンの吸収量が減ってしまい、効果が実感できにくくなるからです。

それから、前述の通り卵の白身の過剰摂取もビオチン不足の原因となるので、白身を大量に食べる方は少ないとは思いますが、控えめにする必要があります。

ただし、少量であれば問題ないので、いずれもほどほどにしてビオチンを摂取するようにしましょう。

ビオチンのサプリのおすすめは?

ビオチンは様々なメーカーがサプリとして販売しており、国内のドラッグストアでも手に入る身近な成分ですが、より確実に効果を得たい方にオススメしたいのがサプリの本場アメリカのSource Naturals社の「ビオチン」です。

ただ、この商品は海外産のため、Amazonや楽天など国内の大手インターネット通販では取り扱いがありません。

そこでオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」で購入する方法です。

ただ、初めてインターネットの個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか心配になってしまう方も多いのではないでしょうか?

でも、オオサカ堂であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができますし、口コミをチェックすると高い評価の方がとっても多いことが分かりますよ。

ちなみに、気になるお値段ですがビオチン5,000mcgが120錠も入って1本あたり2,717円で、2本だと4,886円なので、長く継続して摂取するにはまとめ買いをした方がお得です。

そして、ビオチンは前述の通り水溶性ビタミンなので、国産のサプリで摂取してもほとんどが尿として排出されてしまう中で、海外産のものであればタイムリリース加工といって水に溶けない加工がされているので、本当に効果を得たいのであれば海外産のサプリがオススメです。

というわけで、ビオチンのサプリを購入したい場合はオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミを見て買ってみて下さいね!

ビオチンのサプリをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ