コリンのサプリの飲み方や摂取量と効果や副作用!含まれる食品も

コリンは体内でも合成されますが、食事やサプリなどからも意識して摂ることで、コレステロール値のコントロールをしたい方に効果的な水溶性ビタミンです。

なので、コリンのサプリで期待できる効果と副作用や、どのような食品に含まれるかも知りたいのではないでしょうか。

それから、コリンの飲み方で、飲むタイミングや摂取量なども気になりますよね。

そこで今回は、コリンのサプリの飲み方や摂取量と効果や副作用、また含まれる食品などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

コリンのサプリとしての効果や副作用は?含まれる食品も

コリンは脂肪やコレステロールを体内で消費させる働きがある水溶性ビタミンで、体内では脂肪肝を防ぎ、血管拡張効果もあるので血圧を下げ血液をサラサラにし、コレステロールの値を正常に保つ働きをすると言われています。

それから、脳内で記憶形成をサポートする働きもするため、記憶力をアップさせアルツハイマー型の痴呆症の予防効果もあるそうです。

また、鎮静作用もあるので、興奮している方やイライラしている人の気分を鎮め、気持ちを穏やかに正常な状態にしてくれる効果もあるそうです。

こうしたコリンは、アミノ酸から合成される水溶性ビタミンで、身近な食品では主に豚レバーや牛レバー、大豆、卵、エンドウ豆、玄米、小麦胚芽、さつまいも、トウモロコシ、ブロッコリー、ナッツ類などに多く含まれており、食品100gあたりのコリン含有量は次の通りとなっています。

・ 生の大豆…約65mg

・ ゆでた枝豆…約46mg

・ 全卵…約240mg

・ 卵黄…約630mg

そして、普通の食事をしていてコリン欠乏症を起こすことはめったにないのですが、極端にタンパク質の少ない食習慣を送っていると、脂肪肝や成長抑制、不妊症などの症状が見られるそうです。

それから、年齢を重ねるにつれて認知症予防をしたい方や、肝機能を強化して脂肪肝や肝硬変などを予防、高血圧や動脈硬化の予防もしたい方は、サプリメントでも積極的に摂った方が良いとされる栄養素の一つです。

副作用は?

コリンは水溶性ビタミン様作用物質なので、基本的には過剰摂取の心配やその他の副作用の心配はないそうです。

ただし、コリンを1日に10g以上摂取した場合、体内で代謝される際に、魚やアンモニアのような悪臭を放つトリメチルアミンという合成物が生成されることがあるそうで、生魚のような体臭を放ってしまう恐れがあります。

そのため、水溶性ビタミンといえども、上限値を超えないように安全に使用するようにしましょう。

スポンサーリンク

コリンの飲み方は?タイミングや摂取量について

コリンは1日500mg分を1粒飲むのを目安に、できれば食事と一緒に飲むと良く、ビタミンB5と一緒に摂取するとより高い効果が期待できるそうなので、試してみてくださいね。

コリンを買うなら、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」がオススメ!?

コリンの食品での含有量をお伝えしましたが、1日500mgを摂取しようとして毎日卵黄を100g分摂るのは結構大変ですよね。

そこでオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」で「コリン500mg」を購入する方法です。

ただ、初めてインターネットの個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか心配になってしまう方も多いですよね。

でも、オオサカ堂であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができますよ。

そして、気になるお値段ですが、オオサカ堂では「コリン500mg」が100錠入って1本あたり2,353円で、2本だと3,965円になるそうなのでお買い得ですよね。

というわけで、コリンのサプリを購入するならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみて下さいね!

コリンをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ