ナファゾリン塩酸塩を含む目薬の効能と副作用!使用上の注意点も

花粉症の方は、花粉が飛散する時期に備えて今年こそは鼻づまりや鼻水などのつらい症状を抑える効果的な点鼻薬を探していると思います。

ナファゾリン塩酸塩はそんな花粉症の症状などに効果が高い成分なのですが、ナファゾリン塩酸塩を含む目薬の効能や副作用、使い方について知りたいのではないでしょうか。

それから、ナファゾリン・フェニレフリンの点眼液を購入できる通販のオススメも気になりますよね。

そこで今回は、ナファゾリン塩酸塩を含む目薬の効能と副作用、また、使用上の注意点などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ナファゾリン塩酸塩を含む目薬の効能は?

ナファゾリン塩酸塩は血管平滑筋のα?アドレナリン受容体に作用して、血管を収縮させる働きがあることから、点眼・点鼻薬の主成分として用いられています。

そして、目の充血や鼻づまりなどを解消し、目の場合は白くすっきりとした瞳に改善する効果・効能があるとされています。

そして、日本国内では1953年から発売されており、医療用では「プリビナ液」が代表的で、点眼・点鼻薬としてだけでなく、経鼻内視鏡検査(鼻からの胃カメラのこと)の前処置としても使われることが多いそうです。

それから、市販薬でも「ナザール」スプレーなど割と安価なタイプも多く販売されていて、シーズン中は薬局の店頭で山積みになって特売されていたりしますよね。

でも、ナファゾリン塩酸塩含有の点眼・点鼻薬は、一時的な使用であれば問題ないのですが、花粉症の方など、シーズン中に長期連用をすると、鼻粘膜の血管が反応しなくなってしまい、鼻づまり(鼻閉)を起こす二次充血のリスクが高いそうです。

そのため、医療現場では、平均的に言ってせいぜい7日程度が無難と言われているそうなので、それ以上使わないように注意しましょう。

スポンサーリンク

ナファゾリン塩酸塩を含む目薬の使い方や注意点は?

ナファゾリン塩酸塩含有の目薬は、1滴だけを確実に滴下するのが良いとのことで、1日に頻繁に使用したり、何滴もたらすのは二次充血や、次に挙げる副作用のリスクを高めるだけなので、注意する必要があるそうです。

また、2種類以上の点眼剤を使う場合は、最低でも5分以上間隔をあけて使うようにしましょう。

それから、副作用としては二次充血以外にも目の腫れや結膜炎、眼圧上昇などが報告されているので、異変を感じたらすぐに使用を中止し、医師に相談するようにしてください。

ナファゾリン・フェニレフリン点眼液を購入するならどの通販がオススメ?

花粉症に限らず、目の充血などに悩んでいる方には、ナファゾリンに加えてフェニレフリンという有効成分を含んだ点眼液がオススメで、白目の血管を収縮させ、目の充血やかゆみなどの症状を改善させて、白目をキレイにする効果があるそうです。

ただ、こちらはアメリカでは通常市販薬として販売されていますが、国内では薬局での取り扱いもないですし、薬事法の関係でAmazonや楽天などの大手インターネット通販でも取り扱いがありません。

そこでオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」で購入する方法です。

ただ、初めてインターネットの個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか心配になってしまう方も多いですよね。

でも、オオサカ堂であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができますし、正規品のみを取り扱っているので心配はありません。

そして、気になるお値段ですが、オオサカ堂では、ナファゾリン・フェニレフリン点眼液10mlが1本あたり1,740円で、2本だと2,912円、3本だと4,060円になるのでまとめ買いをした方がお買い得ですよね。

ちなみに、繰り返すようですが長期間の利用は二次充血を招く恐れがあるので、単発利用にとどめるように気をつけてくださいね。

というわけで、ナファゾリン・フェニレフリン点眼液で購入するなら、オオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみて下さいね!

ナファゾリン・フェニレフリン点眼液をオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ