イトラコナゾールの癌等への効果と副作用!CYP等の使用禁忌も

イトラコナゾールは、真菌(カビ)の増殖を抑制するトリアゾール系の抗真菌剤ですが、その内用液やカプセルはカンジダや癌などの治療薬としても処方されているそうです。

なので、イトラコナゾールの人だけでなく犬や猫への効果とパルス療法、イトラコナゾールのようなCYP3A4阻害薬を服用中の使用禁忌薬や相互作用、副作用について知りたいのではないでしょうか。

それから、イトラコナゾールの飲み方で食事の直後にした方が良い理由や、イトラコナゾール錠の薬価や市販薬はあるのか、ジェネリックを個人輸入代行で購入する際の通販のオススメも気になりますよね。

そこで今回は、イトラコナゾールの癌等への効果と副作用や、CYP等の使用禁忌についても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

イトラコナゾールの癌等への効果や副作用は?

イトラコナゾールは、真菌の増殖を抑制するトリアゾール系の抗真菌剤の一種で、その抗真菌作用が非常に強いことから、外用薬では完治が難しい難治性の水虫(特に爪水虫)やカンジダ治療などへの効果の高さが認められているそうです。

そして、その作用は水虫の原因とされる白癬菌(はくせんきん)を死滅させ、増殖を抑制するよう働きかけるとされていて、人間だけでなく、猫のクリプトコッカス症や犬と猫の皮膚糸状菌を含むイトラコナゾールによる感染の治療にも用いられているそうです。

さらに、イトラコナゾールは血管新生(既存の血管から新たに血管が形成される過程のことで、がん細胞は自ら血管を増やす増殖因子を分泌して血管を新生する)を抑制する作用が他の抗真菌薬よりもはるかに高いという研究結果が発表されています。

これによって、がん転移の抑制に関してもイトラコナゾールは有効性があるということで、皮膚癌のように欧米で症例の非常に多い癌の治療薬としても注目されていますが、医療の現場で本格的に普及するのはこれからのようです。

副作用は?

イトラコナゾールは作用が強い分、副作用のリスクも高く、次のような症状が現れるとされています、

・ 消化器系

嘔吐、腹痛、下痢、食欲不振、消化不良

・ 神経系

頭痛、めまい

・ 皮膚系

発疹、かゆみ、じんましんなど

・ 血液系

白血球、血小板の減少、貧血など

・ その他

動機、発汗、のどの痛み、充血、脱力感、耳鳴り、尿糖など

それから、そのリスクの高さから、次に当てはまる方の服用には注意が必要とされています。

・ 新生児に対する障害の恐れがあり、妊婦・授乳婦への投与は不可

・ 小児への投与(有益性の方が上回る重症患者のみ使用可能)

・ 薬物過敏症患者

・ 肝・腎障害のある方

・ 高齢者

このように、イトラコナゾールの服用による体への負担は大きいので、定期的な肝臓や腎臓の検査と日々の注意が必要な薬とされています。

そのため、体の異変を感じたら、重篤な症状に発展する前に担当の医師に相談するようにしましょう。

スポンサーリンク

イトラコナゾールのパルス療法や使用禁忌薬について

イトラコナゾールの服用時には、パルス療法(短期大量間欠療法)という方法が採られることになっていますが、この療法は1週間ほど続けて薬を服用した後に、3週間ほど薬を飲むのをやめるというサイクルを3回繰り返す治療法のことです。

そして、従来の治療法では半年間毎日薬の服用が必要とされていたのですが、服用期間がかなり短くなったことになり、集中して服用することによってより効率的に高い効果を得られ、副作用のリスクを減らすことができるそうです。

服用するタイミング

イトラコナゾールのうち、内用液とカプセルでは適応症や用法も異なる上に、同じ量を服用しても血中濃度の変化が異なるので注意が必要です。

そして、内用液は食前に服用すると良い薬ですが、カプセルの場合は食前など空腹時に服用すると、薬の血中濃度が半分まで低下してしまい、治療の効果が半減してしまう可能性があるそうです。

その血中濃度の違いは

・ 食後…267.4ng/ml

・ 空腹時…148.4ng/mL

なので、かなり違うことが分かりますよね。

それから、イトラコナゾールは胃酸分泌量の増加や胃の蠕動運動(ぜんどううんどう)の活発化、食事の脂肪成分など、様々な要因によって吸収が助けられているので、何かしらちょっとお腹に入れてから薬を飲むという程度では十分ではないそうです。

そのため、イトラコナゾールを1日1回服用する場合は、朝・昼・夕の中で最も十分な量の食事をするタイミングで服用するようにしてください。

併用禁忌の薬は?

イトラコナゾールは、同じ水虫の治療薬でもラミシールなどと比べて圧倒的に併用禁忌薬が多い薬です。

・イトラコナゾールが、薬物の代謝に必要なCYP3A4という酵素の働きを阻害することにより、薬剤の代謝が阻害される薬

オーラップ、ベプリコール、キニジン、ハルシオン、リポバス、カルブロック、レザルタス、バイミカード、クリアミン、ジヒデルゴット、レビトラ、セララ、ロナセン、レバチオ、アドシルカ

・ イトラコナゾールが、毒性のある物質を細胞の外に排出するP糖タンパク質の働きを阻害することにより、薬剤の排出が抑制される薬

ラジレス、プラザキサ、イグザレルト

このように、イトラコナゾールは、CYP3A4による薬剤の代謝作用を阻害し、血中濃度を上昇させたり、薬剤の細胞外への排出を抑制するなど負の相互作用があるので、服用期間中はもちろんのこと、パルス療法における休薬期間中も服用については十分に注意する必要があるのです。

イトラコナゾール錠の薬価は?市販やジェネリックを購入する際の通販のオススメも

イトラコナゾール錠の薬価は、カプセル50mgが1錠あたり354.2円で、内用液1%が1mlあたり108円と決して安くない薬です。

そして、取り扱いに注意を要する薬なので、基本的には医師の処方がないと購入することができず、薬事法の関係で国内の薬局だけでなく、Amazonや楽天などインターネットの大手通販でも購入ができません。

そこでオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でイトラコナゾールのジェネリック「スポラル」を購入する方法です。

ただ、初めてインターネットの個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか心配になってしまう方も多いのではないでしょうか?

でも、オオサカ堂であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができますし、使っている方の口コミもあるので参考になりますよ。

また、気になるお値段ですが、スポラル100mgが4錠入って1箱あたり2,968円で、7箱だと4,768円で購入できるのでとってもお得ですよね。

ただ、症状によって用法や用量は異なりますし、使用に関する注意点の多い薬なので、初めて使用する方は病院で医師に処方してもうようにしてくださいね。

というわけで、イトラコナゾールのジェネリックを通販で購入するならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみて下さいね!

イトラコナゾールのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ