ジフルカンカプセルのカンジダ等への効果と副作用やジェネリック

体の免疫力が低下した時に引き起こされることの多いカンジダ症は意外と身近な症状で、特に女性の方は悩んでいる方が多いと思います。

ジフルカンカプセルは、そんなカンジダの症状に処方されることの多い薬なのですが、効果や副作用、カプセル100mgと静注液など点滴用のもの、点眼など薬の種類について知りたいのではないでしょうか。

それから、ジフルカンカプセルの薬価とジェネリックを購入する方法も気になりますよね。

そこで今回は、ジフルカンカプセルのカンジダ等への効果と副作用やジェネリックについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ジフルカンカプセルのカンジダ等への効果は?

ジフルカンには、真菌(カビ)の感染が原因となる膣炎などの症状を治療する薬で、ジフルカンカプセル100mg以外にもジフルカン静注液100mgや、感染性角膜炎を治療するための点眼薬など3種類の薬のタイプがあります。

そして、ジフルカンカプセルの場合、元々人間の体の中に存在している常在菌であるカンジダ菌が体の免疫力が低下した時に増殖し、皮膚や粘膜に感染することで引き起こされるカンジダ症の治療薬として使われることが多いのです。

それから、原因は色々ありますが、生活習慣の乱れや食生活や環境の変化、ステロイドや抗生物質の長期使用などでも引き起こされるので、一度治っても何度も繰り返してしまう方が少なくなく、感染する部位は、皮膚や口腔内の粘膜、性器など様々だそうです。

こうした症状は、ジフルカンカプセルを始めとしたカプセルタイプの薬の内服で治療することが多く、1日1回経口投与を行うことで原因菌を殺菌し、症状の改善効果を期待できるそうです。

スポンサーリンク

 ジフルカンカプセルの副作用は?

ジフルカンカプセルは副作用が比較的少ない薬と言われていますが、全くないわけではないそうで、カンジダ症の治療に使用する場合は下痢や悪心などの副作用が現れることが多いそうです。

そして、重篤な副作用は極まれにしか起こりませんが、血液障害や肝障害、急性腎不全、アナフィラキシーなどのショック症状が起こることもあるので、異変を感じたら服用を中止し病院を受診するようにしてください。

ジフルカンカプセルの薬価は?ジェネリックを購入する方法も

ジフルカンカプセルは100mgのものが1錠834円とかなり高価な薬で、ジェネリックであればその半額程度で購入ができますが、国内では医師の処方が必要な薬なので、病院を受診して医師に診断してもらわなければなりません。

でも、何度も繰り返し再発する可能性のあるカンジダなどの場合、何度も病院を受診して処方してもらうのも面倒だと感じる方が多いのではないでしょうか。

そこでオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でジフルカンのジェネリックを購入する方法です。

ただ、初めてインターネットの個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか心配になってしまう方も多いのではないでしょうか?

でも、オオサカ堂であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができますし、使っている方の口コミもあるので参考になりますよ。

また、気になるお値段ですが、ジフルカンのジェネリック50mgが28錠入って1箱あたり1,743円で、2箱だと2,839円で購入できるのでとってもお得ですよね。

ただ、症状によって用法や用量は異なるので、初めて利用する方は必ず病院で医師に処方してもらうようにしてください。

というわけで、ジフルカンカプセルを通販で購入するならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミも見てみて下さいね。

ジフルカンのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ