ニゾラールローションの頭皮などへの使い方と効果!市販や通販も

ニゾラールローションは、顔のニキビや水虫などの治療に使われるイミダゾール系の抗真菌薬で、ローションタイプの他にもクリームタイプがあります。

なので、ニゾラールローションの頭皮などへの使い方(塗り方)でシャンプーの後などやその効果、クリームとの違い、副作用について知りたいのではないでしょうか。

それから、ニゾラールローションの販売先として市販や通販についても気になりますよね。

そこで今回は、ニゾラールローションの頭皮などへの使い方と効果、また、市販や通販についても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ニゾラールローションの頭皮などへの使い方や効果は?クリームとの違いや副作用についても

ニゾラールは抗真菌薬の一種で、皮膚に真菌(カビ)が感染してしまった時に用いられ、水虫やたむし、カンジダなど、様々な症状の治療に効果があり、原因の菌を殺菌する作用があります。

そして、皮脂の多い部位に現れる真菌症のマラセチアにも効果があるので、ニキビや、おでこのブツブツである脂漏性皮膚炎の治療にも効果があるそうです。

それから、ニゾラールはローションとクリームタイプの塗り薬なので、塗った部分にだけ効果あるため全身に薬効が現れることがなく、大きな副作用もほとんど現れないのが特徴で、現れたとしても肌の発赤やかゆみなどが一時的に生じる程度と言われています。

また、ローションタイプとクリームタイプは同じ成分を配合していますが、使い勝手が異なります。

なので、顔のニキビなどにはクリームタイプの塗り薬が適していますが、足の間など塗り薬が塗りづらい部位の水虫や、頭皮の脂漏性皮膚炎にはローションタイプの方が広い範囲をカバーできるため、効果が高いそうです。

ニゾラールローションの頭皮などへの使い方(塗り方)は?

脂漏性皮膚炎の場合、頭皮のかゆみやフケなどの症状が現れますよね。

そして、こうした症状には、ニゾラールローションを1日2回、2gを目安にお風呂上がりに塗るとされています。

それから、女性など髪が長い方は、有効成分が患部まで届きにくい場合があるので、家族に塗ってもらうなど協力してもらうことをオススメします。

また使う際に、市販で販売されている脂漏性皮膚炎やフケ予防シャンプーなどを併用するとより効果的だそうです。

スポンサーリンク

ニゾラールローションの販売先は?市販もある?

ニゾラールローションは医師の処方が必要な医療用医薬品なので、薬局などで市販薬を購入することはできないそうです。

また、薬事法の関係でインターネット大手のAmazonや楽天でも販売されていません。

ですが、ニゾラールローションの処方薬の用量が1本にあたり10gなので、1回2g、1日2回を使うと、たったの2.5日間でなくなってしまうので、また処方してもらうために病院に行くのは嫌ですよね。

そこで、次の項目でニゾラールローションを通販でお得に購入する方法をチェックして、必要な分を確保しちゃいましょう。

 ニゾラールローションを通販でお得に購入するなら?

先ほど述べた通り、ニゾラールローションは国内の薬局や、Amazonなどでも購入ができないので、そこでオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でニゾラールローションのジェネリックであるケトコナゾールソルーション2%を購入する方法です。

ただ、初めてインターネットの個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか心配になってしまう方も多いのではないでしょうか?

でも、オオサカ堂であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができるので、使っている方の口コミもぜひのぞいてみてほしいです。

また、気になるお値段ですが、ケトコナゾールソルーション2%が25ml入って1本あたり2,204円で、2本買うと無料で1本ついてきて4,408円なので、まとめて購入した方がお買い得ですよね。

それに、25mlも入っていればたっぷり使えて安心ですし、水虫や脂漏性皮膚炎など、長期間の治療が必要な症状に悩んでいる方は、特にまとめ買いしてストックを持っておいた方が良いでしょう。

それから、併用するとさらに高い効果が期待できるニゾラールシャンプーもオオサカ堂で販売されているので、次の記事もチェックして、セットで買うのもオススメです!

(関連記事:ニゾラールシャンプーの使い方と効果や副作用!通販や混ぜる方法も)

というわけで、ニゾラールローションを通販で購入するなら、オオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂で口コミを見てみてくださいね!

ニゾラールローションのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ