クラビット500の効果と副作用!腎機能や小児に関する注意点も

クラビット500は、膀胱炎や副鼻腔炎、クラミジアなどの感染症にかかると病院で処方されることの多い抗菌薬の一種で、薬のタイプとしてはクラビット錠100mg、250mg、500mgがあります。

なので、クラビット500の効果・効能、下痢などの副作用、腎機能や小児と授乳期に関する注意点、風邪薬やロキソニンなど市販薬との飲み合わせ、耐性菌がついて薬が効かない場合、クラリスなどの抗生物質との違いについて知りたいのではないでしょうか。

それから、クラビットの薬価やジェネリックを購入する場合の通販のオススメも気になりますよね。

そこで今回は、クラビット500の効果と副作用、また、腎機能や小児に関する注意点についても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

クラビット500の効果や副作用は?

クラビット500はニューキノロン系の抗生物質の一つで、様々な菌に対して菌の増殖を抑制することで感染症の症状を改善する効果のある薬で、次の通り様々な症状に対して効能があるとされています。

・ リンパ管・リンパ節炎

・ 乳腺炎や肛門周囲膿傷

・ 咽頭炎、扁桃腺、急性気管支炎、肺炎

・ 膀胱炎や前立腺、尿道炎、子宮頸管炎、胆管炎

・ 感染性腸炎、腸チフスなど

・ 子宮内感染

・ 外耳炎や中耳炎、副鼻腔炎

・ 歯周組織炎や顎炎

このように、皮膚の感染から肺の感染や歯周病など守備範囲の広い薬で、風邪の時にも処方されることがあるそうですよ。

そして、クラビット500は非常に多くの感染症で使われる抗菌薬なので、治療に使われることで細菌を殺している最中にも耐性菌を増殖させています。

このことから、クラビット500のような幅広い感染症に有効な抗菌薬は、使えば使うほど耐性菌が増えていくということで、淋菌やクラミジア、溶連菌などの感染症でクラビットを使っても効かない場合が増えてきているそうです。

こうしたことを避けるためにも、クラビット500が何にでも効くからといって安易に使うのはやめるようにし、基本的には医師に処方してもらった時にのみ、指示通りに服用するようにしましょう。

クラリスとの違いは?

感染症の治療に処方される薬で、クラビット500と似たような名前の「クラリス」がありますが、クラリスの方はマクロライド系の抗生物質で、クラビット500はニューキノロン系の抗菌薬という違いがあります。

そして、どちらも適応菌種が広く色々な菌に有効とされていますが、それぞれ適応菌種には違いがあり、一概にどちらが強いとは言えないそうです。

副作用は?

クラビット500は比較的副作用の少ない薬ですが全くないわけではなく、次のような症状が報告されているそうです。

・ 食欲低下、吐き気

・ 下痢、腹部不快感、腹痛

・ 発疹

・ 不眠

・ めまい、頭痛

また、ごくまれな例ですが、アナフィラキシーショックを起こす場合もあるので、異変を感じたら服用を中止し、できるだけ早く病院を受診してください。

スポンサーリンク

クラビット500の飲み方の注意点!

クラビット500は、病気や症状に応じて適宜用法や用量が異なるのですが、一般的な例として成人の場合、1回1錠(500mg)を1日1回、14日間服用し、飲み忘れた場合は気づいた時にできるだけ早く飲んでも良いのですが、次の服用時間まで近い場合はスキップし、2回分を1回に飲まないようにしてください。

それから、もともと腎機能に障害を持っている方や不整脈、虚血性心疾患などの心疾患・てんかんなどの痙攣性疾患をお持ちの方や既住歴がある方は、医師に相談してから服用する必要があります。

さらに、幼児や妊娠中の方、授乳中の方は、重篤な疾患の場合にのみ服用するとの注意点があるので、この場合も医師に相談してから服用するようにしてください。

薬の飲み合わせに関する注意点は?

クラビット500に関して、風邪薬やロキソニンなどの組み合わせは基本的に問題はなく、医師の診断により処方される場合であれば併用しても問題ないそうですが、注意するべき点としては、特にクラビットとロキソニンを併用することで、神経の興奮を抑制する働きが阻害されてしまい、痙攣を起こす可能性があるそうです。

とは言えごくまれな例なので、一応医師に相談して問題なければ併用しても良いでしょう。

クラビット500の薬価は?ジェネリックを購入する場合の通販のオススメも

クラビット500の薬価は、第一三共の販売価格で1錠あたり415円のため、比較的高いお薬で、後発品のジェネリックであればその半額程度になりますが、必要な時に毎回病院を受診して処方してもらうのも面倒という方は多いですよね。

そこでオススメしたいのが、個人輸入代行のインターネット通販でクラビットのジェネリックである「レボタス」を購入する方法です。

ただ、初めてインターネットの個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか心配になってしまう方も多いのではないでしょうか。

でも、オオサカ堂であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができますし、使っている方の口コミもあるので参考になりますよ。

(オオサカ堂ではジェネリックではないクラビットの取り扱いもあります。)

また、気になるお値段ですが、レボタス250mgが5錠入って2箱で967円なのでかなりお買い得で、4箱だと1,519円、10箱だと2,233円と複数をまとめ買いするとさらにお得のようです。

ただ、何にでも服用する癖がつくと耐性菌がついてしまい薬効が薄れますし、服用に注意が必要な場合も多いので、初めて使用する場合は病院で医師の処方を受けてからにしてくださいね。

というわけで、クラビットのジェネリックを購入するならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみてくださいね!

クラビットのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

クラビットをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ