クラリスロマイシンの飲み方と副作用や膀胱炎やニキビ等への効果

クラリスロマイシンは、様々な細菌の増殖を抑える効果がある薬なので、クラミジアやマイコプラズマ、インフルエンザなどの感染症の治療薬として処方されることが多いです。

なので、クラリスロマイシンの飲み方や、ロキソニンなどとの飲み合わせの注意点、妊娠初期や授乳中に飲んでも良いか、小児用や下痢などの副作用について気になるのではないでしょうか。

また、クラリスロマイシンが効かない場合や、薬価についても知りたいですよね。

そこで今回は、クラリスロマイシンの飲み方と副作用、また、膀胱炎やニキビ等への効果についても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

クラリスロマイシンの効果・効能は?副作用も

クラリスロマイシンは体内に侵入した様々な細菌の一部に結合し、細菌のタンパク質の合成を妨げることで抗菌作用を発揮する薬なのですが、その作用の仕方は静菌作用と言われ、細菌を攻撃するのではなく、増殖を抑制するよう働きかけるそうです。

そして、ブドウ球菌、マイコプラズマ、肺炎球菌、連鎖球菌、ジフテリア菌、淋菌などによる感染症に有効です。

例えば、

・ 扁桃炎・咽頭炎・喉頭炎・気管支炎・マイコプラズマ肺炎などの呼吸器系の感染症

・ ニキビ、おできなどの皮膚感染症

・ 中耳炎や副鼻腔炎などの耳鼻科系の感染症

・ 乳腺炎・ジフテリア・破傷風・百日咳・淋病・梅毒・膀胱炎・クラミジアなどの感染症

といった病気に効能があります。

さらに、風邪の時やインフルエンザの時でも、医師に処方されることも少なくありません。

ただ、クラリスロマイシンは抗生物質なので、ウイルスが原因で発症する風邪やインフルエンザには効かないのと、処方される場合は、風邪やインフルエンザによる細菌への二次感染に備えた予防のためなので間違えないようにしましょう。

それから、薬の種類としては成人用のクラリスロマイシン以外に、クラリスロマイシンDS小児用10%というのもあるそうです。

副作用は?妊娠中・授乳中の服用についても

クラリスロマイシンは比較的副作用が少ない薬ですが、場合によっては重篤な副作用も見られることがあるそうです。

そして、最も多く見られる副作用としては、胃痛や吐き気・下痢といった胃腸障害で、次に多いのは痒みや発疹といった過敏症状や、倦怠感・発熱・頭痛・めまいといった風邪のような症状も現れるそうです。

それから、重篤な副作用の場合は、アナフィラキシーショックのようなけいれん・意識障害・難聴などが極稀に現れたり、長期間継続使用すると肝機能障害を起こす可能性もあるので、十分注意しましょう。

妊娠中・授乳中の服用は?

妊娠している方で、特に妊娠初期の方や、授乳中にクラリスロマイシンを服用すると、胎児が発育異常になったり、胎児毒性の可能性が出てきたり、母乳に薬の成分が移行するといわれているので、服用することはできません。

スポンサーリンク

クラリスロマイシンの飲み方の注意点は?

クラリスロマイシンは、症状や年齢によって異なりますが、一般的な例として、1日400mgを2回に分けて経口投与することとされています。

そして、小児の場合は1日体重1kgあたり10~15mgを2~3回に分けて経口投与するとされています。

飲み合わせのポイントは?

クラリスロマイシンは幅広い感染症に処方される薬ですが、他の病気に罹患していて、常用している薬がある場合は、次のような飲み合わせには注意があるそうなので、気をつけましょう。

・ オーラップ…統合失調症など

・ クリアミン・ジヒデルゴト…片頭痛など

・ アドシルカ…肺高血症など

・ スンべプラ、バニヘップ…C型肝炎など

・ べルソムラ…睡眠障害など

一方、市販でも販売されているロキソニンなどの解熱鎮痛剤や抗生物質の入っていない風邪薬であれば併用は問題ないそうです。

それから、クラリスロマイシンとアルコールには相互作用はないので、服用中に禁酒をする必要はないそうですよ。

 クラリスロマイシンの薬価は?ジェネリックを購入する場合の通販のオススメも

クラリスロマイシンは医師の処方が必要な薬なので、病院を受診して医師の診断の元に処方してもらい、購入する必要があり、薬価はクラリスロマイシン錠200mgで1錠あたり77.4円だそうです。

そして、インターネット大手の楽天やAmazonや、国内の薬局では薬事法の関係で購入することができないのですが、毎回病院を受診するのは面倒という方もいますよね。

そこでオススメなのが、個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」でクラリスロマイシンを購入する方法です。

ただ、初めてインターネットの個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか心配になってしまう方も多いのではないでしょうか?

でも、オオサカ堂であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができるので、使っている方の口コミもぜひのぞいてみてほしいです。

また、気になるお値段ですが、クラリスロマイシン250mgは4錠入って1箱あたり1,055円で、3箱だと1,700円、3箱だと2,462円となり、まとめ買いをした方がお買い得になりますよね。

ただ、症状や年齢によって用法・用量には違いがあるので、初めて使う場合は医師に相談してからにしてくださいね。

というわけで、クラリスロマイシンを購入するなら、オオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひこの機会に試してみてくださいね!

クラリスロマイシンをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ