ゾビラックス軟膏の効果と副作用!薬価と市販や通販のオススメも

ゾビラックスは、ヘルペスなどの治療薬として使われることの多い薬で、ゾビラックス軟膏5%やゾビラックスクリームなどと呼ばれています。

なので、ゾビラックス軟膏の目などへの効果と副作用や、バルトレックスとの違い、妊婦の使用に関する注意点について知りたいのではないでしょうか。

それから、ゾビラックス軟膏の薬価や市販・通販のオススメについても気になりますよね。

そこで今回は、ゾビラックス軟膏の効果と副作用、また、薬価と市販や通販のオススメについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ゾビラックス軟膏の効果と副作用は?

ゾビラックス軟膏は、1994年から発売されている塗り薬で、ヘルペスウイルスに感染することで現れる口唇ヘルペスや陰部ヘルペス、それから目のヘルペスの治療薬としても使われる抗ウイルス薬です。

そして、具体的にはヘルペスウイルスを殺すのではなく、あくまで増殖を抑制する作用があるので、発症初期に塗ることで高い効果が得られるとされています。

それから、ヘルペスウイルスだけでなく、ニキビの元であるアクネ菌を殺菌する効果もあるので、ニキビ跡を改善する目的で使用されることもあるようです。

また、ゾビラックス軟膏は内服薬ではなく、症状があるところに塗るタイプの外用薬なので、副作用が生じるリスクはほとんどなく、安全性の高い薬です。

ただ、全くゼロではなく、0.63%の発生率で、

・ かぶれ

・ 紅斑性発疹

・ かゆみ

などが現れるとされています。

バルトレックスとの違いは?

バルトレックスはゾビラックス同様、ヘルペスに効果のある薬ですが、バルトレックスは内服薬のみで、ゾビラックスには軟膏薬も内服薬もあるという違いがあります。

そして、基本的に効果・効能は同様で、稀にこの二つを併用した方が効果が得られると考える方がいるようですが、単に副作用のリスクを高めるだけなので、どちらか一方だけを使用するようにしましょう。

スポンサーリンク

ゾビラックス軟膏の使用上の注意は?

ゾビラックス軟膏の使い方はシンプルで、1日数回、適量を患部に塗るだけでOKで、何時間おきに塗るなどの注意はないのですが、長期間使用すると耐性ができてしまう可能性があるので、症状が改善されたら漫然と使い続けるのはやめましょう。

そして、ニキビ治療の場合は、白ニキビや黒ニキビなど初期のニキビであれば大体1週間ほどで改善されますし、赤ニキビであれば1~2週間ほどで改善されるそうです。

それから、化膿を伴うニキビにも有効で、2~3週間ほど塗れば治ることが多いそうです。

また、ゾビラックス軟膏は、妊婦の使用に関して「治療の有効性が危険性を上回る場合にのみ使用可能」とされているので、妊娠中や妊娠の可能性がある方は自己判断で使用せず、事前に医師に相談するようにしましょう。

ゾビラックス軟膏の薬価!市販はある?通販のオススメも

ゾビラックスの薬価はゾビラックス錠200のタイプで221円と、決して安くないですし、毎回病院を受診して処方してもらうのも面倒ですよね。

一方で、ゾビラックス軟膏と同じアシクロビルを主成分にした「アクチビア軟膏」や「ヘルペシアクリーム」なら市販で販売されているので、国内の薬局はもちろん、楽天やケンコーコムなどでも購入が可能です。

・ アクチビア軟膏(2g)…€1,100円

・ ヘルペシアクリーム(2g)…€1,100円

でも、必要な時に毎回病院を受診して処方してもらうのが面倒という方も多いですよね。

でも、ゾビラックス軟膏のジェネリック「アクロビルクリーム」5%なら、個人輸入代行のオオサカ堂でもっとお得に購入することができます。

ただ、初めてインターネットの個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか心配になってしまう方も多いのではないでしょうか?

でも、オオサカ堂であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができるので、使っている方の口コミもぜひのぞいてみてほしいです。

(オオサカ堂ではジェネリックではないゾビラックスクリームの取り扱いもあります。)

また、気になるお値段ですが、ゾビラックス軟膏のジェネリック「アクロビルクリーム」5%が10gも入って1本あたり1,784円で、2本だと2,867円、3本だと3,961円となり、まとめ買いをした方がお買い得になりますよね。

というわけで、ゾビラックスクリームを購入するなら、オオサカ堂でジェネリックを購入する方がオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみてくださいね!

ゾビラックスクリームのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

ゾビラックスクリームをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ