アベロックス錠400mgの副鼻腔炎などへの効果と副作用!薬価も

アベロックスはニューキノロン系の抗菌剤で、副鼻腔炎などの感染症や、クラミジアなどの性病にも効果のある薬です。

なので、アベロックス錠400mgには副作用はないのか、風邪にも効果があるのか、アルコールなど服用時の注意点や授乳期の注意点、ジェニナックとの違いについて知りたいのではないでしょうか。

それから、アベロックス錠400mgの薬価についても気になりますよね。

そこで今回は、アベロックス錠400mgの副鼻腔炎などへの効果と副作用、また、薬価についても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

アベロックス錠400mgの効果や副作用は?

アベロックス錠400mgは様々な細菌の増殖を抑制し、殺菌する働きのあるニューキノロン系の抗菌剤の一種で、

・ 咽頭炎

・ 熱傷や外傷への二次感染

・ 急性気管支炎

・ 肺炎

・ 副鼻腔炎

・ 扁桃炎

などの症状の改善に使われているそうです。

同じように効果のある抗菌剤として、ジェニナックなどもありますが、他の薬よりも副鼻腔への移行性が高く、アベロックス錠400mgが治療薬として選ばれることが最も多いそうです。

そして、副鼻腔の原因菌を殺菌することで、鼻づまりなどの症状を即効性高く改善することができるそうです。

また、これらの感染症以外にも、風邪の症状で処方されることもあるとのことです。

副作用は?

アベロックス錠400mgの副作用として報告されているものは、

・ 下痢

・ 腹痛、吐き気

が最も多く、消化器系の症状が現れることが多いようですね。

その他には、ごく稀な例ですが、不整脈や肝炎、めまい、カンジダ症などが現れたり、意識消失、肝機能障害、アナフィラキシー症状などが現れることがあるので、異変を感じたら服用を中止して医師に相談するようにしましょう。

スポンサーリンク

アベロックス錠400mgの使用上の注意は?

アベロックス錠400mgは、一般的な例として、1回400mgを1日1回、経口投与することとされています。

そして、服用時にアルコールを摂取すると、血中のアルコール濃度が高まることで薬効が弱くなり、耐性ができてしまったり、副作用のリスクが高まるので、アベロックス錠を服用している時に飲酒することは避けましょう。

また、アベロックス錠は妊娠、およびその可能性がある方や、授乳中の方はこの薬を服用することはできませんので、注意してください。

アベロックス錠400mgの薬価は?通販のオススメも

アベロックス錠400mgの薬価はバイエルから販売されているもので1錠あたり500円と非常に高いです。

そして、症状があるたびに病院を受診して医師に処方してもらうのも面倒に感じる方が多いようですね。

そこでオススメなのが、個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」でアベロックスのジェネリック「モキシプ」400mgを購入する方法です。

ただ、初めてインターネットの個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか心配になってしまう方も多いのではないでしょうか?

でも、オオサカ堂であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができるので、使っている方の口コミもぜひのぞいてみてほしいです。

また、気になるお値段ですが、アベロックスのジェネリック「モキシプ」400mgは10錠入って1箱あたり3,062円で、2箱だと3,961円、3箱だと5,999円となり、まとめ買いをした方がお買い得になりますよね。

というわけで、アベロックスのジェネリックを購入するなら、オオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみてくださいね!

アベロックスのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ