梅毒の検査はいつから?方法と時間や期間!費用と自宅用キットも

過去には不治の病として知られていた性病の一つである梅毒ですが、現在では早期治療を行うことによって完治も難しくなくなってきているそうです。

なので、梅毒の検査方法で保健所や病院やキットと、検査にかかる期間や費用、いつから受けるべきといった時期やタイミングについても知りたいのではないでしょうか。

それから、梅毒の結果でRPRやTPHRなど、項目の数値についても見方が気になりますよね。

そこで今回は、梅毒の検査はいつから受けるべきなのか、方法と時間や期間、また、費用と自宅用キットについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

梅毒の検査方法や費用は?タイミングや検査期間も

梅毒は、昔は不治の病として知られていた性感染症の一つですが、抗生物質の普及によって以前のように恐れられることはなくなりました。

しかし、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染との相関関係が高いので注意が必要な病気とされています。

それから、国立感染症研究所の年間報告数を参照すると、2010年から患者数は増加傾向にあり、2010年は621人だったのに対し、2015年の梅毒患者数は過去最高の2,697人を記録したとされていて、この5年間で感染が急速に拡大しているのが分かりますよね。

そして、梅毒に感染するとHIVにも感染しやすくなるため、早期の治療が非常に大切な病気の一つなので、今回は梅毒の検査方法について詳しくチェックしていきましょう。

ちなみに、梅毒の感染経路や症状、治療については次の記事でお伝えしているので、続けてチェックしてみてくださいね。

(関連記事:梅毒の感染源と経路や確率!潜伏期間と感染力!風呂や唾液は危険?についての記事はコチラ!)

(関連記事:梅毒の初期症状で男性と女性の場合!かゆみやしこりの注意点も!についての記事はコチラ!

(関連記事:梅毒の治療法と治療費と期間や完治の見込み!中や後の性行為は?についての記事はコチラ!)

梅毒の検査方法!いつ受けるべき?

梅毒の検査をする場合は、病院や保健所で採血を行った上で、次の2つの方法で検査を行います。

・ STS法(ワッセルマン反応、緒方法、ガラス板法)

牛から採取したカルジオリピンという脂質を抗原とし、血清の中の抗体と反応するかどうかによって感染の有無を調べます。

・ TP抗原法(TPHAテスト、FTA-ABSテスト)

梅毒の病原体そのものを抗原として、血清を加えて反応を見るテスト方法です。

そして、STSは感染から4週間前後で陽性になるので、感染の可能性があった日から1ヶ月ほどおいてから検査を受ける必要があり、一方でTPはさらに時間を要するため、一般的には梅毒のスクリーニング検査にはSTSが用いられることが多いそうです。

それから、STSで検査を都度行うことで治療の進行度合いを見る目安にもなるので、治療中の検査としても活用されているそうです。

梅毒の検査はどこで受けられる?

梅毒の検査は、保健所と病院で受けることができます。

そして、保健所は料金が無料になりますが、即日で受けられることが少なく営業時間も限られているため、あらかじめ自治体に問い合わせて予約してから行く必要があります。

一方で、病院の性病科であれば営業時間内なら基本的にいつでも受けられますが、1回の検査におおよそ3,000円程度かかり、保険適応の場合はその3割が自己負担額になるそうです。

それから、病院や保健所に行く時間がなかったり、人に対面して検査を受けるのが恥ずかしいと感じる方のために最近では自宅でできる検査キットも発売されており、種類にもよりますが検査キットは3,000円代から10,000円代のものが多いようです。

そして、検査をしたら保健所や病院などの医療機関に送付して、医療従事者によって正確な判定を受けることができるので、正確さについても問題ありません。

なので、気になる方は検査キットで試してみても良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

梅毒の検査で結果の見方は?

梅毒の検査を受けたら、検査結果の書類の見方について予め知っておきたいですよね。

梅毒の検査には、前述の通り、STS法とTP抗原法の2種類があり、STSではRPR、TPではTPHAという抗体値の高さで陰性か陽性かを判断します。

なので、上の一覧表を見て陰性と表示されたとしても、どの程度の値に自分が属しているのか確認すると良いでしょう。

梅毒の検査キットなら、個人輸入代行の「オオサカ堂」もオススメ!

梅毒は早期治療を行うことで、完治を目指すことのできる性感染症です。

なので、病院や保健所などへ行く勇気がない方や時間がない方は、自宅でできる検査キットを活用して医療機関に送付しチェックする方法でも良いですし、海外製の商品であれば自宅でセルフチェックできるものも販売されています。

そこでオススメしたいのが、個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」で「梅毒自宅検査キット」を購入する方法です。

ただ、初めてインターネットの個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか心配になってしまう方もいますよね。

でも、「オオサカ堂」であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができるので、口コミを見れば多くのユーザーが安心して購入し使用できていることを確かめてもらえると思います。

ちなみに、梅毒自宅検査キットの気になるお値段ですが、1セット1,603円で、2セットだと2,404円、6セットだと5,296円とまとめ買いした方がお買い得になるようです。

ただし、医療機関での検査と違ってあくまで簡易的な検査になるので、もしも陽性と出たり陰性だとしても体調が悪いようであれば、病院で正式な検査も受けるようにしてくださいね。

というわけで、梅毒自宅検査キットを購入するならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミも見てみてくださいね!

梅毒セルフ検査キットをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ