梅毒の初期症状で男性と女性の場合!かゆみやしこりの注意点も

梅毒は、昔に比べて治療による完治の可能性が高まり、それほど怖い病気ではなくなりましたが、近年では感染例の増加についての指摘もある性感染症の一つです。

なので、そもそも梅毒とは何かといったことや、梅毒の初期症状でかゆみやしこり、鼻や口、喉、皮膚に現れる症状、男性と女性の違い、末期の症状についても知りたいのではないでしょうか。

それから、梅毒で症状なしの場合もあるのかといったことについて気になりますよね。

そこで今回は、梅毒の初期症状で男性と女性の場合、また、かゆみやしこりの注意点などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

梅毒とは?症状の進行具合について

梅毒は、トレポネーマという病原菌により感染し、病原菌が皮膚や粘膜の傷口から侵入し、血管へと入って全身へと広がるとされています。

そして、感染経路としては性行為が知られていますが、通常のセックスだけではなく、アナルセックスやオーラルセックスでも感染するので、性交渉の経験がある方なら誰でも感染の可能性がある病気です。

それから、母子感染もあるのですが、これによって胎児へ起こる先天梅毒は、現在では妊婦健診を行うことによってほとんど起こらなくなったそうです。

どんな症状が出る?

梅毒は、性行為などにより感染した日から、全部で4段階で進行していくとされていて、男女ともにそれぞれの段階で次のような症状が現れます。

1, 第1期梅毒(感染して約3週間後の初期症状)

・ 痛みやかゆみのないしこり

性器や口、肛門、手の指、鼻の穴、口や喉など感染した部位の皮膚や粘膜に、軟骨の硬さ程度で、小豆から人差し指の先くらいまでの大きさのしこりができます。

その後、しこりの中心部が硬く盛り上がるのですが、痛みはともなわないとされています。

・ 痛みのないリンパ節の腫れ

太ももの付け根の部分も腫れます。

2, 第2期梅毒(感染して約3ヶ月後)

病原菌が血液に入ると、全身に広がっていきます。

・ ピンク色の円形のあざ

体の中心線にあたる部分を中心に、顔や手足にピンク色の円形のあざが現れます。

・ 赤茶色の盛り上がったブツブツ

小豆からエンドウ豆くらいのサイズのブツブツが全身に現れます。

・ 脱毛症状

3ヶ月目から3年の間は脱毛症状が続きますが、自然に消えてその後はしばらく無症状が続きます。

3, 第3期梅毒(感染して約3年以上経過)

・ かゆみやしこりが現れる

皮下組織にできる大きめのしこりで、結節性梅毒疹やゴム腫などと言われるそうです。

4, 第4期梅毒(末期症状)

感染してから10年以上経過した後の期間で、心臓や血管、神経、目などの中枢神経にまで及び、脳がおかされると進行性麻痺となり、言語障害や誇大妄想、判断不能状態など、痴呆状態が現れ、日常生活は困難となり最後は死に至るとされています。

しかし現在では、抗生物質の治療によって第3期以降の後期の症状はほとんど現れることなく治るとされています。

それから、梅毒の感染で男性と女性という症状の違いで目立つものはあまりなく、ほとんど共通しているのですが、男性と女性では持っている性器が異なるので、初期症状の「しこり」が現れる部位が違うそうです。

スポンサーリンク

梅毒感染者の1/3は無症候!?

梅毒は、HIVと重複感染すると重症化し、通常よりもかなり速いスピードで第三期まで進行することがあり、第一期梅毒の症状が無症状であることが多く、第二期梅毒の症状が現れてから梅毒と診断されることがあるそうです。

もちろん、第二期で梅毒の症状が発見されてからでも治療は可能ですが、この第二期が梅毒の感染力が最も強い時期なので、パートナーなど性行為の相手にうつしてしまっている危険性があります。

そのため、発見した時点でパートナーも梅毒の検査を受け、できるだけ早く治療を開始することをオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、梅毒の初期症状で男性と女性の場合、また、かゆみやしこりの注意点についても詳しくお伝えしました。

梅毒とは、トレポネーマ菌が性行為を通じて皮膚の傷口や粘膜を介して感染し、初期症状は感染した性器や口などの粘膜などにかゆみのないしこりが現れることが特徴で、性別によって現れる部位に違いがあるとのことでした。

そして、第2期に入ると皮膚のブツブツが現れたり、第3期ではかゆみや大きめのしこりが現れ、第4期に入ると末期で、心臓など中枢神経に影響するのですが、現在では治療することで第3期以降になることはほとんどないのでしたね。

一方で、HIV感染と合併すると進行が早くなり、初期症状が無症状なので発見が遅れることが多いので、自分の治療はもちろんパートナーの検査についても早く取りかかると良いとのことでした。

というわけで、梅毒の検査について気になった方は次の記事もチェックしましょう!
↓ ↓ ↓
「梅毒の検査はいつから?方法と時期や期間!費用と自宅用キットも」についての記事はコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ