バイアグラの飲み方と効果や副作用!食事やお酒の注意点も!

ED治療薬の中で世界的に最も有名な医薬品がバイアグラですが、夢のような薬というイメージが強く、飲み方や具体的な効果について知らない方が多いですよね。

なので、バイアグラとは何か、成分や、勃起の持続や早漏防止などへの効果・効能や副作用、飲み方のポイントとして、食事やお酒の注意点、空腹時などタイミングや、シアリスやレビトラとの違いについて知りたいのではないでしょうか。

それから、バイアグラは薬局で買えるのか、病院での処方箋や女性用、ジェネリックを個人輸入代行で購入する際の通販のオススメも気になりますよね。

そこで今回は、バイアグラの飲み方と効果や副作用、また、食事やお酒の注意点についても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

バイアグラとは何か?成分や効果、副作用も!

バイアグラとは、ED治療薬として世界で初めて製品化され、1998年1月にアメリカで発売された医薬品で、知らない方はほとんどいないほど有名なのではないでしょうか。

そして、その有効成分は「シルデナフィル」で、勃起不全を改善する以外にも、肺動脈性高脂血症の治療薬としての効果・効能が認められており、日本の厚労省から認可され、2008年以降販売されているのです。

それから、勃起不全改善については、具体的には次のように効果をもたらすとされています。

例えば、常に勃起が続いているようでは生活に支障が現れてしまうため、人間の体内には勃起を抑える酵素があるのですが、この酵素が優勢のままでいると「勃起不全」という状態になってしまうので、バイアグラでは、この勃起抑制酵素を妨げる働きをします。

そして、これによって勃起を持続させる効果と、早漏などを防止する効果も期待できるそうです。

この際、性的興奮を脳が感じない限り勃起には至らず、バイアグラを飲んだからといってずっと勃起したままにはならないので、勘違いしないようにしましょう。

なので、いわゆる精力剤や媚薬のようなものとは異なり、あくまで血流を改善し、勃起を促すサポート薬なのですね。

従って、そもそも陰茎を持たない女性用のバイアグラは存在しません。

また、血流が良くなることによって女性器周辺の神経が敏感になるので、性的感度が上がるという意見が一部あるようですが、医学的な裏付けはまだないようです。

バイアグラの副作用は?

バイアグラの服用によって現れる副作用としては、次のような症状が報告されているそうです。

・ 気分が悪くなる

・ 頭痛

・ 発赤

・ 消化不良

このほかにも、光に過敏になる、色が変化して見えるなど、一時的に目に影響が現れることもあるようです。

そして、この他にも副作用が現れることがあるので、異変を感じたらできるだけ早く服用を中止し、医師に相談しましょう。

また、勃起が長く持続し、陰茎がダメージを受けて勃起機能を失うリスクもなくはないので、バイアグラを服用してから4時間以上勃起が持続するようなら、すぐに医師に相談してください。

バイアグラの飲み方のポイントは?

バイアグラは25mg錠と50mg錠があり、基本的には25mg錠を1日1回服用するだけで効果が5~6時間持続するとされています。

そして、飲むタイミングはできるだけ空腹時に服用することが望ましいとされていて、これは食事の影響を受けやすく、食中や食後に飲んでしまうと、副作用が現れやすくなったり、バイアグラの薬の効き目が弱まることがあるそうです。

次に気をつけたいのがアルコールの摂取で、これによってバイアグラの薬効が全くゼロになることもあるそうなので、飲酒は控えた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

バイアグラとシアリスやレビトラとの違いは?

ED治療薬といっても、バイアグラ以外にシアリスやレビトラといった治療薬がありますが、これらとは具体的にどのような効能・効果の違いがあるのか気になりますよね。

まず、バイアグラ・シアリス・レビトラの中で最も古いのがバイアグラで、シアリスはバイアグラを改善してできた治療薬、そしてレビトラはバイアグラやシアリスとは成分も効能なども異なるED治療薬です。

・レビトラとの違いは?

レビトラは、バイアグラの「食事の影響を受けやすい」という欠点を解消した薬で、標準的な食事の影響はない(ただし、総エネルギーに占める脂肪の割合が30%以下の場合に限る)ので、服用のシーンをそれほど気にしなくて済むようですね。

それから、レビトラの成分や働きや作用はバイアグラと基本的に同じですが、若干即効性が高く、効力が強いという研究結果も出ているそうなので、自分の体質に合うものを服用するようにしましょう。

・シアリスとの違いは?

シアリスは、バイアグラやレビトラと勃起不全へ同じような作用があり、働きや効果の現れ方も同じなのですが、有効成分がタダラフィルといって、効果の持続時間が24~36時間とずば抜けて長いことがポイントです。

とはいえ、バイアグラなどと同様、性的な刺激がなければ勃起しないので、効果が持続している間に性的な刺激を与えれば勃起しますが、何もしなければ持続性勃起が起きることはありません。

それから、食事の影響も受けにくいので、軽い食事の後(ただし目安としてエネルギーが800kcal以下の場合に限る)であれば服用することもできるそうです。

このように、3種類の中でも色々な違いがありますが、効果には個人差があるので、いくつか試してみて体質に合う物を使うのが一番良いのではないでしょうか。

バイアグラはどこで買える?ジェネリックを購入する場合の通販のオススメも

バイアグラはこれだけ有名なので、薬局で購入できるかも?と思う方もいるかもしれないのですが、市販では購入することはできません。

なので、病院で処方箋を書いてもらい、購入するしかないのですが、保険適応にはならないため、自己負担になり、薬の購入代だけでもバカになりません。

そこでオススメしたいのが、個人輸入代行のインターネット通販の「オオサカ堂」でバイアグラのジェネリック「カベルタ」100mgを購入する方法です。

ただ、初めてインターネットの個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか心配になってしまう方もいますよね。

でも、「オオサカ堂」であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができるので、口コミを見れば多くのユーザーが安心して購入し使用できていることを確かめてもらえると思います。

(オオサカ堂ではジェネリックではないバイアグラの取り扱いもあります。)

ちなみに、カベルタ100mgの気になるお値段ですが、1箱1,926円で、2箱だと2,944円、3箱だと3,962円とまとめ買いでお買い得になるので、常備しておきたい方にはオススメですね。

というわけで、バイアグラのジェネリックを購入するなら、オオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみてくださいね!

バイアグラのジェネリック(カベルタ)をオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ