クラミジア肺炎の原因や症状と感染経路(大人と子供)性病と関係は?

クラミジアと聞くと性病の印象が強いですが、実は肺炎の原因になることがあります。

なので、クラミジア肺炎の原因や症状、検査などの診断方法や感染経路で大人と子供の場合などについて知りたいのではないでしょうか。

それから、クラミジア肺炎の治療方法についても気になりますよね。

そこで今回は、クラミジア肺炎の原因や症状と感染経路(大人と子供)、また、性病と関係はあるのかといったことなどについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

クラミジア肺炎の原因は?性病との関係や症状についても

クラミジア肺炎とは、クラミジアの原因となる細菌が肺などの呼吸器に感染して起きる感染症で、感染する部位も扁桃腺や気管支、肺など様々だそうです。

それから、感染するクラミジアも大きく分けて次の通り2種類あり、現れる症状や時期なども異なります。

・ クラミジア・ニューモニアエ(肺炎クラミジア)

通称「肺炎クラミジア」と呼ばれる細菌で、子供から大人まで感染するリスクがあり、38度程度の熱が続き、喉の痛みや渇いた咳、鼻水や鼻づまりといった風邪のような症状が起きることが特徴です。

そして、くしゃみや咳などによって集団感染も起こすので、幼稚園や保育園、小学校など集団行動をする場で流行することが多いようです。

なので、性病と間違えられがちですが、これは間接的に感染するものですね。

・ クラミジア・トラコマティス

クラミジア・トラコマティスは、主に目や鼻の粘膜、性器などに感染を起こす細菌で、クラミジアに感染している妊婦が出産する際に胎児が産道で感染し新生児のみに見られるそうなので、性病とは無関係ではありませんがこれも間接的といえます。

そして、発熱は現れないのですが結膜炎や鼻炎などが起こることが多く、悪化すると咳や呼吸困難などが起こります。

クラミジア肺炎の検査方法は?

クラミジア・トラコマティスで新生児が肺炎を起こしている場合は、血液検査で体内の抗体検査を行い、胸部レントゲンを撮って肺の状態もチェックして総合的に判断し診断するそうです。

そして、クラミジア・ニューモニアエの肺炎の場合でも、咳などの症状の確認後に胸部レントゲンを撮り、合わせて血液検査や病原体の検査を行って総合的に診断するそうです。

このように、クラミジア肺炎の場合は胸部レントゲン検査が必要になるので、病院の受診が必須になりますが、クラミジアの抗体検査自体は自宅で自分でもできる検査キットが市販で販売されているので便利ですよ。

なので詳しく知りたい方は、次の記事で紹介しているのでチェックしてみましょう。

(関連記事:クラミジア検査はいつから?方法や時間とキット等の費用!痛い?」についての記事はコチラ!

クラミジア肺炎の治療方法は?

クラミジア肺炎の治療は、細菌の増殖を抑制するために抗生剤を投与する内服治療で、マクロライド系やテトラサイクリン系などの抗生剤が処方されることが多いそうです。

そして、2週間ほどは服用を継続しながら、喉の痛みや鼻水、咳などの症状に対してはその都度症状を和らげるための対症療法も行うそうです。

スポンサーリンク

クラミジア肺炎の予防法は?

クラミジア肺炎は子供も感染することがあるのでかわいそうですよね。

でも、クラミジア・トラコマティスに関しては、妊婦や妊娠を控えている女性がクラミジア検査を早めに行い治療することで防ぐことができます。

一方で、クラミジア・ニューモニアエはくしゃみや咳などの飛沫感染で移ってしまうので、日頃から手洗いやうがいを徹底することでしか予防することができず、病原菌が口や鼻などから入り込まないように、子供が小さいうちは人混みを避け、マスクの着用などもするようにしましょう。

それから、免疫力が落ちていると感染率が高まるので、子供に無理をさせないようにし適度に休息を取らせるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、クラミジア肺炎の原因や症状と感染経路(大人と子供)、また、性病と関係などについて詳しくお伝えしました。

クラミジア肺炎は原因菌によって2種類に分かれ、クラミジア・トラコマティスの場合は感染している妊婦から産道を通じて新生児のみに感染し、結膜炎から呼吸器官の症状が現れるのに対して、クラミジア・ニューモニアエの場合は子供から大人まで飛沫感染し呼吸器官や鼻水、微熱など風邪のような症状が現れるのでした。

そして、クラミジア細菌の抗体検査に加えて、病院で胸部レントゲンなどを撮り総合的に判断するのですが、最近では自宅でできる検査キットも販売されているのでしたね。

それから、抗生物質を服用し対症療法を行うことで治療するとのことでした。

こうしたクラミジアは妊婦の早期のクラミジア治療や、子供には手洗いやうがいの徹底で予防できるので日頃から注意し、次の記事もチェックして早めに検査をしましょう!
↓ ↓ ↓
「クラミジア検査はいつから?方法や時間とキット等の費用!痛い?」についての記事はコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ