クラミジア検査はいつから?方法や時間とキット等の費用!痛い?

性感染症の一つであるクラミジアは、自覚症状が少ないので、気づかぬうちに感染が広がってしまうことがあります。

なので、クラミジア検査をやってみようと思っている方は、その検査方法で男性の場合と女性の場合、検査キットや、血液検査、尿検査、抗原検査、検査時間や結果が出るまでの期間などが知りたいのではないでしょうか。

それから、クラミジア検査は保険が適応なのか、費用なども気になりますよね。

そこで今回は、クラミジア検査はいつから行うのが良いのか、方法や時間とキットなどの費用、また、痛いのか、といったことなどについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

クラミジアの検査方法は?

性感染症は性交渉の経験がある方なら誰にでもリスクがありますが、クラミジアは最も多い性感染症なのにも関わらず、感染者の半数以上に自覚症状が現れないので、知らぬうちに感染を広げてしまうリスクのある病気です。

そして、感染者の男女比を比べると、男性よりも女性の方が2倍以上多いことで知られているそうです。

それから、女性の場合は感染から1~3週間で子宮頸管に炎症が起こり、次のような症状が現れます。

・ おりもの

・ 不正出血(生理以外の出血)

・ 下腹部痛

・ 性交痛

そして、女性は妊娠をすると、いくつかの感染症の検査を行いますが、その中でもクラミジア感染は胎児への影響があるので、早めに検査を受けることが大切とされています。

そのため、妊婦さんで感染の可能性を感じている方は、できるだけ早くかかりつけの医師に相談するようにしましょう。

それに比べて、男性は尿道から膿のような分泌物が出たり、かゆみや不快感があることもありますが、症状は軽いのでほとんど気づくことはないようです。

それから、クラミジアの原因はクラミジア・トラコマティスという細菌で、体液を通じてオーラルセックスやアナルセックスなどでも感染することがあるとされています。

さらに、性交以外にも、クラミジアが含まれている分泌液が手や指についている状態で、目に触れると結膜炎を起こすこともあるので、怖いですよね。

クラミジア検査は男女で違う?

男性は性器と排尿器官が同一で、尿道にクラミジアが感染するため、尿検査を行いますが、女性は排尿器官ではなく、内臓である子宮へと続く独立した器官にクラミジアが感染するので、女性の検査対象は子宮頸管の分泌物などになります。

こうしたことから、男女では検査の対象が異なり、検査方法も共通しているものもありますが、基本的に異なります。

ちなみに、昔は「尿道を綿棒でほじくられるのですごく痛い」と言われていたことがありますが、現在では医療技術の改善によって検査の際に痛みを感じることはないそうなので、安心してくださいね。

詳しい検査方法は?

クラミジア感染症の検査では、男性の場合は尿を採取し、女性の場合は子宮頸管を綿棒でこすって分泌物を採取し、クラミジア菌の感染の有無について「抗原検査」を行います。

そして、特に女性は子宮頸管部より内部の卵管やお腹の中に菌がいる場合、この抗原検査では見つけることができず、結果が陰性となる場合があります。

そのため、抗原検査は基本とし、それに加えて抗体検査といって、これまでに感染したことがあるかどうかを調べるために血液検査を行います。

・ のどのクラミジア検査もある

クラミジア感染者とオーラルセックスを行った場合は、のどにクラミジアが感染する場合もあるので、「スワブ法」と「うがい液法」の2つの検査方法で咽頭の検査を行います。

そして、前者は咽頭部の粘液をぬぐい、後者はガラガラとうがいをして、吐き出したものを検体として調べるそうです。

それから、この場合は耳鼻咽喉科を受診することになりますので間違えないようにしましょう。

スポンサーリンク

クラミジア検査はいつから?かかる時間や費用などについて

クラミジア検査を病院で行うと、診察から検査、処方薬の薬代まで含めて、保険適応で3割負担の場合は3,000円前後で済むそうです。

そして、抗原検査で女性の場合は、30分後に結果が出る即日検査ですが、男性の場合は尿検査なので結果が翌日になるそうです。

なのでパートナーと一緒に検査を受けた場合、女性が陰性であったとしても男性の結果が分かるまでは性行為を控えると良いでしょう。

それから、抗体検査を行った場合は、費用は保険適応で5,000円程度のようですが、結果が現れるまでに最低でも1週間はかかるようです。

また、保健所でもクラミジア検査を受けることができ、費用は無料なのですが、HIV以外は即日で実施しているところはほとんどないので、検査結果を確認しに検査の2週間後に改めて保健所に行く必要があるそうです。

検査を受けるタイミングは?

抗原検査の場合は、感染の機会から2~3日ほど経ってから検査を受けるのが適切とされていますが、抗体検査については、性交から1ヶ月おいてから検査を受ける必要があります。

そのため、どの検査を受けるかによって病院で医師と相談し、タイミングを確認してから受診すると良いでしょう。

検査キットを使えば自宅でもクラミジア検査ができる?オススメのキットの購入方法も

忙しくて病院を受診する時間がなかったり、病院で性病科を受診するのが恥ずかしい方のために、自宅で検査ができる検査キットも販売されていることをご存知でしょうか?

そして、方法も簡単で、指示に従って膣内からおりものを採取(男性の場合は尿を採取)し、検査会社へ返送すれば、数日後に検査結果が通知される仕組みのものが多いようですね。

それから、インターネットの通販サイトで様々なクラミジア検査キットが販売されていますが、保険適応にならないので全額自己負担になり、物によっては高くついてしまいます。

そこでオススメしたいのが、個人輸入代行のインターネット通販の「オオサカ堂」でクラミジア検査キット「Strong Step」を購入する方法です。

このStrong Stepは、男女両方で使うことができ、1箱3回分入って2,500円で購入することができるため、自分自身で検体を採取して、15分後には色線で結果が現れるので、即日で診断することができます。

ただし、妊娠中の場合や、生理中の場合は使用ができなかったり、このキットはあくまで性病用で、クラミジア肺炎や咽頭クラミジアには適用していないので、あくまで簡易的な検査になることを理解して使うようにしましょう。

ちなみに、初めてインターネットの個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか心配になってしまう方もいますよね。

でも、「オオサカ堂」であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができるので、口コミを見れば多くのユーザーが安心して購入し使用できていることを確かめてもらえると思います。

というわけで、クラミジア検査キットを購入するなら、オオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみてくださいね!

クラミジア検査キットをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ