フルチカゾン点鼻薬の効果と副作用!小児用や市販のオススメも!

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91花粉症の方は、慢性的なくしゃみや鼻水などがつらいので、体質に合った点鼻薬があると嬉しいですよね。

なので、フルチカゾンのステロイド点鼻薬で「杏林」、「アメル」、「イセイ」や、小児用の「サワイ」などの効果や副作用、妊婦でも使えるのかといったことについて知りたいのではないでしょうか。

それから、フルチカゾン点鼻薬で市販のオススメや、病院での薬価などについても気になりますよね。

そこで今回は、フルチカゾン点鼻薬の効果と副作用、小児用や市販のオススメについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

フルチカゾン点鼻薬の効果は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

フルチカゾンは、フルカナーゼ点鼻薬の主成分であるステロイドの一種で、アレルギー性鼻炎や、花粉症対策として耳鼻科で処方されています。

このフルチカゾンは、アレルギー症状の元になるのがヒスタミンという物質なので、鼻粘膜のヒスタミンを減少させるように働きかけることで、くしゃみや鼻水、鼻づまりといったアレルギーの症状を改善させる効果があります。

それから、一般的なアレルギー鼻炎対処用の薬に比べて効果が高く、副鼻腔炎や花粉症の場合も処方されることがあるそうです。

そして、フルチカゾン点鼻薬は耳鼻科で処方されるものに、フルチカゾン点鼻薬のジェネリックで50ugの「杏林」や「アメル」「イセイ」があり、それぞれ28噴霧用と56噴霧用があるのですが、フルチカゾン点鼻薬「サワイ」は小児用となっています。

妊婦は服用できる?

妊娠している方は、お腹の中の胎児への影響を考えると、点鼻薬を使っていいのか心配になってしまいますよね。

そして、フルチカゾン点鼻薬に関しては

「安全性は確立されていないが、治療上の有益性が危険性を上回ると判断された場合は、投与する」

という扱いになっているそうです。

そのため、元々フルチカゾン点鼻薬を使用していた方や、花粉症をお持ちの方が妊娠した場合は、医師に相談して別の薬に替えるなど検討した方が安全のようです。

スポンサーリンク

フルチカゾン点鼻薬の副作用は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

フルチカゾン点鼻薬は、内服ではなく鼻粘膜に直接噴射して使用する薬なので、内服に比べれば体内への影響が少なく、副作用は少ないとされています。

ただ、全くゼロというわけではなく、次のような副作用が多く報告されているそうなので、チェックしてみましょう。

・ 鼻への刺激感

・ 鼻の痛み

・ 鼻腔内の乾燥

・ 不快臭

・ 発疹

・ むくみ

・ 鼻出血

また、このほかにも重篤な副作用として

・呼吸困難

・全身の発赤

・血管浮腫

・目や口の周りの腫れ

・じんましんなどのアナフィラキシー症状

が現れることがあるので、この場合はすぐに服用を中止して、医師に相談しましょう。

フルチカゾン点鼻薬を購入するならジェネリックもオススメ!通販についても

ジェネリックのフルチカゾン点鼻薬は、先発品のフルナーゼ点鼻薬に比べれば、先発が1,385円/瓶なのに対し、ジェネリックだと880円前後になるのでだいぶ安いですよね。

ただ、1本8mlしか入っていないので、ひどい鼻炎で慢性的に症状に悩んでいる方は、常備薬として持っておきたいのに、毎回病院を受診して処方してもらうのは面倒だと感じているのではないでしょうか。

そこでオススメなのが、名前は違うけれど、成分や効果は同じものが期待できる「フルチカゾン点鼻薬」という海外製の商品をオオサカ堂で購入する方法です。

とはいえ、初めて個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全に購入できるのか不安になってしまいますよね。

でも、「オオサカ堂」であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができますよ。

それから、フルチカゾン点鼻薬の気になるお値段ですが、1本50mcg(120回分)で2,187円で、2本だと3,686円となり、まとめ買いをする際にオススメです。

ただし、個人で購入し投与を考えている場合は、小児だと投与の量などが成人と異なるので、事前に医師に相談してから使用した方が安全です。

というわけで、フルチカゾン点鼻薬を安く購入するならオオサカ堂がオススメなので、暖かくなる前に早めに購入をお考えの方は、オオサカ堂のサイトで口コミを見てみてくださいね。

フルチカゾン点鼻薬をオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ