バスパーの飲み方と効果や副作用!半減期やデパスなどとの違いも

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91うつ症状などで悩んでいる方の中には、自分に合った薬を探して色々と試している方も多いと思います。

バスパーは、そんな方にオススメの抗不安薬の一つなのですが、その睡眠薬としての効果や効果が現れるまでの時間、半減期や副作用、デパスやセディールとの違いについても知りたいのではないでしょうか。

それから、バスパーのジェネリックを購入する場合の通販のオススメも気になりますよね。

そこで今回は、バスパーの飲み方と効果や副作用、また、半減期やデパスなどとの違いなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

バスパーの効果や副作用は?デパスなどとの違いも

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

バスパーは、ドーパミンやアドレナリンといった脳内で気分の高揚を司る神経伝達物質を増量させ緊張や不安を和らげるので、うつ症状や不安障害に悩んでいる方に効果があるとされています。

そして、不安などが原因になって寝付きが悪く、不眠症に悩んでいる方にもオススメで、自然と入眠へ誘導し良質な睡眠を得られる効果があるそうなのです。

デパスやセディールとの違いは?

バスパーと同じく抗不安薬にはデパスなどがありますが、デパスはバスパーに比べて効果が強く即効性が高い代わりに副作用が非常に多く、安全性については疑問視される薬だそうです。

なので、副作用が低く、安全性が高く、効き目が緩やかな薬を選びたい方は、バスパーを使用する方も多いようですね。

それから、効果の強さも副作用の少なさもバスパーとほぼ同様の抗不安薬にセディールがありますが、効果には個人差があるので、バスパーには効き目を感じるけれどセディールは効かないという方もいれば、その逆もあるようです。

なので、バスパーを使用してみて効果が実感できない場合は、セディールに替えてもらっても良いのではないでしょうか。

副作用は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

バスパーは副作用のリスクが非常に少ない薬ですが、人によっては次のような症状が現れることが報告されています。

・ めまいや立ちくらみ

・ 眠気

・ 頭痛

・ 神経過敏

こうした副作用は、特に薬の量を減量したり突然断薬して他の薬に変える時に現れやすいので、薬を止めたい変えたいと思った時には自己判断をせずに、医師に相談して調整していくと良いでしょう。

スポンサーリンク

バスパーの飲み方のポイントは?

バスパーは、服用してから1~2週間ほどしてから効果が現れ始め、1回の服用で6~7時間ほどで半減期が訪れるので、効果を安定的に得るためには1日2回飲む必要があります。

それから、もしも飲み忘れてしまった場合は、忘れた分はスキップし、絶対に2回分を1度に服用しないように注意して下さい。

バスパーを購入するには?ジェネリックを購入する場合にオススメの通販も!

バスパーは海外製品なので、病院を受診して医師に処方してもらわない限り購入することができません。

それに、薬事法の関係で国内の薬局で購入することはできませんし、Amazonや楽天などの大手インターネット通販サイトでも購入ができないのです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

そこでオススメなのが、個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」で、バスパーのジェネリックである「Buspon 5mg」を購入する方法です。

とはいえ、初めて個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか不安になりますよね。

しかしそんな方でも、「オオサカ堂」であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができるんですよ。

それから、バスパーのジェネリック「Buspon 5mg」の気になるお値段ですが、1箱50錠が2,061円で購入でき、2箱だと3,003円と複数の購入で割引があるのでまとめ買いすると良いですね。

ただし、「Buspon」は日本で承認されていない為、服用前に必ず医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

というわけで、バスパーのジェネリックの購入ならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひ気軽にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみてくださいね!


*「バスパー」と入れて検索してください!

スポンサーリンク

このページの先頭へ