ドグマチール錠の効果と眠気などの副作用!半減期や離脱症状も

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91ドグマチールはもともと胃薬として発売された薬ですが、現在では精神科で主にうつ症状に効果的とされて用いられています。

なので、ドグマチール錠の効果・効能と作用機序、眠気や太るといった副作用や効かない場合、アルコールなど飲み合わせの注意点、母乳への影響が知りたいのではないでしょうか。

それから、ドグマチールを断薬した場合の離脱症状の危険や半減期について、ドグマチール50mgのジェネリックを購入する場合の通販のオススメも気になりますよね。

そこで今回は、ドグマチール錠の効果と眠気などの副作用、また、半減期や離脱症状などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ドグマチール錠の効果は?即効性や作用機序なども

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

ドグマチールは

・ 胃薬

・ 抗うつ薬

・ 統合失調症治療薬

の3つの効果が期待できる薬として活躍の場が多い医薬品です。

まず、胃薬としては消化を助ける働きがあり、胃に吸収された食べ物を速やかに腸に運ぶことで刺激を軽減し胃の症状を和らげる効果があります。

そして、抗うつ薬としては気分の落ち込みやイライラが激しい方に向いていて、気分を落ち着かせてやる気を引き出す効果があり、消化も良くなるので食欲も出てきて体重が増加する方も多いそうです。

それから、統合失調症の治療薬としては不安や興奮を抑制する効果がやや弱いので、最近ではあまりこの目的では使われなくなってきているようですね。

 作用機序は?

ドグマチールは、精神的な症状に関しては脳のドーパミンを抑制することで効果を発揮し気分を改善させるのですが、胃薬としては胃腸にあるドーパミンD2受容体をブロックするので、これによってアセチルコリンの分泌が促進され、消化管の活動が活発になり食べ物を腸へと速やかに流すことができるのですね。

 即効性は?逆に効かない場合も

ドグマチールの特徴の一つに「即効性が高い」ということがあり、一般的に抗うつ剤は服用し始めてから1~2週間ほどかかるのに対して、ドグマチールは数日で効果を得られるようですね。

といっても、統合失調症などには効果は薄かったりと、症状によっては効果があまり期待できないこともあるので、1週間以上経っても症状が回復しないようであれば、医師に相談して別の薬に替えてもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

ドグマチール錠の副作用は?離脱症状などの危険も

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

多くの抗うつ剤は、眠気や吐き気といった副作用がよく現れるのですが、ドグマチールはこうした症状が少ない代わりに、ドーパミンをブロックすることで高プロラクチン血症と錐体外路症状が現れることが多いそうです。

そして、高プロラクチン血症とは、プロラクチンというホルモンを減少させるので、母乳を減少させたり、生理不順が起こることがあり、男性の場合は性欲が減少することもあるようですね。

さらに、錐体外路症状というのは、体の動きの調節がうまくできなくなるので、動作がゆっくりになったり、震えが止まらなくなりソワソワして落ち着かなくなったりといった症状が見られるようです。

こうしたことから、特に授乳中の女性などは服用しない方が良いですね。

飲み合わせの注意点は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

ドグマチール錠は、ベンザミド系薬剤やメトクロプラミドなどの薬を併用すると、副作用でお伝えした錐体外路症状が現れやすくなります。

その他にも、レポドパ、ドーパミン作動薬を併用すると、お互いの作用を弱めてしまったり、中枢抑制剤などを併用すると逆に相互の中枢神経抑制作用を増強し、副作用のリスクが高まります。

さらに、アルコールとの併用にも厳重な注意が必要で、併用するとお互いの作用が強くなりすぎて、副作用が現れやすくなるので、使用上の注意点は守って、用法・用量内で服用するようにしてください。

ドグマチール錠の半減期は?離脱症状などの注意点も

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

ドグマチールの半減期は8時間なので、効果が持続する効果時間も8時間ほどとされていて、そのため1日2~3回に分けて服用する必要があるのです。

ただ、抗うつ剤や胃薬として使用する場合はすぐに効果が現れることを見込んで、朝食後だけとか眠る前だけなど、服用するタイミングを限定して頓服として処方されることもあるそうです。

そして、このような使い方ができるくらいなので、半減期が過ぎて服用しなくても、薬が切れたことによる離脱症状が現れることはほとんどない薬だそうです。

しかし、突然断薬をしてしまうと、不安やイライラなどの離脱症状が現れる可能性はあり、調子が悪くなることがあるので、医師と相談しながら服用のコントロールをしていくと良いでしょう。

ドグマチールのジェネリックを購入する場合にオススメの通販も!

ドグマチールは基本的に病院を受診して、医師に処方されなければ購入することができない薬なのですが、毎回診察料を払うのも嫌ですし病院の受診が面倒な方もいますよね。

しかし、ドグマチールは薬事法の関係でAmazonや楽天などの大手インターネット通販サイトでも購入ができないそうです。

そこでオススメなのが、個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」でドグマチールのジェネリック「Dobren(ドブレン)50mg」を購入する方法です。

とはいえ、初めて個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか不安になってしまいますよね。

しかしそんな方でも、「オオサカ堂」であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができるのでオススメです。

それから、「Dobren50mg」の気になるお値段ですが、1箱30錠で2,181円で、2箱だと3,408円、3箱で4,564円とまとめ買いをした方が安くなるんですよ。

ただし、期待できる効果は様々あり、頓服など色々な使い方があるので、初回は病院で医師に処方してもらい、継続利用の目的でオオサカ堂を使う方が安全ですね。

というわけで、ドグマチールのジェネリックの購入ならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひ気軽にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみてくださいね!

ドグマチールのジェネリック(ドブレン)をオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ