レメロン錠の効果と眠気や太るなどの副作用!半減期と離脱症状も

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91レメロンは、NaSSA(ナッサ:ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ剤)と呼ばれるタイプの抗うつ剤で、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)などとは違ったユニークな働きがあるため、正しく使用すれば大きな可能性を秘めている薬だとされています。

なので、レメロン錠の効果と、眠気や太るなどの副作用や、半減期と断薬による離脱症状、致死量に関する注意点、サインバルタやアルコールとの併用や、効かない場合について知りたいのではないでしょうか。

それから、レメロン15mgの薬価や、ジェネリックを購入する時の通販のオススメも気になりますよね。

そこで今回は、レメロン錠の効果と眠気や太るなどの副作用、また、半減期や離脱症状などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

レメロン錠の効果は?サインバルタや副作用についても

レメロンは、NaSSAと呼ばれるタイプの抗うつ剤に分類され、ノルアドレナリンとセロトニンを増やすことで、うつ病やうつ状態の方の気分を改善させるように働く薬で、三環系やSSRIなどほとんどの抗うつ剤は、セロトニンの吸収を阻害することでセロトニンの濃度を増やすよう作用するので、この働き方に大きな違いがありますよね。

なので、この作用機序が異なる抗うつ剤の両者を併用すれば相乗効果が期待できることがあるので、一時期サインバルタというSNRI系の抗うつ剤とレメロンを併用するという「カリフォルニア・ロケット」と呼ばれている治療法が流行したこともあったそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

そして、このカリフォルニア・ロケットのメリットは、セロトニンを効果的に増やすことができるだけでなく、胃腸障害の頻度を減らせることもあるのですが、一方で、効き目があまりにも強すぎて躁状態になる可能性もあるので、現在は注意が必要な治療法の一つとされています。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

また、レメロンはこちらの画像を見ても分かるとおり、有効性がかなり強く、その分忍容性(副作用に対して服用者がどれだけ耐えられるかの程度)も低いので、副作用のリスクが高い薬です。

レメロンの副作用は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

レメロンは、ヒスタミン受容体をブロックするため、「体重増加」と「眠気」が代表的な副作用として挙げられ、これらは非常に強く現れることが特徴的です。

そのため、レメロンを服用すると太るという方が多いのですが、食欲の抑制が効かなくなることを理解した上で、欲望のままに暴飲暴食をしていないか、食生活をしっかり見直すことができればこうした症状は起こりにくくなります。

一方で、SSRIや三環系によく見られる抗コリン作用(口が渇く、便秘、尿が出にくい)や性機能障害(勃起障害、射精障害)、胃腸障害(吐き気、胃部の不快感)、不眠といった副作用はほとんど起きないそうです。

レメロンが効かない場合は?

レメロンが効果を現すときは速やかに効いてかつ強いので、効果が実感できないという場合は、症状に適応していない可能性があります。

そのため、1週間を過ぎてもうつ症状が改善しないようであれば、再度病院を受診し医師に相談して別の薬に切り替えてもらった方が良いでしょう。

スポンサーリンク

レメロン錠の半減期や離脱症状について!使用上の注意点も

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

半減期は、薬の血中濃度が半分になるまでに要する時間のことで、レメロンの場合は32時間前後と言われています。

つまり、1回服用すると32時間くらい効果が持続するということになるので、1日ちょっと効果を実感できることになりますが、副作用が出た場合もその間ずっと現れることになります。

離脱症状は?

抗うつ剤は、突然断薬したり減薬したりすると、禁断症状として耳鳴りやしびれ、めまい、ふらつきなどを感じることがあり、これを離脱症状と呼んでいます。

そして、レメロンはこうした離脱症状が起きにくい薬ですが、絶対に起きないわけではなく、前述に書いた症状以外にも吐き気や震え、ソワソワ感が現れるそうです。

致死量について

レメロンの致死量は公表されていませんが、比較的新しい世代の薬なので、かなり現実的でない量の薬を服用しないと危ない状態にはなりません。

そして、過剰服薬をすると途中で眠気に襲われ、非常に危ない状態になって辛い思いをするだけなので、用法用量通りに服用するようにしてください。

アルコールとの併用は?

レメロンは、付属される添付文書にも

「投与中のアルコール飲料の摂取は避けることが望ましい」

と書かれているとおり、禁忌というわけではないのですが、双方の作用が強く働きすぎるリスクがあるため避けた方が良いそうです。

そして、作用が強くなると眠気が強くなり意識を失ったり、場合によっては呼吸困難になるそうなので、レメロンの服用期間中は、アルコールは我慢するようにしてください。

レメロンの個人輸入代行販売の通販のオススメは?

レメロン錠は日本国内の薬局での販売が認められていないため、病院を受診し、医師に処方してもらわない限り購入することができません。

そして、レメロン錠15mgの薬価は171.2円で、1日の最大投与量は45mgであることから換算すると、1ヶ月で15,000円近くかかることになりますし、その上診察料もかかってくるのは大変ですよね。

しかし、レメロンは、薬事法の関係でAmazonや楽天などの大手インターネット通販サイトでも購入ができないのです。

そこでオススメなのが、個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」でレメロンのジェネリックを購入する方法です。

とはいえ、初めて個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか不安になりますよね。

しかしそんな方でも、「オオサカ堂」であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができますよね。

(オオサカ堂ではジェネリックではないレメロンの取り扱いもあります。)

それから、ジェネリックのレメロン15mgの気になるお値段ですが、1箱28錠で2,357円で2箱だと3,686円と、まとめ買いをする方がお買い得なので、常備薬として使いたい方にオススメですよ。

というわけで、レメロンのジェネリックの購入ならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひ気軽にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみてくださいね!

レメロンのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

レメロンをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ