ブプロピオンのADHDや禁煙などへの効果と副作用!商品名も

%e7%94%bb%e5%83%8f1ブプロピオンという薬は、精神疾患以外にも禁煙などの効果が認められている薬だそうです。

なので、ブプロピオンの注意欠陥多動性障害(ADHD)やうつ、ダイエット、その他への効果や塩酸ブプロピオンの作用機序、正確な商品名や副作用について知りたいのではないでしょうか。

それから、ブプロピオンを個人輸入で購入する場合に通販のオススメも気になりますよね。

そこで今回は、ブプロピオンのADHDや禁煙などへの効果と副作用、商品名についても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ブプロピオンの効果や商品名は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

抗うつ剤には、三環系、四環系、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)、NaSSA(ノルアドレナリン・セロトニン作動性抗うつ薬)など様々な種類があり、そのほとんどがモノアミンと呼ばれる、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンという神経物質が少なくなるとうつ病が発症するという仮説に基づいて作られていますので、モノアミンを増やす働きを持つものが多いですよね。

ただし、現在では研究がさらに進み、モノアミン仮説はうつ病の一因ではあるけれど、それ以外にもストレスを長年受けたことによって起こるHPA(視床下部・下垂体・副腎系)系仮説に基づく新薬や、その他の新薬も登場し始めているそうです。

そして、ブプロピオンはその新薬の一つで、一般名を塩酸ブプロピオンと言い、ニコチン性アセチルコリン受容体をブロックする作用のある薬です。

塩酸ブプロピオンの効果は?作用機序も

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

塩酸ブプロピオンはノルアドレナリンやドーパミンを増やし、ニコチン性アセチルコリン受容体をもブロックすることで、うつ症状を改善する以外にも、禁煙補助薬としての働きも認められています。

まず、うつ症状など精神疾患の中では、特にADHDの方や、ADHDとうつ状態が合併しているケースにも推奨される薬で、抗うつ剤としてはウエルブトリンという商品名で販売されています。

一方で、ブプロピオンを服用することでタバコの禁断症状を抑制し、タバコがまずいと思うようになるので、禁煙補助薬として長期禁煙効果が高いと認められて、禁煙薬としてはザイバンという商品名で販売されているそうです。

スポンサーリンク

ブプロピオンの副作用について

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

ブプロピオンを服用し始めた初期に良くある副作用としては

・ 口が渇く

・ 吐き気

・ 不眠症

・ 食欲減退

があるそうです。

そのため、自然と食事が摂れなくなって結果的に痩せてしまうことが多いので、ダイエット効果もあるとされています。

それから、ブプロピオンは交感神経刺激作用が強いため、使用方法を誤ると頻脈や高血圧、けいれん発作が起こることがありますが、過剰服薬しない限りこうした重篤な副作用は起きにくいそうです。

ブプロピオンを個人輸入する場合にオススメの通販は?

ブプロピオンは日本国内の薬局での販売が認められていないため、病院を受診し、医師に処方してもらわない限り購入することができませんし、薬事法の関係でAmazonや楽天などの大手インターネット通販サイトでも購入ができないそうです。

そこでオススメなのが、個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」でブプロピオンを主成分とするザイバンのジェネリック「ブプロンSR」を購入する方法です。

とはいえ、初めて個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか不安になってしまうのではないでしょうか。

しかしそんな方でも、「オオサカ堂」であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができるのです。

それから、ジェネリックのブプロピオン「ブプロンSR」の気になるお値段ですが、1箱100錠で4,448円で、複数購入すると割引もあるので、トライしやすい金額なのではないでしょうか。

というわけで、ブプロピオンのジェネリックの購入ならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひ気軽にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみてくださいね!

ブプロピオンのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ