エビリファイ錠の効果と副作用や半減期!致死量や妊娠への影響も

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91抗精神薬の中でも比較的副作用が少ない薬の一つに、エビリファイがあります。

なので、エビリファイ錠のうつ病や自閉症、不眠などへの効果や眠気・太る・性欲減退・アカシジアなどの副作用、アルコールとの併用についてや半減期、離脱症状なども知りたいですよね。

それから、エビリファイの薬価や、ジェネリックを購入する場合の通販のオススメも気になると思います。

そこで今回は、エビリファイ錠の効果と副作用や半減期、また、致死量や妊娠への影響などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

エビリファイの効果や副作用は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

エビリファイは、2006年に発売された抗精神病薬で、様々な精神薬の中でも比較的副作用の少ない第二世代の抗精神病薬に分類されていますが、作用機序が他の第二世代と全く異なるため、第三世代と呼ばれることもあるユニークな薬です。

ちなみに、エビリファイ以外の抗精神病薬は全て、ドーパミンをブロックするように働きかけますが、ドーパミンを必要以上にブロックしすぎてしまうことで、パーキンソン病のような神経疾患を副作用として起こしてしまうリスクがあるとされています。

その点、エビリファイはドーパミンをブロックするのではなく、適量に調整するという働きかけ方をするので、ドーパミン安定薬とも呼ばれており、他の第二世代に生じることの多い副作用のリスクが低いとされています。

こうしたことからエビリファイは

・ 統合失調症

・ 双極性障害

・ うつ病、うつ状態

・ 小児期の自閉症、発達障害(ADHD)

など、幅広い精神疾患の患者に処方されています。

それから、エビリファイに限らず第二世代の抗精神薬には多い作用ですが、眠りの質を高める作用があるとされていることから、不眠改善薬としても使用されているそうです。

一方で、エビリファイは効き目が緩やかであるため鎮静する力にも欠けていて、興奮状態にある患者を速やかに鎮めたいときなどには不向きです。

また、エビリファイの特徴として、服用し始めてすぐの頃は、足がムズムズして動かさずにはいられなくなってしまうアカシジアなどの症状が多く、ゆっくり座っていたり、睡眠をとるのが難しくなってしまい、常に動いている状態になるのでつらいですよね。

そのため、あまりに症状としてひどい場合は医師と相談して別の薬に変更するなどをしてもらいましょう。

エビリファイの副作用は?

エビリファイは古いタイプの第一世代の抗精神薬などに比べれば、副作用も少なく、効き目も緩やかなので、安全性の高い薬とされています。

そして、鎮静効果も弱いため体重増加や眠気などは起こりにくいのですが、その分、服用し始めの時期には不安・不眠・焦燥感などが起こりやすいというリスクがあります。

また、服用初期には吐き気やだるい、食欲不振などが起こるので、食事が取れなくなって痩せる方はいるようですね。

それから、性欲の減退など性機能への障害も報告されているそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

こちらの画像は他の抗精神薬と副作用の重度を表にしたものですが、エビリファイが比較的副作用が少ない方に分類されているのが分かりますよね。

スポンサーリンク

エビリファイの半減期!使用上の注意についても

エビリファイは、服用から約4時間で血中濃度が最高値になり、半減期は約65時間とされているので、1日程度は平気で効果が持続するのが分かりますよね。

そのため、エビリファイ錠・OD錠・散剤は、1日6~12mgを1回または2回に分けて服用するとしていて(前述は開始時の容量。維持用は1日6~24mg)、年齢や症状によって調整することになります。

また、エビリファイの内容液は3mg・6mg・12mgの3つの規格があり、頓服として処方されているそうです。

使用上の注意点は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

離脱症状や致死量について

エビリファイのような抗精神薬は、離脱症状がほとんど起きない薬とされていて、エビリファイは半減期も比較的長いので、離脱症状のリスクはかなり低いようです。

でも、全くないというわけではなく突然減薬・断薬をした場合には、不安感やそわそわ、イライラなどの精神的な不安定に加えて、吐き気や下痢、腹痛などの消化器症状、不眠、興奮、発汗などが現れるそうです。

そのため、薬をやめたい、減らしたいと思った時には、自己判断をせず医師に相談しながら決めると良いでしょう。

また、エビリファイは過剰服薬(OD)しても、よほどの量でない限り致死量にはならないそうで、致死量も公表はされていませんが、過剰服薬したとしても途中で眠気に襲われるので、死ぬことはなく辛い思いをするだけだそうです。

糖尿病には禁忌!?

エビリファイと同じタイプの抗精神薬でジプレキサという薬は、2002年の発売から数ヶ月以内に急激な高血糖の進行で、重篤な糖尿病昏睡例が9例(そのうち2例は死亡)という報告があったそうです。

このことから、現在ではエビリファイには次のような添付文章が付属されています。

◆禁忌:糖尿病・糖尿病の既住歴

◆慎重投与:糖尿病の家族歴・高血糖や肥満などの糖尿病の危険因子を有する患者

そのため、エビリファイは糖尿病の疑いがあったり肥満の傾向にある方は、急激な高血糖による昏睡のリスクが高くなるため、基本的には禁忌か、慎重投与という扱いになっていますので、該当する方は服用を避けるようにしましょう。

アルコールとの併用について

エビリファイとアルコールの併用については、禁忌とはされていないようですが、服用期間中にアルコールを摂取したり一緒に飲んだりすると、薬の効果が強くなりすぎて副作用のリスクが高まったり、酔いも強くなることが多いそうです。

そして、何日も二日酔いなどに悩むことになるので、できるだけエビリファイを服用している間はアルコールを摂取しないようにしましょう。

妊娠中の場合の影響は?

妊娠中のエビリファイの服用については、

「妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断された時にのみ投与すること」

とされているので、妊娠中の投与に関する安全性は確立されてはいないということになります。

なので、できるだけ避けることになっていますが、医師の判断で処方されることもあるそうです。

そして、前々からエビリファイを服用している方で妊娠した方は、医師と相談して今後も同じように服用するか、別の薬に変えるかを慎重に判断すると良いでしょう。

エビリファイの個人輸入代行販売の通販のオススメは?

エビリファイは日本国内の薬局での販売が認められていないため、病院を受診し、医師に処方してもらわない限り購入することができません。

そして、エピリファイにはエビリファイ錠12mgやOD錠12mg、エビリファイ内容液0.1%など色々ありますが、スタンダードなエビリファイ錠12mgで薬価297.80円とやや高めですよね。

それに、いちいち病院を受診するのは面倒ですし、診察料がかかるのが嫌という方も多いのではないでしょうか。

しかし、エビリファイは、薬事法の関係でAmazonや楽天などの大手インターネット通販サイトでも購入ができないのです。

そこでオススメなのが、個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」でエビリファイのジェネリックを購入する方法です。

とはいえ、初めて個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか不安になってしまいますよね。

しかしそんな方でも、「オオサカ堂」であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができます。

(オオサカ堂ではジェネリックではないエビリファイの取り扱いもあります。)

それから、ジェネリックのエビリファイ15mgの気になるお値段ですが、1箱100錠で3,841円で複数購入すると割引があるので、まとめ買いしたい方にもオススメです。

というわけで、エビリファイのジェネリックの購入ならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひ気軽にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみてくださいね!

エビリファイのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

エビリファイをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ