トフラニール錠の効果と眠気などの副作用や致死量!夜尿症には?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91うつ病など精神的な障害を抱える方に処方される抗うつ剤には様々なタイプがあり、一番古い三環系の抗うつ剤の一つにトフラニールがあります。

なので、トフラニール錠の夜尿症や頻尿などへの効果や半減期と、眠気や太る・便秘といった副作用や、致死量と離脱症状への注意点が知りたいのではないでしょうか。

また、トフラニール錠25mgのジェネリックを購入するときの通販のオススメも気になりますよね。

そこで今回は、トフラニール錠の効果と眠気などの副作用や致死量、また、夜尿症などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

トフラニール錠の効果は?副作用についても

トフラニールを含む三環系の抗うつ剤は、脳のモノアミンといって、セロトニン・ノルアドレナリン・ドーパミンなどの気分に関係する物質の吸収を抑えることで濃度を上げて、気分を全体的に改善する作用があります。

そして、その中でもノルアドレナリンを優先的に増やすので、意欲が低下しがちなうつ病の方に対して処方されることが多く、気分を改善させる効果があるそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

こちらは、それぞれの薬がセロトニンやノルアドレナリンを増やす比率をグラフにしたものですが、これを見るとトフラニールがノルアドレナリン優位であることが分かりますよね。

そして、実際の病院での処方でも、うつ病やうつ状態の患者へ使用されることが多いですが、その効果は強い分だけ副作用も強く現れがちなため、はじめからトフラニールを使うのではなく、新薬のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)やSNRI(セロトニン・アドレナリン再取り込み阻害薬)などを試してみても効果が足りない場合に処方されることが多いようです。

それから、適応外にはなりますが、ノルアドレナリンは痛みを制御する作用があるため、トフラニールは鎮痛剤として処方されることもありますし、尿を出にくくする作用があるため、この効果を活用して夜尿症や頻尿の方に処方されることもあるそうです。

副作用は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

トフラニールには様々な副作用が報告されていますが、最も多いのは抗コリン作用といって、次のような症状が現れます。

・ 口が渇く

・ 便秘

・ 尿が出にくくなる

そして、便秘の場合はひどいようであれば下剤を処方して対処し、口の渇きは漢方薬が処方されることもありますが、服用してしばらくすると現れなくなるものではなく、服用中はつきあっていかなければならない症状のようです。

それから、トフラニールの場合は他の抗うつ剤に比べれば少ないですが、眠気も現れるので、運転や高所での作業などの仕事をしている方は注意するようにしましょう。

また、トフラニールに限らず抗うつ剤に全般的に現れる副作用として、体がむくんだり過食症を起こして太る方もいるので、服用中はできるだけバランスのとれた食生活を送るようにしましょう。

スポンサーリンク

トフラニールの半減期は?致死量や離脱症状についての注意点も!

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

薬にとっての半減期というのは、薬の全体量が半分になるまでの時間のことで、例えば半減期が4時間であれば、この薬は服用して4時間も経つと体の中の薬物が半分になるので、12時間や24時間の薬に比べて頻繁に服用する必要があります。

そのため、半減期が短ければ短いほど、薬の服用量を減量したり、突然断薬したりすると、離脱症状といって薬をやめたことによる禁断症状のようなものが現れる可能性が高くなる傾向にあります。

その点、トフラニールは効果が強く、半減期も9時間~20時間と、1日中効果が続くため、離脱症状のリスクは比較的少ないそうです。

でも、全くゼロというわけではなく、特に高容量(150~300mg)からいきなりゼロにしてしまうと、反動が大きくなって離脱症状のリスクが高まるので、薬の服用量を減量する場合は必ず医師に相談して、ペースを守りながら減らしていくようにしましょう。

それから、いきなり止めるのが危険なのと同様に過剰服薬ももちろん危険で、トフラニールに関してはおよそ500mgから中毒症状が見られ、1200~1500mgで重篤になり、2000~2500mgで致死量となるそうです。

つまり、平均的にいっておよそ1~2週間分の量を一気に服用すると中毒症状を起こし、1ヶ月分を服用すると命に危険が及ぶことになります。

なので、くれぐれも過剰服薬はせず、また、こうした過剰服薬をしてしまった方がいた場合は、薬が抜けるまで体を横にして待ち、異常な状態に陥っていれば一刻も早く病院へ連れていく必要があるので注意しましょう。

トフラニールの個人輸入販売の通販のオススメは?

トフラニールは日本国内の薬局での販売が認められていないため、病院を受診し、医師に処方してもらわない限り購入することができません。

でも、いちいち病院を受診するのは面倒ですし、トフラニールは昔からある薬なので薬価が安価とはいえ、診察料がかかるのが嫌という方も多いのではないでしょうか。

しかし、トフラニールは、薬事法の関係でAmazonや楽天などの大手インターネット通販サイトでも購入ができないのです。

そこでオススメなのが、個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」でトフラニールを購入する方法です。

とはいえ、初めて個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか不安になるのではないでしょうか。

しかしそんな方でも、「オオサカ堂」であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができますよ。

それから、トフラニール25mgの気になるお値段ですが、1箱50錠で1,700円で、2箱だと2,645円、3箱だと3,591円と、まとめ買いをする方がお買い得なので、常備薬として使いたい方にオススメですよ。

というわけで、トフラニールの購入ならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひ気軽にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみてくださいね!

トフラニールをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ