プロザックの効果と副作用の危険性!ダイエットや過食症への効果も

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91仕事上のストレスやプライベートの悩みで、うつ状態やうつ病に悩まされる人が増えていますよね。

プロザックはそんな精神的な病や対人緊張症、早漏などを改善する抗うつ剤なので、その効果や副作用の危険性と、痩せるので過食症への効果も知りたいのではないでしょうか。

また、プロザックと酒の併用に関する注意点や、デパスとの違い、ジェネリックを購入する際の通販のオススメも気になりますよね。

そこで今回は、プロザックの効果と副作用の危険性、ダイエットや過食症への効果などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

プロザックの効果は?副作用の危険性も

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

抗うつ剤の治療薬には様々なタイプがありますが、古いタイプは効果が強い分副作用も強かったり、副作用を抑えめにするとその分効き目が弱かったりした中で、プロザックのような比較的新しいタイプの抗うつ剤は、効き目が良く、副作用も少ないのが特徴的です。

そして、プロザックは、セロトニンの再取込を阻害する「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」と呼ばれる新世代の抗うつ剤で、うつ状態の方の気分や精神状態を改善させ、気持ちを前向きに変える効果があるとされています。

それから、セロトニンとは、人の精神面に大きな影響を与える神経伝達物質で、濃度を増やすことで神経の伝達が良くなり気分が安定するのですが、プロザックはここに作用し1~2週間で効き始めますが、急激な変化を起こさずゆっくり浸透していきます。

そのため、依存性も少なく、かつ効果があるため、主に軽度のうつ病や強迫性障害、対人性緊張症、摂食障害、パニック障害などの治療に有効ということで使用されているようです。

副作用は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

プロザックは他の薬に比べれば少ないとされていますが、服用初期には不安感・ 無気力・ 焦燥感が出ることもあるため、注意した方が良いそうですが、この症状は服用を続けるうちに数日以内に自然と消えていきます。

それから、その他の副作用として報告されているものがこちらです。

・ 頭痛、発熱

・ 腹痛、口が渇く、下痢

・ 吐き気、めまい、眠気

・ 消化不良、食欲減退

このように、吐き気や食欲減退といった症状も現れ、下痢をする方もいるので、食事がままならないばかりか下してしまうことから、あまり健康的ではないのですが痩せることができるので、ダイエット効果もあるとされています。

そして、アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)では既に、SSRIプロザックの過食症に対する有効性が今のところ50%以上あると認めており、こうした過食症への治療効果が正式に認められている薬は世界でほとんど唯一といっても過言ではないそうです。

さらに、プロザック本来の効き目である抗うつ効果によって、過食症の方が過食行為の後などに起こるうつ状態を緩和させ、気分を改善し普段の生活を良好な状態に持っていく効果もあるそうです。

こうしたことから、プロザックを過食症治療のために処方する場合は、1日40~60mgを基準として服用するなど、症状に応じて用法や用量は変わるようですね。

・ 早漏にも効果的?

プロザックを含むSSRIというタイプの治療薬は、男性の性機能への障害が副作用としてあげられていて、男性の射精を遅らせる作用があり、その中でもプロザックは副作用が少ないため、性機能へ程よい障害をもたらすことができ、早漏の悩みを解決する効果があるそうです。

このように、プロザックは幅広い心の悩みや体の悩みに効果的なので、様々な使い方ができる比較的安全性の高い薬ですが、もともと腎臓や肝臓に問題がある方や、MAO阻害剤(モノアミン酸化酵素阻害薬)を服用している方などは、プロザックは服用しない方が良いので注意しましょう。

プロザックとデパスの違いは?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

プロザックはSSRIというタイプの抗うつ剤ですが、デパスはベンゾジアゼピン系の抗不安薬に分類され、神経の興奮を鎮めるための物質「GABA」の働きを促進するエチゾラムを主成分としています。

そして、服用してすぐ効き目が生じるので、突然の不安やパニック障害の症状を鎮静化させるのに適しており、高ぶった神経を落ち着かせる作用を利用して、不眠症の方へ睡眠導入剤としても使用されています。

このように、デパスもプロザックと同様、幅広く利用されているのですが、プロザックと違うのは依存性が高いという点で、薬を減量したり、断薬してしまうと吐き気や幻聴といった危険な「離脱症状」が現れる可能性が高いようです。

スポンサーリンク

プロザックとアルコールを併用してもいい?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

抗うつ剤の中には、薬の服用中にアルコールを併用すると、作用が倍増して効き目が強くなりすぎるものと、効果が半減するものもありますが、プロザックの場合は後者に属し、薬の効き目が半減してしまうのだそうです。

その他にも、明記はされていませんが副作用が出やすくなるなど、危険な状態に陥るリスクがあるので、アルコールの併用はしないようにしましょう。

プロザックの通販のオススメは?

プロザックは日本国内の薬局での販売が認められていないため、病院を受診し、医師に処方してもらわない限り購入することができません。

でも購入の度に病院を受診するのは面倒ですし、診察料がかかるのが嫌という方も多いのではないでしょうか。

しかし、プロザックのジェネリックは、薬事法の関係でAmazonや楽天などの大手インターネット通販サイトでも購入ができません。

そこでオススメなのが、個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」で購入する方法です。

とはいえ、初めて個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか不安になってしまいますよね。

しかしそんな方でも、「オオサカ堂」であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができますよ。

(オオサカ堂ではジェネリックではないプロザックの取り扱いもあります。)

それから、「プロザックのジェネリック20mg」の気になるお値段ですが1箱100錠で2,301円で、2箱だと4,363円、3箱だと6425円と、まとめ買いをする方がお買い得のようです。

というわけで、プロザックのジェネリックの購入ならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひ気軽にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみてくださいね!

プロザックのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

プロザックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ