パキシル錠の半減期と効果時間や眠気などの副作用!痩せる効果も

%e3%83%91%e3%82%ad%e3%82%b7%e3%83%ab不眠やうつ病などに悩んでいる方は、様々な精神安定剤を試しながら自分の体質に合ったものを探しているのではないでしょうか。

なので、パキシル錠の半減期と効果時間や痩せる効果などと、太る・吐き気・眠気・性欲などに対する副作用や、飲み忘れた時や妊娠している方への使用上の注意点が知りたいですよね。

また、パキシルとアルコールは併用して良いのか、ジェネリックを購入する際の通販のオススメも気になりますよね。

そこで今回は、パキシル錠の半減期と効果時間や眠気などの副作用、また、痩せる効果などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

パキシル錠の半減期と効果時間は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

パキシル錠は、2000年から発売されている抗うつ剤で、様々な抗うつ剤の中でも「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」という種類に分類されます。

そして、主にセロトニンという物質を増やすことで、落ち込みや不安などの気分を改善させる効果のある薬です。

それから、パキシルは効き目が強い分、副作用が現れやすいので、デメリットの面を見ると使用するのが怖くなるかもしれませんが、使い方を間違えなければ非常に高い効果を期待することができる薬なので、メリットとデメリットの双方をしっかりチェックしていましょう。

パキシル錠とは?効果などについて

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

パキシルが属するSSRIという抗うつ剤は、神経細胞間に放出されたセロトニンが吸収されるのを阻害することで、神経細胞間のセロトニン濃度を上昇させ、気分を改善させる効果を期待することができます。

そして、SSRIの中でもセロトニンを増やす力やその他の気分に影響する物質(ノルアドレナリンやドーパミンなど)を増やす力に違いがあり、パキシルはその中でもノルアドレナリンという物質の吸収を阻害することで抗うつ効果を発揮するとされています。

・ パキシルの半減期は?

抗うつ薬に限らず、薬は肝臓で分解され、血液中にとけ込むのですが、パキシルをはじめ、うつ病の薬はそれが脳まで周り、効果を及ぼします。

そして、当然、時間が経過すると、濃度は薄くなり、血中濃度が濃くなったり薄くなったりすると、効果にムラができてしまい、体にも良くありませんので、毎日決まった時間に飲んで、濃度を一定に保つ必要があります。

それから、風邪薬などと違い、薬を飲んですぐに良くなるわけではないので、一定期間用法通りに飲み続けなければ効果は出ないとされています。

そして、半減期とは、その薬が肝臓で分解されて血中に溶けた成分が半分になるまでの期間のことで、実際半減期を過ぎると薬の効果はほとんどなくなるので「半減期=薬の効果時間」ということになります。

つまり、半減期を迎える前にまた薬を飲み直さないとなりません。

そして、パキシルの半減期は約15時間と言われていて、血中の濃度が最高になるのは服用後4~6時間ほどだそうです。

ちなみに、こうしたパキシルの半減期は抗うつ薬の中では比較的長く、1日1回の服用で済む方もいるそうです。

ただ、後述するように副作用で眠気が強く出ることが多いので、夕食後や就寝前の服用を指示される場合も多いようです。

実際には、1日1錠だと24時間に満たないので、1日2回の服用が望ましいのですが、副作用との兼ね合いも考えて、生活時間内に効果が出るように逆算して服用すると良いでしょう。

・ 飲み忘れた場合は?

飲み忘れに気づいた場合は、気が付いた時すぐに1回分を飲むようにしてください。

そして、次の飲む時間が近い場合は服用せず、次に飲む時間に1回分だけ飲み、絶対に1回で2錠を服用してはいけません。

・ 妊娠している場合も服用して良い?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

パキシルの妊婦への投与は注意が必要とされていて「絶対にダメではないが、できる限りやめておいた方が良い」という位置づけだそうです。

そして、米国のFDAが出している薬剤胎児危険度分類基準では、薬の胎児への危険度をA,B,C,D,×の5段階で分類していますが、パキシルはそのうちDの

「ヒトの胎児に対する危険性の証拠があるが、他にそれに代わる安全な薬がないか無効の場合に限り使用を承認される」

に属しています。

そのため、妊婦の方でどうしてもSSRIが必要な方は、医師に相談して別の薬に変更する方が安全なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

パキシル錠の副作用は?使用上の注意点も

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

パキシルは、前述の通り副作用の多い薬で、抗コリン作用(口渇、便秘、尿閉など)、ふらつき、めまい、吐き気、眠気、不眠、性機能障害、体重増加などがあるそうです。

・ 抗コリン作用

抗コリン作用とは、アセチルコリンという物質の働きを阻害してしまうことで、抗うつ剤に認められる代表的な副作用です。

そして、口の渇きや便秘が生じる頻度が多いのですが、他にも、尿閉、顔面紅潮、めまい、悪心、眠気などが起こることがあります。

・ ふらつきやめまい

これらは、主に抗うつ剤がα1受容体という部位を遮断し、血圧を下げてしまうために起こる副作用で、パキシルはSSRIの中でも最もこの副作用が出やすい薬です。

・ 眠気

眠気はほとんどの抗うつ剤に起こりうる副作用で、抗うつ剤は体をリラックスさせるものなので当然と言えば当然ですが、生活に支障をきたすほどの眠気の場合は注意が必要です。

そのため、服用後の車の運転や高所での作業は控えるようにしましょう。

・ 不眠

SSRIは深い眠りを障害するため、不眠を起こすことがあります。

つまり、眠気によって眠くなるけれど、眠ると浅い眠りになってしまうということだそうです。

そのため、不眠の作用が強く出て困るようであれば、服薬時間を朝食後にするか、服用量を減らすなど、医師に相談して決めていきましょう。

・ 性機能障害

勃起障害や射精障害といった性機能障害もSSRIに多い副作用で、原因はあまり分かっていないそうですが、パキシルにも認められる作用だそうです。

・ 体重増加

眠気と同じく抗ヒスタミン作用によって体がむくみ、体重が増加する副作用があります。

なので、運動や規則正しい生活習慣などで改善するのが一番ですが、それでも十分な改善が認められない場合は、体重を上げにくいジェイゾロフトなど別の薬に変更するのもオススメです。

・ 吐き気

SSRIには吐き気や胃部不快感といった胃腸障害の副作用がつきもので、これは胃腸にもセロトニン受容体が存在するために起こる副作用だとされています。

ただ、この副作用の特徴は長く続かないことで、1~2週間の間我慢すればほとんどの場合で自然と改善するとされています。

痩せることもある?

パキシルの服用によってエネルギーの消費効率が落ちてしまって、結果的に太りやすくなる傾向があり、これに加えてパキシルは過食が発作的に見られることがあるために、どうしても太りやすくなるようです。

ただ一方で、パキシルの服用で痩せることもあるのですが、これはなぜなんでしょうか?

これには、パキシルには飲み始めの副作用として下痢や嘔吐があり、食べ物が吸収できず、一時的に体重が減っていくことが関係しています。

やがて、体が慣れていくにつれて、今度は代謝抑制の影響が出てくるので、太りやすくなるという仕組みなので、あくまで初動の話なのですね。

また、症状が改善し活動的になっていくことで、活動量が復活して痩せることもありますが、この場合は、少し元気すぎではないか、例えば目が冴えて眠れないほどだったり、何でもできる気がするという根拠のない自信に溢れることなどがあれば、一度医師に相談する方が良いでしょう。

そして、そのままブレーキをかけずに活動を続けて行くと、その分その反動が後から来ることがあるので、注意が必要です。

離脱症状に注意!

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%96

パキシルは、薬の服用量を減らした時に、それまで脳が薬に依存しているため起こる「禁断症状」ともいえる「離脱症状」が起きることが非常に多く、顕著に現れるとされています。

そして、「シャンシャン」という幻聴が大きく聴こえるため日常生活にも大きな影響を与え、ビリビリッと電気ショックのように走る激しい頭痛や手足のしびれが続き、ヒトによっては耐えられないほどのもののようです。

こうした二つの現象が同時に襲いかかってくるため耐えることができない方も多く、効果は期待できないのにパキシルを止められず、結果的に薬漬けになってしまうという問題が発生するそうです。

アルコールとの併用にも注意!

パキシルとアルコールの相互作用については、正式には認められてないそうですが、他の抗うつ剤で作用の増強が報告されているため、パキシルについても「投与中の飲酒は避けることが望ましい」とされています。

そして、併用することによってどうなるかというと、その場自体は問題にならないこともあるのですが、だるさや吐き気などの身体症状が徐々に現れ、落ち込みや胸のそわそわ感といった症状が翌朝まで続きます。

それから、お酒の抜けも悪くなるので、強い抗うつ状態がしばらく続いて、パキシル本来の効果が期待できなくなるそうです。

パキシルを使用するならどこでの購入がオススメ?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%97

パキシルは基本的に医師の診断のもと、処方箋が必要になる薬なので、都度病院を受診して診断をしてもらった上で、処方してもらう必要があります。

ただ、毎回病院へ行くのは面倒だという方や、都度診察料を払うのも嫌という方もいますよね。

そんな方にはパキシルのジェネリックがオススメです。

でも、パキシルのジェネリックは薬事法の関係でAmazonや楽天などの大手インターネット通販サイトでは購入ができないので、オススメなのが個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」で購入する方法です。

とはいえ、初めて個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか不安になるのではないでしょうか。

しかしそんな方でも、「オオサカ堂」であれば対応が早く丁寧で、信頼できるとユーザーからも評判が良いので、個人輸入代行の初心者にも安心して使っていただくことができます。

(オオサカ堂ではジェネリックではないパキシルの取り扱いもあります。)

それから、パキシル・ジェネリックの気になるお値段ですが、オオサカ堂の場合、1箱(20mg/30錠)で2285円なので、かなりお得に購入できますよね。

ちなみに、気に入ったら次回からは複数個の注文にすると、多く買えば買う程割引があるのでまとめ買いもオススメです。

というわけで、パキシル・ジェネリックの購入ならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひ気軽にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみてくださいね!

パキシルのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

パキシルをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ