トリプタノールの効果や眠気や太るなどの副作用!致死量は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91心の病などを抱える方は、自分の体質に合った抗うつ剤などを探しているのではないでしょうか。

トリプタノール錠は抗うつ剤の一つで、頭痛や偏頭痛など痛みに対して効果を示すものなのですが、眠気や太るなどの副作用や、離脱症状や致死量の注意点が知りたいのではないでしょうか。

また、トリプタノールとアルコールの併用や、トリプタノール10mgの薬価やジェネリックの購入の際の通販のオススメも気になりますよね。

そこで今回は、トリプタノールの効果や眠気や太るなどの副作用と致死量などについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

トリプタノールの効果は?副作用の注意点も

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

トリプタノールは抗うつ剤の中で三環系に分類され、1961年から販売されている比較的古いタイプの治療薬で、偏頭痛などの頭痛にも効果があるため、しばしば頭痛の治療薬として使われるそうです。

そして、新しいタイプのSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)、NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)などに比べて効果が大きいのですが、その分副作用も大きいので使い方に注意する必要があり、まずはトリプタノールの特徴からチェックし、用法・用量などを確かめていきましょう。

トリプタノールの効果は?

トリプタノールは、セロトニンとノルアドレナリンの両方を増やす効果があり、このため抗うつ効果と気分や意欲の改善効果を期待することができます。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

こちらの図は、抗うつ剤ごとに、セロトニンとノルアドレナリンを増やす比率を表にしたもので、これを見るとトリプタノールがバランス良くセロトニンとノルアドレナリンを増やしていることが分かり、気分を鎮静させる作用や、不安や不眠、焦りなどの改善効果もあるとされています。

それから、ノルアドレナリンを強力に増加させることで、交感神経に働きかけて体の痛みを感じにくくさせる効果もあり、睡眠に対してはレム睡眠を減少させる効果があるので、悪い夢を見る時にも使われるそうです。

こうしたことから、トリプタノールは強いうつ状態やうつ病の患者、パニック障害や社交不安障害、脅迫性障害の患者などに使われているのですが、効果が非常に強いため、初めから使うことはほとんどなく、先にSSRIやSNRIなどの新しい抗うつ剤を試してみても効果が不十分な場合に限り処方されているようです。

トリプタノールはどのように効き目を表す?

トリプタノールは、服用してから4.4時間ほどで血中濃度がピークになり、31時間で半減するとされているので、1日1~3回の中で服用することが多いようです。

そして、トリプタノールは血中濃度が高くなると副作用が出やすくなるため、医師の処方に従って、数回に分けて服用するようにし、飲み忘れた場合などはくれぐれもまとめて飲まないように注意しましょう。

トリプタノールの副作用は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

トリプタノールは、抗うつ剤の中で最も副作用が多いとされており、次の通り様々な症状が現れます。

・ 便秘

・ 口が渇く

・ めまいやふらつき

・ 眠気

・ 体重増加

・ 性機能障害

こうした副作用は、トリプタノールが色々な受容体に作用するためで、便秘や口が乾くといった症状は抗コリン作用が強いことで生じ、また抗ヒスタミン作用が強いため、体重増加をする方も多く、むくみや太るといった症状も現れるようです。

それから、抗α1作用も比較的強いので、ふらつきやめまい、眠気も強く、性機能障害は他の抗うつ剤ほどではないのですが、トリプタノールには多く生じると言われています。

スポンサーリンク

トリプタノールの離脱症状に注意!致死量も

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

トリプタノールは抗うつへの改善効果が高いため、その分依存性が高く、薬の服用をやめたとたん、調子が悪くなり激しい離脱症状に襲われます。

そして、薬を減らしてから数日ほどで、めまいや頭痛、吐き気やだるさ、しびれ、耳鳴り、イライラ、不安、不眠、ソワソワ感などが現れるそうです。

それから、SSRI系の薬の離脱症状でよくあるのが「シャンビリ」感といって、金属音のようなシャンシャンという耳鳴りと、電気が脳に突き抜けるようなビリビリとした感じがすることがよくありますが、トリプタノールを含む三環系にはわずかしか現れないそうです。

ちなみに、こうしたトリプタノールの離脱症状は、主にアセチルコリンの活動が急に高まることが原因で、セロトニンの低下も関係していると言われています。

そして、長い間薬を服用していると、身体は薬が入ってくることを前提に体調を整えるようとするので、急に薬を服用する量が減ってしまったりやめてしまうと、身体の調子が狂ってしまい不快な症状として現れるのです。

そのため、薬をやめたい、もしくは減らしたいという意志が芽生えた時は、自分で勝手にやめるのではなく、必ず医師に相談してペースを決めてもらって徐々に減らしていくようにし、自己判断で突然やめるようなことはしないようにしましょう。

それから、もしも離脱症状が出てきてしまったら、日常生活に支障がなければ様子を見ていくだけでも良いのですが、普段通り暮らすことができないほどであれば、すぐに病院を受診するようにしてください。

致死量にも注意!

トリプタノールは、深刻なうつ病やうつ状態の方が服用することが多いので、精神状態が悪い時に過剰服薬(オーバードーズ)をしてしまうことが多く、量にして500mgほどで中毒症状が見られるというので注意が必要です。

そして、2000~2500mgで致死的になってしまうので、処方量にもよりますが、およそ1ヶ月分の量を一気に服用すると非常に危険な状態に陥り、最悪の場合は不整脈や呼吸抑制により、死に至ることもあるそうです。

そのため、もしも家族などが致死量に相当するトリプタノールを飲んでしまったら、様子が落ち着くまで横にし薬が抜けるまで見守るか、危ない状態であればすぐに病院へ搬送するようにしてください。

アルコールとの併用は?

トリプタノールとアルコールを一緒に服用すると、肝臓での無毒化が遅くなるため、薬の吸収量が増えて、血液中の薬の濃度が一気に上がり、効果が出過ぎてしまうことがあります。

そして、精神の錯乱、幻覚、手の震え、食欲不振などがあるので、一緒に飲むのはもちろん、薬の服薬期間中の飲酒は避けるようにしてください。

トリプタノール10mgの薬価は?ジェネリックの購入方法も

トリプタノール10mgは医薬品のため、病院を受診した時に医師の処方箋がないと処方してもらうことができない薬ですが、先発薬の薬価は9.5円と、古くからある薬だけあって安価で済ませることができるそうです。

ただ、薬がなくなるたびに病院を受診するのは面倒ですし、診察料がかかるのも嫌だという方が多いのではないでしょうか。

一方、トリプタノールのジェネリックは、海外製品の販売しかないため、薬事法の関係でAmazonや楽天などの大手インターネット通販サイトでも購入ができません。

そこでオススメなのが、個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」で購入する方法です。

とはいえ、初めて個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか不安になってしまいますよね。

しかしそんな方でも、「オオサカ堂」であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができますし、こちらでは「ジェネリックトリプタノール10mg」の取り扱いがあります。

それから、「ジェネリックトリプタノール10mg」の気になるお値段ですが1箱100錠が1箱セットで1,628円と非常にお買い得で、複数購入すると割引があるようなので、まとめ買いしても良さそうですね。

ただし、服用量などは医師に指示された通りにした方が良いので、初めて使う場合は一度病院で診断してもらってから服用するようにしてください。

というわけで、トリプタノールのジェネリックの購入ならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひ気軽にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみてくださいね!

トリプタノール10mgのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ