ジェイゾロフト錠の効果と眠気や太るなどの副作用!酒はOK?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91精神的な落ち込みや不眠など心の病で悩んでいる方は、自分に合った抗うつ薬を色々試してみながら探していると思います。

ジェイゾロフトはそんな抗うつ剤の一つなのですが、その効果や、眠気・太る・不眠・吐き気・頭痛・下痢・食欲不振などの副作用や、逆に痩せる効果、酒との併用や飲み忘れた時、妊娠中の方への注意点が知りたいのではないでしょうか。

また、ジェイゾロフトを断薬した時の離脱症状やジェイゾロフトOD錠25mgの薬価、また、ジェネリックを通販で購入する方法についても気になりますよね。

そこで今回は、ジェイゾロフト錠の効果と眠気や太るなどの副作用、また、酒は大丈夫かといったことなどについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ジェイゾロフト錠の効果は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

ジェイゾロフトは、精神科などのクリニックで、うつ病やパニック障害、外傷後ストレス障害などの患者によく処方されている薬で、抗うつ剤の中では比較的効き目がおだやかで、ゆっくりと安全に効いてくるので、その分副作用も少ないことが特徴の薬です。

そして、抗うつ剤のタイプとしては「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」に分類され、気分に関係する神経伝達物質であるセロトニンを増やし、落ち込んだり不安にかられるといった心理状態を改善させてくれる効果があるとされています。

それから、主成分であるセルトラリンは気分をコントロールする神経伝達物質で、ノルアドレナリンとドーパミンを抑制する作用があるので、興奮状態に陥ることなく、落ち込んだ気分を平常な状態に回復させることができるそうです。

ジェイゾロフトの服用方法は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

ジェイゾロフトは1日100mgまで服用することができますが、最初は25mg~50mgから始め、少なくとも1週間以上の間隔をあけて、25mgずつ増量していくとされています。

そして、1日1回1錠を、水またはぬるま湯で服用し、口に含むと自然に溶けるので、飲み込むつらさなどもないそうです。

・ 飲み忘れた場合は?

飲み忘れに気づいた場合は1回分を服用して良く、次に服用する時間まで近い場合は飲まずに飛ばして問題ないそうですが、2回分を1度に飲んでしまうと副作用のリスクが高まるだけなので注意してくださいね。

・ アルコールとの併用はしてもいいの?

ジェイゾロフトの薬品説明書には「投与中は飲酒を避けることが望ましい。本剤との相互作用は認められていないが、他の抗うつ剤で作用の増強が報告されている」と書かれています。

なので、絶対にダメとはされていないものの、併用は好ましくないという内容なので、できるだけ飲酒は我慢するようにしましょう。

・ 妊娠中、授乳中の服用は?

妊娠に対する薬物の危険度は、「薬剤胎児危険度分類基準」というアメリカのFDAが出している基準を参考に判断するのですが、A,B,C,D,×の5段階で分類されるもののうち、ジェイゾロフトはC「危険性を否定することができない」に分類されています。

そのため、妊娠中は精神不安定になることもあると思いますが、それまでジェイゾロフトを服用していた方は服用を中止し、他の薬に切り替えた方が良いでしょう。

ちなみに授乳中の場合は、ジョイゾロフトは母乳に移行するため、内服している方は人工乳に切り替えてください。

スポンサーリンク

ジェイゾロフトの副作用は?離脱症状にも注意!

副作用は?

ジェイゾロフトは、比較的副作用が少ない薬と言われていますが、全くないわけではなく、主な抗うつ剤と比較すると以下のようになっています。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

この表を見ると分かる通り、便秘や口の渇き、尿閉という抗コリン作用や、ふらつきやめまい、抗ヒスタミン作用による眠気などが現れるようですね。

それから、眠気がある一方で「不眠」も出るようですが、これは「眠くなるけど、眠ると浅い眠りになってしまう」ということで、SSRIで多く見られる症状のようです。

さらに、SSRIの中でも、ジェイゾロフトには特に「性機能障害」が強く見られますし、抗ヒスタミン作用により体重が増加しやすい傾向にあります。

ただ、服用していきなり太るわけではなく、始めは吐き気や食欲減退といった副作用が現れることにより、体重が減り痩せることがあるのですが、薬に慣れてくると今度は食欲が増進したり、むくみなどの副作用で太ってしまう方が多いようです。

離脱症状に注意!

ジェイゾロフトの副作用などがつらい時やもう薬をやめたいと思った時、自己判断でいきなり減量してしまったり断薬してしまうと、いわゆる「シャンビリ」といって、耳鳴りがシャンシャン鳴ったり、手足がビリビリしびれるといった症状が現れるそうです。

これが断薬による離脱症状で、ジェイゾロフトは比較的この症状が出にくい薬ではありますが、減薬したい時などは必ず医師と相談しながら慎重に進めるようにしてください。

ジェイゾロフトOD錠25mgの薬価は?ジェネリックの購入方法も

ジェイゾロフトOD錠剤25mgは医薬品のため、糖尿病で病院を受診した時に医師の処方箋がないと処方してもらうことができない薬です。

そして、先発薬の薬価は93.5円のため、診察料なども含めると一回の処方で結構な金額がかかってきそうですよね。

一方、ジェイゾロフト錠のジェネリックは、海外製品の販売しかないため、薬事法の関係でAmazonや楽天などの大手インターネット通販サイトでも購入ができません。

そこでオススメなのが、個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」で購入する方法です。

とはいえ、初めて個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか不安になるのではないでしょうか。

しかしそんな方でも、「オオサカ堂」であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができますし、こちらではジェイゾロフトのジェネリックで、「ゾロフトジェネリックセルタ50mg」の取り扱いがあるようです。

*日本名ジェイゾロフト、海外名ゾロフト

(オオサカ堂ではジェネリックではないゾロフトの取り扱いもあります。)

それから、ゾロフトジェネリックセルタ50mgの気になるお値段ですが1箱150錠が1箱セットで3,158円とお買い得で、複数購入すると割引があるようなので、まとめ買いもお買い得です。

ちなみに、25mgから始める場合はピルカッターでカットして、服用するようにしてくださいね。

というわけで、ジェイゾロフトのジェネリックの購入ならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひ気軽にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみてくださいね!

ジェイゾロフトのジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

ゾロフトをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ