ラメルテオンの効果と副作用や半減期!小児や個人輸入についても

ラメルテオンは、2010年に発売されたロゼレムの主成分で、自然な眠りを促してくれる睡眠薬とされているので、使用を考えている人も多いと思います。

そのため、ラメルテオンのせん妄などに対する効果と半減期、作用機序、代謝に関することや、副作用について知りたいのではないでしょうか。

それから、ラメルテオンは小児も飲んで良いのかといったことや、個人輸入ができる通販のオススメについても気になりますよね。

そこで今回は、ラメルテオンの効果と副作用や半減期、また、小児の服用や個人輸入などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ラメルテオンの効果と半減期は?作用機序も

ラメルテオンは2010年に発売開始されたロゼレムの主成分で、数ある睡眠薬の中では比較的新しい薬です。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

そして、ラメルテオンはマイスリーやルネスタ、ハルシオンなどの「ベンゾジアゼピン系・非ベンゾジアゼピン系」の睡眠薬とは作用機序に大きな違いがあり、それまで課題とされてきた副作用の発生なども大幅に改善され、安全性に期待ができるとされています。

それから、その作用機序として、ラメルテオンは睡眠ホルモンのメラトニンに似た働きをする薬で、

・ 血圧・呼吸・脈拍を低くする

・ 体の深部の体温を上げる

・ 副交感神経を優位にして、気持ちを落ち着かせる

といった作用があります。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

そして、メラトニンは夜間に多く分泌される物質で、メラトニンを分泌することにより人間の体は睡眠に適した状態になります。

それから、ベンゾジアゼピン系・非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、脳の興奮を抑えることで睡眠へと導くのですが、ラメルテオンはメラトニンと同じように体内時計を調節することで、睡眠に適した状態に誘導してくれるそうです。

作用時間と半減期は?どんな方に向いている?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

ラメルテオンを服用した後は、1時間弱で体内の薬の濃度が最も高くなる最高血中濃度に達し、1時間以内に濃度が半分になる半減期を迎えます。

このように、半減期になるまでがとても短く、数十分しかないので薬が効いている時間が短すぎるように感じますが、眠りについてからは体内から分泌されるメラトニンによって睡眠が維持されるため、血中濃度が低くなっても眠りが浅くなるわけではありません。

こうしたことから、ラメルテオンは「明け方まで眠れない」「睡眠の時間帯が1時間ずつ遅れていく」などの症状が現れる概日リズム睡眠障害の改善に最も効果を発揮します。

・ 概日リズム睡眠障害とは?

概日リズムとは、体内時計によって繰り返される24時間ごとの体のリズムのことで、このリズムが狂うことで社会生活に支障をきたす状態を概日リズム睡眠障害と言い、不規則な生活をしている方が陥りがちです。

なので、例えば勤務時間が不規則な方や、海外出張が多く時差ぼけがしょっちゅうあるという方などに効果的ですね。

尚、ラメルテオンには不安やイライラなどを和らげる抗不安作用が含まれていないため、不眠の原因が精神的要因にある方にとってはあまり効果はないとされています。

・ せん妄に対する効果はある?

せん妄及び認知症に対する有効性は確立されていませんが、せん妄の予防や認知症の改善に有効という研究結果はあるそうです。

一方、うつ病を合併している方への有効性や安全性は確立していないので、服用は必ず医師の指示のもとで行なうようにしましょう。

スポンサーリンク

ラメルテオンの副作用は?使用上の注意も

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

ラメルテオンは、ベンゾジアゼピン系・非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬と比べると、かなり副作用が抑えられています。

とはいえ、全くゼロではなく、よくある報告とは眠気、頭痛、倦怠感、浮動性めまいなどが報告されています。

そして、頻度は少ないですが、発疹や便秘、悪心、耳鳴りなどの症状が起こる場合もあります。

それから、睡眠薬なので眠気が生じるのは当たり前なのですが、副作用としての眠気は、目が覚めてからも続く眠気で「持ち越し効果」と言います。

また、発生頻度はごくまれですが、重大な副作用としてアナフィラキシーショック(蕁麻疹、血管浮腫など)が報告されているので、異変を感じたらすぐに医師に相談しましょう。

さらに、ラメルテオンは依存性がないという点がポイントで、他の睡眠薬に比べて急にやめたとしても禁断症状が出にくいので、長期運用のリスクも低い薬です。

使用上の注意は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%96

ラメルテオンは、基本的には1日1回、1錠を就寝前に服用し、効果が発揮されている間は就寝していることが好ましいそうです。

それから、食事中や食後にラメルテオンを服用すると、薬が充分に吸収されず効果が薄れてしまう可能性があるので、空腹時に飲むこともポイントです。

また、ラメルテオンは肝臓で代謝されるため、重い肝機能障害がある方にはラメルテオンの効果が強く現れる可能性があることから、ラメルテオンの服用は止められています。

さらに、重い睡眠時無呼吸症候群の方や、脳に器質的障害のある方は服用しないこととされているので、該当する方は服用しないようにしてください。

ちなみに、小児についての安全性は十分に確認されていませんので、個人の判断で使用せず、医者に相談するようにしましょう。

ラメルテオンは市販で買える?通販のオススメも

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%97

ラメルテオンの市販薬はまだ開発されていないため、薬局などで購入することはできないのと、薬事法の関係でAmazonや楽天などインターネット大手通販サイトでも購入することができません。

そのため、基本的には病院を受診して処方してもらわなければならないのですが、睡眠薬として使いたい方は毎回病院を受診して処方してもらうのも面倒なのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、インターネットの個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」で、こちらではラメルテオンのジェネリック「Remitax」の取り扱いがあります。

そして、成分や効果についてはもちろん同じですが、8mgが100錠入って1箱4,617円で、複数購入すると、まとめ買い割引が効くのでおすすめです。

とはいえ、初めて個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか不安になるのではないでしょうか。

しかしそんな方でも、「オオサカ堂」であれば対応が早く丁寧で、信頼できるとユーザーからも評判が高いので、個人輸入代行の初心者でも問題なく使うことができるので、口コミも見てみると良いですよ。

というわけで、ラメルテオンのジェネリックの購入ならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひ気軽にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみてくださいね!

ラメルテオンジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ