プロベラ錠の効果と副作用や生理への影響!男性の女性化効果も!

%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%99%e3%83%a9不妊治療や更年期障害の治療などを検討している女性は、女性ホルモン製剤のプロベラという薬名を聞いたことがある方も多いと思います。

なので、プロベラ錠の効果で妊娠したといったことや、生理や基礎体温への影響で生理が来ない、基礎体温が上がらない場合、副作用で男性の女性化効果や、プレマリンとの併用についても知りたいのではないでしょうか。

また、プロベラのジェネリックを購入できる通販のオススメも気になりますよね。

そこで今回は、プロベラ錠の効果と副作用や生理への影響や、男性の女性化効果についても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

プロベラ錠の効果は?生理への影響など

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

プロベラ錠は女性ホルモン製剤で、子宮内膜分泌作用や妊娠維持作用があり、黄体ホルモン不足などによる症状を改善するため、通常は月経異常、機能性子宮出血(子宮からの異常な出血)、不妊症、流早産の治療に用いられるそうです。

そして、主成分はメドロキシプロゲステロン酢酸エステルで、1錠に2.5mg含まれており、この薬は黄体ホルモンとして作用することで、黄体ホルモンの不足やバランスの崩れで起こる色々な症状を改善するとされています。

また、エストロゲンを抑制するなど複合的な作用もあるので、エストロゲン依存性のがん細胞(乳がんや子宮がん)の増殖を抑える効果もあるそうです。

プロベラの服用中の変化

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

生理の5日前から内服し、連続7日の内服ができた場合、排卵は抑制されますが、不意の排卵はあるので、妊娠したくない時には気をつける必要があります。

そして、プロベラは排卵した後に、卵巣から出る黄体ホルモンの代わりなので、内服中は黄体ホルモンにより内膜が維持されるため、生理は来なくなります。

そのため、内服終了後、2~4日ほどで基礎体温が下がり、生理になります。

こうした生理が来る条件として、排卵前に卵巣から出る卵胞ホルモンによって下地の内膜ができていることがありますが、プロベラによって下地の内膜の上にしっかりとした内膜がかかり、その内膜が子宮の境界から剥がれ生理になり、内膜が一掃されるとされています。

一方で、卵胞ホルモンにより下地の内膜ができていないと、いくら黄体ホルモンを作用させても生理はきません。

なので、基礎体温が上がらず、1週間くらいしても生理がこない場合は、卵胞ホルモンが出ていなかった可能性があります。

また、内服中に出血がある場合は、それは長期にわたり無排卵が続き、卵胞ホルモンによってできる下地の内膜が厚くなりすぎている時なので、その場合、プロベラでは内膜が維持できず、一部がはがれて出血しているのだそうです。

プロベラによる不妊治療

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

プロベラは、無月経や月経周期異常といった症状を治療するために、上記のような作用を期待して服用することもありますが、黄体機能不全による不妊症にも処方されます。

そして、黄体機能不全に陥っている場合、黄体期が短縮することで月経周期が全体として短縮したり、黄体期、すなわち予測される月経の約2週間前に異常出血を起こしたりします。

それから、基礎体温を測ると正常排卵周期では13~14日続く高温期が退縮しているのが分かり、ただ、診断する基準には高温期が10日未満の時に黄体機能不全とする場合と、12日未満の時にする場合とがあり、はっきりとは確立していないそうです。

そのため、さらにプロゲステロンの分泌量が低いかどうかを、黄体期での血中プロゲステロン値の測定でチェックし、10mg/ml未満であれば黄体機能不全である可能性が高いと判断するそうです。

このため、プロベラの服用を行なって黄体ホルモンとして作用することで、子宮内膜の状態を柔らかく厚くし、受精卵が着床しやすい状態にし、着床後の成長を順調にさせる作用を起こしながら、積極的な排卵誘発法を行なって、不妊症を改善することができるとされています。

プロベラとプレマリンの併用も

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

プロベラは黄体ホルモンを主に補う薬で、プレマリンはエストロゲンを主成分とした女性ホルモンの卵胞ホルモン剤として知られていますが、この二つを併用することで、避妊薬としての効果も期待できます。

というのも、それぞれを月経周期に合わせて服用することで、卵巣を刺激し、卵胞刺激ホルモンの分泌を滞らせ、卵胞の成長を妨げるので、排卵が起こることがなく、妊娠するリスクを下げる効果が期待できるそうです。

そのため、プロベラは医師との相談で、目的に応じて使い分けることができるのですね。

スポンサーリンク

プロペラの副作用は?男性の女性化作用など

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%96

プロペラには、主に次の5つの副作用が報告されています。

1、 血栓症

プロベラの服用により、脳梗塞、心筋梗塞、肺塞栓症、腸間膜塞栓症、網膜血栓症、血栓性静脈炎などの症状が現れたことがありますが、これらは全てプロベラの副作用で、血管内で生じた血の塊が突然血管内で詰まってしまうことで起きるそうです。

そのため、胸の痛みや呼吸困難、全身や下半身を中心としたむくみや頭痛など気になる症状があれば早めに医師に相談しましょう。

2、 鬱血性心不全

プロベラの服用により、頻度は不明ですが鬱血性心不全が現れたことがあるので、観察を充分に行なう必要があります。

そのため、息苦しさ、下半身のむくみ、首の血管が腫れて見えるなどがあれば、早めに医師に相談しましょう。

3、 アナフィラキシーショック

極稀ですが、アナフィラキシーショックの報告もあります。

そのため、呼吸困難、全身のほてり、血管がむくんで浮き出て見える、じんましんなどの症状が現れたら、すぐに服薬を中止して医師に相談しましょう。

4、 乳頭水腫

乳頭水腫とは、脳周囲の圧力が上がることにより、視神経が眼球に入る部分が腫れた状態になることなので、視力の低下または消失、眼球突出、複視、偏頭痛が急に現れたら服薬を中止し、医師に相談してください。

5、 女性化効果

プロベラの副作用の一つに、乳腺の発達や、乳首周辺の肌の変化があるので、MtFの治療法などで女性化効果を目的として処方されることがあります。

ただ、黄体ホルモンだけの投与ではそれほどはっきりとした変化は見られないため、プロゲステロンか、抗男性ホルモンを組み合わせて処方することで、男性ホルモンの生成を妨げ、より強い女性化効果を狙った方法の方が一般的のようですね。

プロベラのジェネリックを購入するならオオサカ堂がオススメ!

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%97

プロベラは、不妊治療や更年期障害で婦人科を受診すると処方してもらえますが、そのたびに毎回診察料を払うのも嫌だし、忙しい時期には手間という方もいますよね。

でも、プロベラは薬事法の関係でAmazonや楽天などの大手インターネット通販サイトでは購入ができないので、オススメなのが個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」でプロベラのジェネリックを購入する方法です。

とはいえ、初めて個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか不安になるのではないでしょうか。

しかしそんな方でも、「オオサカ堂」であれば対応が早く丁寧で、信頼できるとユーザーからも評判が高いので、個人輸入代行の初心者にもオススメなので、実際に使用しているユーザーの口コミも参照してみてくださいね。

(オオサカ堂ではジェネリックではないプロベラの取り扱いもあります。)

それから、プロベラジェネリックの気になるお値段ですが、1箱100錠が2,685円で、2箱で4,303円、3箱で5,997円と、複数購入すると割引がきく仕組みになっています。

なので、長く継続していきたい方はある程度まとめ買いしても良さそうですよね。

というわけでプロベラの購入ならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひ気軽にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみてくださいね!

プロベラジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

プロベラをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ