エチゾラム錠の副作用や依存性と致死量!個人輸入禁止の理由も!

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91精神的な悩みや仕事のストレスで、眠れない、不安感がぬぐえないという方は、抗不安薬で自分の体質に合うものを探していると思います。

エチゾラム錠は、そんな抗不安薬、精神安定剤として広く使われているのですが、眠気や離脱症状などの副作用や、依存性と致死量などを知っておきたいのではないでしょうか。

また、エチゾラムは輸入禁止とされているのでその理由や、個人輸入での購入方法で通販のオススメも気になりますよね。

そこで今回は、エチゾラム錠の副作用や依存性と致死量、また、個人輸入禁止の理由についても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

エチゾラム錠の副作用は?依存性や致死量も

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

エチゾラムは気分をリラックスさせ、不安や緊張感を和らげたり、寝付きを良くする作用のある精神安定薬です。

そして、神経症やうつ病など精神的な病気はもちろん、心身症のような体の不調が全面に出る病気にも使われます。

それから、心身症は精神的な要因や自律神経の乱れがもたらす心と体の病気で、例えば、ストレスで血圧が上がったり、胃腸の調子が悪くなったり、心臓がどきどきしたりするので、生活に支障が現れます。

そのため、エチゾラム錠は上記のような心身症や不安神経症、パニック障害など各種の不安障害を中心に、自律神経失調症、更年期障害、うつ病や不安症、統合失調症や躁病の急性期などに応用されることも多いそうです。

また、作用機序としては、脳のリラックス系の神経受容体「BZD受容体」に統合することでリラックス系の神経を活性化させ、次のような具体的な作用があるとされています。

・ 抗不安作用:おだやかな作用で不安や緊張感を和らげます。

・ 鎮静、催眠作用:興奮状態やイライラを鎮めたり、寝付きを良くします。

・ 筋緊張緩和作用:筋肉のこわばりや、つっぱりをほぐす作用があるため、頑固な肩こり、腰痛、緊張型頭痛などにも応用されます。

・ 抗けいれん作用:けいれんを予防したり抑制する効果があります。

それから、エチゾラムの致死量ですが、致死量がないわけではないのですが、実際には数万錠も服用しなければ呼吸が抑制されることはなく、死に至ることはないとされています。

そして、ラットを使った実験では、半数が死んでしまうエチゾラムの量は1kgあたり雄で3,619mg、雌で3,509mgと報告されていて、これを体重50kgあたりの女性に当てはめてみると、エチゾラムを175,450錠も服用しなければ致死量とならないことが分かります。

そのため、現実的にはエチゾラムで死ぬことはないとされていますが、もしも過剰服薬をしてしまった場合は、横を向かせるようにして寝かせ、薬が抜けるのを待ちましょう。

また、エチゾラム以外の薬も同時に過剰服薬しているようであれば、すぐに病院へ搬送するようにしましょう。

副作用は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

エチゾラムは精神安定薬の中でも安全性が高く、重い副作用はほとんどないとされますが、全くないわけではありません。

そして、比較的出るものとして、眠気、ふらつき、けん怠感、脱力感などがあるので、車の運転をよくする方や、高所での作業をする方は気をつけるようにし、服用量以上を使用しないようにしましょう。

また、安全性が高いといっても、むやみに量を増やすと薬の依存性が高まり、定期服用中に薬を急にやめると、イライラや不安感、ふるえ、不眠といった反発的な症状が現れるので、医師に相談しながら徐々に減量するという注意点があります。

その他にも、生理不順などの副作用が報告されているそうです。

スポンサーリンク

エチゾラム錠剤の輸入禁止の理由とは?

エチゾラムは副作用が少ないとのことでしたが、実際には乱用や依存性の問題が起きており、2016年9月より次のようなパブリックコメントが発表され、2016年10月14日以降は日本への個人輸入が禁止されることになりました。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

そして、精神科の薬は基本的には脳に直接作用させる目的で処方されていますが、実際には多幸感や健忘といった副作用を記載し、乱用されるケースが多発してしまっていました。

また、これらの薬の作用に体が慣れてしまい、薬に依存して止められなくなるケースも続出し、問題視された結果、個人輸入禁止に至ったようです。

ただ、医療業界では非常に重要な薬として扱われ、エチゾラムのような向精神薬によってたくさんの方が救われているのも事実なのですが、現在病院では、2週間、または1ヶ月分までの処方と処方量への制限がかかったそうです。

精神安定薬ならハイプロンがオススメ?!通販も

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

エチゾラムと同じ非ベンゾジアゼピン系の抗精神不安定薬でハイプロンという薬があります。

そして、ハイプロンは統合失調や極度の不安感や緊張感、抑うつ状態などに使う抗精神薬の一つで、睡眠導入剤として薬効区分されている薬ですが、ザレプロンを成分とした鎮静薬のため、不眠症などで充分に睡眠がとれない症状に利用されています。

そして、ザレプロンは、ベンゾジアゼピン受容体と結びついて脳内の神経に抑制的に働く物質であるGABA(ガンマアミノ酪酸)の作用を増強し、興奮を抑えることで不安や緊張を和らげ、寝付きを良くし、夜間の睡眠を持続させる効果があります。

また、ザレプロンは長短時間型睡眠薬に分類され、服用とともに速やかに血中濃度が上昇し、優れた入眠効果を期待ができ、起床時に残薬感を残さず、目覚めの良さを自覚できるところも特徴だそうです。

こうしたことから、エチゾラムと似たような効果を期待することができ、ハイプロンはそれまでの睡眠薬よりもより自然な睡眠に導くように開発されているので、エチゾラムよりも多少は副作用が少ないようです。

そのため、用法用量の中で服用していれば、問題が起きることなく、乱用の危険性も少ないようですね。

ハイプロンを購入するならどこがオススメ?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%96

ハイプロンも処方薬なので、病院で都度医師に処方してもらう必要があるのですが、忙しい時期や使い慣れている方にとっては、自分自身で購入ができた方が楽ですよね。

でも、ハイプロンは薬事法の関係でAmazonや楽天などの大手インターネット通販サイトでは購入ができないので、オススメなのが個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」で購入する方法です。

とはいえ、初めて個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか不安になるのではないでしょうか。

しかしそんな方でも、「オオサカ堂」であれば対応が早く丁寧で、信頼できるとユーザーからも評判が高いので、個人輸入代行の初心者にもオススメなので、実際に使用しているユーザーの口コミも参照してくださいね。

それから、ハイプロンの気になるお値段ですが、1箱が2,802円で、小分けのシート購入もできるので、お試しで使ってみることもできる価格ですね。

というわけで、ハイプロンの購入ならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひ気軽にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみてくださいね!


*「ハイプロン」と入れて検索してください!

スポンサーリンク

このページの先頭へ