アレグラ60の飲み方や花粉症への効能と副作用!ジェネリックも

%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%82%b0%e3%83%a960花粉症や鼻炎持ちの方は、薬が手放せないものの、眠気の作用が辛くて、もう少し体に合ったものはないか探している方が多いのではないでしょうか。

そして、アレグラ60も花粉症や蕁麻疹対策に良い抗ヒスタミン薬の一つなのですが、その成分や効果・効能、眠気などの副作用、薬の用量や一回何錠飲むかなどの飲み方や用法、風邪による咳に効果はあるのか、薬の使用期限や他の薬との飲み合わせといった注意点も知りたいですよね。

それから、アレグラ60が効かない場合の理由や、授乳中や妊娠している方への注意点、市販やジェネリックの通販でオススメについても気になると思います。

そこで今回は、アレグラ60の飲み方や花粉症への効能と副作用、また、ジェネリックなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

アレグラ60の成分や効果・効能

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

アレグラは、花粉症の治療薬としてサノフィ社から発売されている抗ヒスタミン薬で、よく効き、眠気の副作用も少ないといった特徴があり、国内でもアレグラは処方薬の他に、久光製薬から発売されている市販薬でアレグラFXがあり、なじみ深い薬ですよね。

そして、主成分としてフェキソフェナジン塩酸塩を使用しており、これによってアレルギー症状の発症原因となるヒスタミンの受容体の働きを抑える作用があり、鼻炎などの症状を緩和するとされています。

それから、アレグラはスギ、ヒノキなどをはじめとした季節性アレルギー鼻炎の諸症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)を緩和するだけでなく、ダニやハウスダストが原因で起こる通年性のアレルギー性鼻炎にも効果があるので、年中花粉症のような症状が続いている方にも重宝するそうです。

また、花粉症の他にも、蕁麻疹や皮膚疾患の治療にも使われているそうです。

そして、アレグラの処方薬には60mg錠以外にも、30mg錠、120mg錠、180mg錠があり、水無しで飲めるOD錠60mgもあります。

それから、粉末状のドライシロップタイプでは、アレグラドライシロップ5%があるそうですよ。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

ちなみに、抗ヒスタミン薬には様々なものがありますが、この図を参照すると分かる通り、アレグラは効果もまあまあ強いのですが、眠気の作用はそれほど強くはないとされています。

・ アレグラ60は風邪にも効果があるの?

風邪の時はアレルギー性鼻炎によるくしゃみと似たような鼻の症状も出ますし、咳がでることもありますが、残念ながら原因そのものが違うため、アレグラ60を風邪の時に使用しても効果はありません。

アレグラの飲み方は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

アレグラは、成人の場合、通常1回60mgを1日2回までとされていて、12歳以上も1回60mgを1日2回、7歳以上12歳未満だと1回30mgを1日2回と決められています。

そして、アレグラの効果持続時間は長くても半日程度なので、午前7時と午後7時など、自分でタイミングを決めて飲むようにしましょう。

・ 効かない場合もある?

アレグラの効果持続時間は半日程度なので、1日に1錠しか飲まなかったり、あるいは2錠まとめて飲んだりすると十分な効果が得られず、効果がないと感じる方がいるようです。

なので、用法用量通りに必ず1日2回飲むようにしましょう。

スポンサーリンク

アレグラ60の副作用は?使用上の注意も

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

アレグラ60の主な副作用としては、頭痛や眠気、めまい、吐き気などが報告されており、その他にも倦怠感、胃腸炎、血管浮腫、喘息の急速な悪化、蕁麻疹、発疹などがあるそうです。

そして、重症な副作用としては、呼吸困難や血圧の低下、胸傷の場合はアナフィラキシーショックを起こしている可能性があり、さらに肝機能障害の可能性などもあるそうなので、異変を感じたらすぐに医師へ相談するようにしましょう。

飲み合わせの注意点は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%96

アレグラには、様々な他の薬との飲み合わせに関する注意点があるので、次の通りチェックしましょう。

・ 風邪薬

市販の風邪薬の多くは、鼻炎症状を緩和する「抗ヒスタミン効果」が備わっているので、風邪薬とアレグラを一緒に併用すると、同成分の過剰摂取によって眠気などの副作用が強く出る可能性があるので、できるだけ控えましょう。

・ 鎮痛剤

一般の鎮痛剤に含まれている成分には、合成ヒドロタルサイトや酸化マグネシウムなどを使用していることが多く、これらはアレグラの効果を弱めてしまうことがあります。

そのため、パッケージの記載を確認して、併用しないように注意しましょう。

・ 胃薬

胃薬にも、炭酸水素ナトリウム、酸化マグネシウム、合成ヒドロタルサイト、水酸化アルミニウム、水酸化マグネシウムなどが配合されており、これらはアレグラの抗ヒスタミン作用を弱めてしまうので、併用を控えるようにしましょう。

・ エリスロマイシン

エリスロマイシンはマクロライド系の抗生物質でマイコプラズマなどに用いられる薬ですが、アレグラと併用するとアレグラの作用が強く出てしまい、眠気などの副作用も強く出るので、飲み合わせには注意が必要です

授乳中や妊娠中は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%97

アレグラの中でも市販のアレグラFXに関しては、処方薬と違って妊娠中の使用は医師や薬剤師に相談してからとなっています。

そして、基本的には異常が起きた事例などは報告されていないのですが、納得してから服用できるようにかかりつけの医師に相談してからの方が良いでしょう。

それから、授乳中に関しては、アレグラのメーカー公式情報として

「授乳中の婦人には本剤投与中は授乳を避けさせること。

動物実験で乳汁中へ移行することが報告されている」

と発表されています。

そのため、授乳中の方が服用する場合は授乳を避けるか、服用する前に医師に相談するようにしましょう。

アレグラのジェネリックや通販のオススメ!

アレグラには、市販のアレグラFXや、病院でも処方薬があることをお伝えしましたね。

でも、そのたびに病院を受診するのは面倒ですし、120mgなどを処方された場合は、1回の服用が60mgなので、専用のピルカッターでカットしなければならず、これも手間になります。

一方で、アレグラFXの値段は14錠で1,314円と結構高く、薬局ですぐに手に入る点は嬉しいですが、年中花粉症で薬が手放せない方にとってはつらいですよね。

そこでオススメなのが、インターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」でアレグラのジェネリックを購入する方法です。

とはいえ、初めて個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか不安になりますよね。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%97

しかしそんな方でも、「オオサカ堂」であれば対応が早く丁寧で、信頼できるとユーザーからも評判が高いので、個人輸入代行の初心者でも安心して利用することができますよ。

それからアレグラのジェネリック120mgの気になるお値段ですが、オオサカ堂の場合、1箱20錠入って1,209円ですが、2箱だと1,747円、3箱で2,226円と、複数買うとお買い得になります。

また、アレグラ60と同様に使用する場合は、アレグラのジェネリック120mgを半分にカットして服用する必要があるので、3箱まとめ買いして付属品のピルカッターを使用すると、市販で購入するよりもかなりお買い得になりますよ。

それに、アレグラの薬の使用期限は3年もあるので、まとめて買っておけば必要な時に使えて便利ですよね。

というわけで、アレグラジェネリックの購入ならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひ気軽にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみてくださいね!

アレグラのジェネリック120mgをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ