メリスロン錠の効果と眠気などの副作用!効かない原因と対処法も

%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%ad%e3%83%b3%e9%8c%a0ぐるぐるとした回転性のめまいや、乗物によってめまいを起こしたことがある人も多いと思います。

メリスロン錠6mgや12mgはそんなめまいや酔い止めに効く薬なのですが、その効果やセファドールとの併用、飲み合わせの注意点、眠気などの副作用や、妊婦や授乳中の場合など使用上の注意点についても知りたいのではないでしょうか?

それから、メリスロンが効かない原因と対処法や、市販薬はあるのか、ジェネリックを購入する場合のオススメについても気になりますよね。

そこで今回は、メリスロン錠の効果と眠気などの副作用や、効かない原因と対処法についても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

メリスロン錠の効果は?効かない場合でセファドールの併用など!

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

メリスロンは、ベタヒスチンを主成分とし、特にメニエール病という回転性のめまいや難聴、耳鳴り、耳閉感の4症状を起こす病気の治療薬や、酔い止め薬として処方されることが多いです。

そして、メニエール病は30~40代の女性に多いと言われ、特に先進国に多く見られる難病で、ストレスが原因であるとされていますが、そのメカニズムは未だ解明されていません。

それから、飲み方としては1回6mgを2錠か、12mgを1錠、1日3回食後に服用するのが一般的ですが、症状や年齢によって増減が可能で、服用時は必ず医師に指示された用法用量を守ることとされています。

また、飲み忘れてしまった場合は気がついた時に早めに飲んでも良いですが、まとめて2回分を飲む行為は厳禁なので、次に飲む時間が近いといったことがあれば、飲み忘れた分は飛ばしても問題がないそうです。

メリスロンはどう作用する?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

めまいが起きる時、多くの場合は耳が関係しているとされていて、周りがぐるぐる回っている感覚やふわふわした感じなどはメニエール病に見られる症状なのですが、耳の内側のリンパ液が増え、水ぶくれになり、それによって平衡感覚に異常が生じてめまいが起きると考えられています。

そこで、メリスロンは内耳の筋肉をゆるめたり、血流を増やすことによって内リンパ水腫を改善するよう働きかけ、首から頭部をつなぐ太い動脈の血流を増やす効果もあり、それによって脳内循環を良くし、めまいの改善に働きかけることもあるそうです。

ただ、こうした内リンパ水腫が原因でない場合は、メリスロンがめまいに効かないことがあります。

メリスロンが効かない場合は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

メリスロン以外にめまいに効く薬としてセファドールがあります。

これは、内リンパ水腫を改善する薬ではなく、左右の血流のバランスを整えたり、耳鳴りの原因となる神経の興奮を抑える薬で、全く別の効能を持つそうです。

そのため、メニエール病である可能性が高い場合にはメリスロンを、内リンパ水腫以外の内耳障害が原因である場合にはセファドールが有効と考えられて処方されるようですね。

ただ、めまいの状態を客観的に表現するのは難しいので、メリスロンとセファドールを一緒に処方され、併用することはよくあるそうです。

スポンサーリンク

メリスロン錠の副作用は?飲み合わせの注意点など

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

メリスロンの副作用としては

・発疹

・吐き気

・嘔吐

・頭痛

・胃痛

・眠気

などが報告されているので、服用後の乗物の運転や、高所での作業などは避けた方が良いでしょう。

そして、飲み合わせについて禁忌とされているものはないのですが、前述の通りヒスタミンによく似た構造をした成分が配合されているので、ヒスタミン様作用により、気道の収縮、胃酸の分泌が促進されるため、次の疾患を持っている方は悪化するリスクが伴います。

・ 胃潰瘍

・ 十二指腸潰炎

・ 喘息

・ 褐色細胞腫

・ その他のアレルギー経験

また、妊娠中や授乳中の方、高齢の方、小児についても、安全性が確立されていないため、医師に相談してから服用するようにしましょう。

それから、メリスロンを服用している時に飲酒をすると、副作用のリスクが高まるだけなので、アルコールは控えるようにしましょうね。

メリスロンの市販薬はある?ジェネリックの購入方法も

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%96

メニエール病自体に市販薬で効果的なものはないので、当然メリスロンの市販薬はなく、病院を受診して処方してもらう必要があるのですが、長く患っている方にとってはその都度病院を受診するのも手間ですし、診察料を払うのも嫌ですよね。

でも、メリスロンは薬事法の関係でAmazonや楽天などの大手インターネット通販サイトでは購入ができないので、オススメなのが個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」でメリスロンジェネリックを購入する方法です。

とはいえ、初めて個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか不安になるのではないでしょうか。

しかしそんな方でも、「オオサカ堂」であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心ですし、実際に使用している方たちの口コミを見れば、安心して買い物ができることが一目瞭然ですよ。

(オオサカ堂ではジェネリックではないメリスロンの取り扱いもあります。)

それから、メリスロンの気になるお値段ですが、1箱140錠で2,360円で、複数注文すると割引があるようなので、長く継続していきたい方はある程度まとめ買いしても良さそうですよね。

というわけでメリスロンの購入ならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひ気軽にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみてくださいね!

メリスロンジェネリック12mgをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

メリスロン6mgをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ