セチリジンの花粉症への効果と眠気などの副作用!市販薬はある?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91セチリジン塩酸塩錠は、1998年にグラクソ・スミスクライン製薬会社から発売されたジルテックのジェネリック医薬品です。

そのため、セチリジンの花粉症への効果と眠気などの副作用、アレロックとの違い、効かない場合などについて知りたいのではないでしょうか。

また、セチリジンの基本の使用方法や妊娠中や授乳中の注意点、OTC医薬品はあるのか、ジェネリックの購入のオススメについても気になりますよね。

そこで今回は、セチリジンの花粉症への効果と眠気などの副作用、また、市販薬はあるのかといったことなどについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

セチリジンの効果や副作用は?アレロックなどとの違いも

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

セチリジンはアレルギーの時に過剰分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できる抗ヒスタミン薬です。

そして、具体的には花粉症などのアレルギー性疾患や蕁麻疹などの皮膚疾患に使われています。

それから、抗ヒスタミン薬は効果を求めれば求めるほど眠気が強くなるジレンマがあって、セチリジンも効果が強いために眠気が強く出る抗ヒスタミン薬です。

また、この眠気だけを取り除いたザイザルが同じグラクソ・スミスクライン製薬会社から発売されたため、セチリジンは処方されることが少なくなっていますが、2016年時点ではザイザルはまだ新しい薬なので、ジェネリック医薬品が登場していないそうです。

セチリジンの副作用は?

%e7%94%bb%e5%83%8f3

セチリジンは抗ヒスタミン薬の中でも効果が強いので、その分眠気の作用も強く、そのため運転などの仕事の人は、セチリジンはオススメできません。

その他にも、倦怠感、口の渇き、めまい、頭痛なども報告されていて、これらは抗ヒスタミン薬がわずかに持つ抗コリン作用というアセチルコリンの働きを抑えてしまう作用が関係しています。

それから、抗コリン作用は唾液の分泌を減少させたり、胃腸の働きを低下させてしまいます。

そのため、肝機能障害や腎障害をお持ちの方はセチリジンを服用することができないので注意しましょう。

アレロックとの違いは?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

セチリジンはジルテックのジェネリックなので、この画像だとジルテックの位置を見ると薬の効き目や眠気の作用などが分かりますが、アレロックの方がセチリジンよりも効果が強く、その分副作用も若干強いそうです。

なので、アレロックよりも効果が弱くても、眠気の作用が軽いものを選びたい場合はセチリジンに替える方が多いようですね。

スポンサーリンク

セチリジンの飲み方の注意点

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

セチリジンは1回10mgを1日1回、就寝前に服用する薬です。

そして、最高血中濃度は1.4時間、半減期は6.7時間となっていますが、これはセチリジンを服用して1.4時間で血中濃度がピークとなり、そこから6.7時間経つと半分の濃度になることを意味しています。

それから、子供の場合はセチリジン5mgを1日2回、朝食後と就寝前に服用する必要があり、これによって血中濃度が安定して副作用が軽減されるとされています。

また、妊娠中の方や、産後授乳中に蕁麻疹を起こした場合、抗ヒスタミン薬の服用に迷う女性は多いと思いますが、抗ヒスタミン薬の中でも安全性の評価は異なるそうです。

そして、セチリジンの先発薬であるジルテックは「L2」の評価で、これは比較的安全という意味で、少数例の研究に限られますが、授乳中の乳児への有害報告は今のところないそうです。

それから、最も安全の「L1」評価の抗ヒスタミン薬はクラリチンだそうなので、妊婦さんや授乳中の方は服用前に医師と相談してから決めた方が良さそうですね。

セチリジンの市販薬はある?ジェネリック購入のオススメも

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%96

セチリジン塩酸塩配合のスイッチOTC医薬品(市販薬)には「コンタック鼻炎Z」がありますが、15歳以上が対象となっており、15歳未満の小児は服用することができません。

そのため、小児が服用したい場合は、病院を受診して小児でも服用できるセチリジン5mgなどを処方してもらうしかありません。

ただ、毎回病院を受診して診察料を支払うもの嫌だし、手間だという方はインターネットで購入したいと思いますが、セチリジンは薬事法の関係でAmazonや楽天などの大手インターネット通販サイトでは購入ができません。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%97

そこで、オススメなのがインターネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」で、こちらにはセチリジン10mg100錠の取り扱いがあります。

とはいえ、初めて個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか不安になるのではないでしょうか。

しかしそんな方でも、「オオサカ堂」であれば対応が早く丁寧で、信頼できるとユーザーからも評判が高いので、個人輸入代行の初心者でも安心して使うことができますよ。

それからセチリジンの気になるお値段ですが、オオサカ堂の場合、1箱2,399円で、複数購入すると少しずつ割引が効くので、常備しておきたい方はまとめ買いしても良いかもしれないですね。

というわけで、セチリジンの購入ならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひ気軽にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみてくださいね!

セチリジン(コンタック鼻炎Zと同成分)をオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ