アモキサンの効果と眠気や太るなどの副作用!致死量や半減期も

%e3%82%a2%e3%83%a2%e3%82%ad%e3%82%b5%e3%83%b3アモキサンは1980年に武田薬品から発売された抗うつ剤で、三環系という古いタイプの薬に分類されます。

なので、アモキサンの効果で効き目や半減期と、眠気や便秘、太る、不眠、離脱症状などの副作用や致死量について知りたいのではないでしょうか。

また、アモキサンが効かない場合や、OD(オーバードース:過剰服薬)や酒など使用上の注意点も気になりますよね。

そこで今回は、アモキサンの効果と眠気や太るなどの副作用や、致死量や半減期などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

アモキサンの効果は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

アモキサンは抗うつ剤の中では古いタイプに分類されますが、今でも処方される頻度は少なくありません。

そして

・ 強力な抗うつ作用(特に意欲改善作用が強い)

・ 即効性がある

・ 副作用は多いが、三環系の中では少なめ

・ 薬価が安い

・ 妄想を伴ううつ病にも効果がある

といった特徴があります。

一方で、三環系なので副作用が多いことや、カプセルと細粒のみで錠剤がないことなどのデメリットがあるのも確かです。

作用機序は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

アモキサンが含まれる三環系の作用機序は、脳の神経間でモノアミンの濃度を上げることで、具体的にはモノアミンの再取り込みを抑えることで、濃度を上げるとされています。

そして、モノアミンとはセロトニン、ノルアドレナリンなどの物質の総称で、これらは気分に関係する物質だとされていて、アモキサンはセロトニン、ノルアドレナリン両方の濃度を上げますが、ノルアドレナリンにより強く作用すると言われており、特に意欲改善に効果を発揮するそうです。

これによって、強い抗うつ作用が期待できるのですね。

そして、通常、三環系は効果が現れるまでに2週間かかると言われている中で、アモキサンは早ければ1週間で効果が現れることから、効き目はとても強い薬と言えます。

効かない場合もあるの?

アモキサンは薬なので、効果には個人差があり、人によっては効果が現れにくいこともありますが、決められた用量より多く飲んだり、2回分を1度に飲むといった用法を行なっていると効果が現れなくなることがあります。

そのため、効果を実感できないと思ったら用法通りに飲んでいるか見直して、問題がなければ医師に相談して別の薬を処方してもらうなどしましょう。

スポンサーリンク

アモキサンの副作用は?使用上の注意点も

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

アモキサンには、主に次のような副作用が現れるとされています。

・ 便秘

3日以上便が出ない、お腹が痛い、お腹が張る

・ 口渇

口や喉が渇く

・ 尿閉

尿が出ない、尿の量が少ない

・ 複視

二重に見える

・ 起立性低血圧

立ちくらみ

・ QT延長

胸が苦しい、ドキドキする、めまい

・ 眠気、体重増加

また重篤な副作用として

・痙攣や幻覚

・せん妄

・肝機能障害

・黄疸

などが起きることもあるので、異常を感じたらすぐに医師に相談するようにしましょう。

アモキサンの減量や中止で現れる離脱症状について

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

アモキサンは、1日25~75mgを1~数回に分割して経口投与するとされていて、効果不十分だと判断される場合には、1日量150mgまで、症状が重篤な場合には1日300mgまで増量することもあるそうです。

そして、飲み忘れに気づいた時には思い出した時にすぐに服用し、次の服用時間まで近い場合は飲み忘れた分は飲まないことにし、2回分を一度に服用しないといった用法です。

こうしたアモキサンの用法で、1日に服用する量の増減は医師に相談して決めた方が良く、突然減量や服用を中止してしまうと、慣れていた薬が体から急になくなることで「離脱症状」が起こることもあります。

そして、初期には

・めまい

・頭痛

・吐き気

・だるさ

・しびれ

・耳鳴り

・イライラ

・不安

・不眠

・そわそわ感

などの症状が現れます。

それから、シャンビリ感といって金属音がシャンシャンという耳鳴りがし、電気が流れたようにビリビリとしびれた感じがすることもあります。

こうしたシャンビリやしびれといった感覚異常を離脱症状といって、薬を1ヶ月以上服用してから減らしていくと現れ、およそ2週間くらいすると落ち着きますが、重症な場合は2~3ヶ月続くこともあるそうです。

・ なぜアモキサンで離脱症状が起こるのか?

アモキサンは、抗コリン作用(アセチルコリンがアセチルコリン受容体に結合するのを阻害する作用で、便秘や口の渇き、胃部不快感などといった神経症状の副作用が現れる)が抑えられていて、半減期も8時間と短いため、他の薬と比べれば離脱症状は起こりにくいです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%96

ですから、離脱症状が見られるのはそのほとんどが、急に薬を自己判断でやめてしまった場合なのだそうです。

そして、抗うつ薬は状態が落ちついてきても、しばらくは続けていく必要があるので、薬をやめたいという気持ちを必ず医師に伝えてから、その上で計画的に減薬していくようにしてくださいね。

アモキサンの致死量は?酒やODなどの注意点も

アモキサンをはじめとした三環系抗うつ薬は、およそ500mgで中毒症状が見られ、1200~1500mgで重篤になり、2000~2500mgで致死量とされていて、およそ1~2週間分の量を一気に服用すると中毒になり、1ヶ月分を服用すると非常に危険なこともあります。

なので、こうしたアモキサンの過剰服薬、つまりODをすると最悪の場合死に至ることがあり、もしもODしている現場を発見したら、すぐに病院へ連れて行き一刻も早く薬を抜くようにしてあげましょう。

また、アモキサンとアルコールを併用すると、気分がハイになる効果があるので意図的に飲む方もいるようですが、危険なのでお酒との併用は控えるようにしてください。

スポンサーリンク

アモキサンの市販薬はある?ジェネリックの購入方法も

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%97

アモキサンの市販薬は今のところなく、病院を受診して処方してもらう必要があるのですが、薬を常備しておきたい方にとってはその都度病院を受診するのも手間ですし、診察料を払うのも嫌なのではないでしょうか。

でも、アモキサンは薬事法の関係でAmazonや楽天などの大手インターネット通販サイトでは購入ができないので、オススメなのが個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」でアモキサンのジェネリックを購入する方法です。

とはいえ、初めて個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか不安になるのではないでしょうか。

しかしそんな方でも、「オオサカ堂」であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心ですし、実際に使用している方たちの口コミを見れば、安心して買い物ができることが一目瞭然ですよ。

それから、アモキサンのジェネリックの気になるお値段ですが、1箱100錠で2,085円なので、買いやすい値段ですよね。

そして、アモキサンには取り扱いの注意点が多々あるので、初めて使う方はできれば医師に相談してから、2回目以降をオオサカ堂で購入し、薬の増減をしたい時は都度医師に相談すると安全ですね。

というわけでアモキサンの購入ならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひ気軽にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみてくださいね!

アモキサンジェネリック100mgをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ