ハイプロン10の効果と副作用!飲み方やデパスとの違いも!

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91心の悩みや仕事などの緊張感で睡眠障害の悩みが尽きない方は多いと思います。

ハイプロン10はそんな方にオススメの抗精神病薬の一つなのですが、その効果や幻覚などの副作用、デパス、マイスリーとの違いや苦味などについて知りたいのではないでしょうか。

そして、ハイプロンの飲み方でOD(オーバードース:過剰摂取)などの注意点も気になりますよね。

そこで今回は、ハイプロン10の効果と副作用や、飲み方やデパスとの違いなどについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ハイプロン10の効果は?デパスなどとの違いも

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

ハイプロンは統合失調や極度の不安感や緊張感、抑うつ状態などに使う抗精神薬の一つで、睡眠導入剤として薬効区分されている薬品なのですが、先発薬にソナタという薬があり、そのジェネリックがハイプロンだそうです。

ちなみに、睡眠導入剤の種類の中では非ベンゾジアゼピン系に分類され、ザレプロンを成分とした鎮静薬で、不眠症などで充分に睡眠がとれない症状に利用されるそうです。

そして、ザレプロンは、ベンゾジアゼピン受容体と結びついて脳内の神経に抑制的に働く物質であるGABA(ガンマアミノ酪酸)の作用を増強し、興奮を抑えることで不安や緊張を和らげ寝付きを良くし、夜間の睡眠を持続させる効果があります。

また、ザレプロンは長短時間型睡眠薬に分類され、服用とともに速やかに血中濃度が上昇し、優れた入眠効果が期待でき、起床時に残薬感を残さず、目覚めの良さを自覚できるところも特徴だそうです。

マイスリーやデパスとの違いは?

ハイプロンと同じソナタのジェネリックでマイスリーという睡眠薬があり、同様に短時間で熟睡できる誘眠効果があるのですが、ハイプロンの方が苦味の点でマイスリーよりマイルドだそうです。

それから、デパスも非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬ですが、ハイプロンに比べて効果が緩やかなので実際に使用している人の声を参照すると、ハイプロンとデパスを併用する方が多いようですね。

スポンサーリンク

ハイプロン10の副作用は?飲み方の注意点も

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

ハイプロンは、それまでの睡眠薬よりもより自然な睡眠に導くように開発されたザレプロンを有効成分としているので、副作用は比較的少ないとされていますが、それでも次のような症状が報告されているそうです。

・ めまい

・ 眠気

・ 短期記憶喪失

・ 協調欠如

・ 運動失調

・ 非静穏性

・ 集中力低下

・ 無気力

・ うつ病

・ 興奮

・ 精神錯乱

・ 異常思考、行動

・ 悪夢

・ 幻覚

・ 嗅覚障害

・ 発語障害

・ 吐き気

・ 食欲減退

・ 光線過敏

・ 不快感

そして、極まれに起こる重篤な副作用として、過敏反応などがあるそうです。

飲み方の注意点は?

通常、成人には1日1錠を就寝時もしくは就寝後の寝付けない場合に経口服用するとのことですが、用量はあくまで目安となり、人によっては1日5mg以下の服用が推奨されていて、高齢者や低体重者、肝臓に疾患のある方は特に気をつけた方が良いそうです。

それから、OD(オーバードース)といって誤って大量に服用してしまった場合は、非常に危険なので必ず医師の診断を受けるようにしてください。

また、服用し忘れた場合も、気づいた時にその分を服用しても良いですが、次の服用時間まで短い場合は飲まないままでも問題なく、2回分を1回に飲んではいけないそうです。

ハイプロンを購入するならどこがオススメ?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

ハイプロンは薬事法の関係でAmazonや楽天などの大手インターネット通販サイトでは購入ができないので、オススメなのが個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」で購入する方法です。

とはいえ、初めて個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか不安になりますよね。

しかし、そんな方でも「オオサカ堂」であれば対応が早く丁寧で、信頼できるとユーザーからも評判が高いので、個人輸入代行の初心者にもオススメなのです。

それから、ハイプロンの気になるお値段ですが、1箱が2,802円、小分けのシートの購入もできるので、初めての方で体との相性が良いか気になる方には嬉しいですよね。

というわけで、ハイプロンの購入ならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひ気軽にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみてくださいね!


*「ハイプロン」と入れて検索してください!

スポンサーリンク

このページの先頭へ