アレロック錠の飲み方と効果や副作用!大人と小児の量の違いも!

%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%afアレロック(成分:オロパタジン)は、花粉症などによく使われる薬の一つで、高い効果が確認されている薬剤なので、アレルギー性鼻炎の方はご存知なのではないでしょうか。

そして、アレロックのOD5mg錠の花粉症などへの効果や即効性、風邪などに効かない場合や、アレグラなどとの違い、飲み方のポイント、飲み合わせや授乳中、妊娠中、アルコールに関する注意点、小児も使えるのかなどについて知りたいのではないでしょうか。

それから、アレロックによる眠気などの副作用や、薬の使用期限、薬局で市販薬は買えるのか、ジェネリックを購入する通販のオススメも気になりますよね。

そこで今回は、アレロック錠の飲み方と効果や副作用、また、大人と小児の量の違いについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

アレロックの効果は?飲み方のポイントも

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

アレロックは、オロパタジンを主成分とするアレルギー性鼻炎薬で、花粉症による目のかゆみと鼻づまりやアトピーによる皮膚炎に効果があるとされています。

そして、アレルギー症状の原因となる物質の体内での産生や放出を抑え、またこのような物質の働きを妨げることにより、皮膚や鼻のアレルギー症状を消失もしくは和らげることができるそうです。

・ 風邪への効果は?

アレルギー性鼻炎の症状は風邪と良く似ていますが、そもそもの原因が異なるため、アレロックを風邪や、風邪で咳が出ている時などの時に服用しても効果はありません。

他の薬との違いは?

抗ヒスタミン薬には様々なものがありますが、花粉症の症状によく処方される薬としてアレグラもあり、どちらも第二世代抗ヒスタミン薬ですが、アレグラの方がアレロックよりも効果は弱く、その分副作用も少なく抑えることができます。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

それから、こちらはザイザルやアレジオンなども含んだ花粉症の処方薬を比較した画像ですが、こちらを見ると分かる通り、アレロックは最も効果が強く、眠気などの副作用が出やすい分類の薬となります。

そのため、つらい症状にも即効性があるため、今すぐに鼻づまりを治したい!という方には向いていますが、仕事で自動車の運転や、高所での作業をしなければならない方には不向きです。

アレロックの用法、用量は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

アレロックは通常、成人には1回1錠剤(主成分として5mg)を1日2回朝と寝る前に服用しますが、年齢や症状により適宜増減することができるとされていて、7歳以上の小児は1回1錠(5mg)を1日2回朝と寝る前に服用するという決まりがあります。

それから、朝の分を飲み忘れた場合は昼までであればすぐに飲んでも良いですが、それ以降の場合は次に飲む時まで飲まないようにして、また2回分を1度に飲んではいけないので気をつけてくださいね。

また、アレロックは1回の使用で半日(12時間)程度は効果が持続することが分かっていて、半減期は服用から10時間程度経った頃だそうなので、1日2回に分けて飲むようにし、1回だけしか飲まないと効果を実感しにくかったり、まとめて飲んだりは副作用のリスクが高まるだけなので注意しましょうね。

スポンサーリンク

アレロックの副作用は?使用上の注意点も

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

アレロックは効果が強い分だけ、副作用も比較的出やすいとされており、主な副作用には、眠気、頭痛、疲労、口の渇きが報告されています。

そして、極まれにアナフィラキシーショック症状や肝臓、腎臓、聴覚障害が起こることもあり、アナフィラキシーショックとは、ある特定の物質を体内に摂取することが原因で、短期間に急激なアレルギー反応が引き起こされる症状を指すそうです。

それから、アナフィラキシー症状には、便秘や下痢、嘔吐、倦怠感といった軽いものから、意識を失うなど命に関わる状態まで人によって様々だそうです。

さらに、アレロックを服用するようになってから体重が増加したといったような「太る」声もありますが、アレロックに限らず、抗ヒスタミン薬全体の副作用として食欲増進が挙げられるのでこれが影響しているようですね。

アレロックの飲み合わせや使用上の注意点は?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%96

抗ヒスタミン薬には、飲み合わせに注意がある薬の組み合わせが多いものの、アレロックに関しては特にないそうですが、妊娠中の方に関しては、安全性が確立されていないため、医師や薬剤師に相談してからとなっています。

そして、基本的には異常が起きた事例などは報告されていないのですが、納得してから服用できるようにかかりつけの医師に相談してからの方が良いでしょう。

それから、授乳中に関しては、アレロックのメーカー公式情報として

「授乳中の婦人には本剤投与中は授乳を避けさせること。

動物実験で乳汁中へ移行することが報告されている」

と発表されています。

そのため、授乳中の方が服用する場合は授乳を避けるか、服用する前に医師に相談するようにしましょう。

また、アレロックを服用中にアルコールを飲むと、アルコールによる酔いが増長される可能性が高いため、基本的には飲酒は控えるようにしてください。

アレロックは市販で買える?通販のオススメも

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%97

アレロックは、市販薬がまだ開発されていないため、薬局などで購入することはできないのと、薬事法の関係でAmazonや楽天などインターネットの大手通販サイトでも購入することができません。

そのため、基本的には病院を受診して処方してもらわなければならないのですが、花粉症の時期は病院も混んでつらいですし、診察料を支払うのも嫌ですよね。

そんな方におすすめなのが、インターネットの個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」で、こちらではアレロックのジェネリック「アレニル」の取り扱いがあります。

そして、成分や効果ももちろん同じですが、5mgが100錠入って1箱3,048円とのことなので、1錠あたり56.8円を薬価とする処方薬(100錠で5680円)よりもかなりお買い得です。

とはいえ、初めて個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか不安になりますよね。

しかしそんな方でも、「オオサカ堂」であれば対応が早く丁寧で、信頼できるとユーザーからも評判が高いので、個人輸入代行の初心者でも安心して使うことができます。

そして、オオサカ堂なら複数個購入すると割引もききますし、薬の使用期限は3年もあるので、まとめ買いしておいても良いですね。

ちなみに、アレロックのジェネリックに関しても、妊娠中や授乳中の方、小児への服用については医師への事前の相談が必要になるので、問い合わせてから使用するようにしてください。

というわけで、アレロックの購入ならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひ気軽にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみてくださいね!

アレロックジェネリックをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ