スタノゾロールの効果とサイクルの組み方!副作用やケア剤も!

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%99ボディメイクをしている方の中には、より効果的な筋肉増強剤としてたんぱく同化薬のスタノゾロールに興味を持っている方が多いと思います。

なので、スタノゾロールの減量効果とスタックサイクルの組み方や用量、副作用、ケア剤など使用方法について知りたいのではないでしょうか。

そして、スタノゾロールを個人輸入する場合オススメの通販についても気になりますよね。

そこで今回は、スタノゾロールの効果とサイクルの組み方や、副作用やケア剤についても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

スタノゾロールの成分や効果は?

ボディメイクをする方のほとんどはバルクアップの目的で筋肉増強剤などを探す方が多いと思いますが、スタノゾロールは筋肉増強の効果というより、減量のために使われることの多いアナボリックステロイドだそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

そして、マウスにスタノゾロールを投与した研究では、雄、雌のマウスにそれぞれスタノゾロールを体重1kgに対し1mg使用したところ、雄のマウスでは筋肉の増加、筋肉の合成反応、いずれも比較群のマウスと比べて違いは出なかったそうです。

一方で、雌のマウスでは比較群に比べて、スタノゾロールを投与した群は明らかに筋肉量が増し、筋肉の合成反応も向上していたそうです。

そして、強制的に筋肉が分解される状態にしたマウスの場合は、雄と雌両方とも、スタノゾロールを投与すると明らかに筋肉の分解が抑えられることも判明したそうです。

出展:「同化ステロイドスタノゾロールがラットの成長およびタンパク質代謝に及ぼす影響」

この研究結果からスタノゾロールは

・男性が使用しても筋肉増強効果はない

・女性には効果が高い筋肉増強剤

・減量下で筋肉を維持する効果は高い

ということが分かりますよね。

それに、筋肉増強剤はタンパク質合成を促進することで骨や筋肉を作り出す作用があるため、多くは骨粗鬆症への治療薬としても認定されている中で、スタノゾロールだけはFDA(アメリカの厚労省)から骨粗鬆症への治療薬としての販売権限を停止されているそうです。

こうしたことから、スタノゾロールはあくまでも男性が減量中の筋肉分解を防ぎたい時に使用するか、女性のボディビルディングとして使用すると効果的といえるでしょう。

スポンサーリンク

スタノゾロールの副作用やケア剤は?

スタノゾロールには、次のような副作用が報告されています。

ホルモン生成能力の低下

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

外部からホルモンが投与され、体内のホルモン濃度が高まると、体は「もう充分にホルモンがある」と判断して、ホルモンの生成を抑えてしまうのですが、これはステロイドホルモンを外部から投与するとほぼ確実に起こる副作用だそうです。

ただ、スタノゾロールの場合は効果自体もマイルドなので、この副作用も強くないのですが、低下することは低下するので、クロミッドという薬をケア剤として併用することをオススメします。

・ クロミッド

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

クロミッドはステロイドサイクル後に低下した男性ホルモンの分泌を回復させる目的で使用されるケア剤で、元々は女性の排卵誘発剤として使用されてきましたが、男性の睾丸機能を活発にさせる働きを持つことも分かっているそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

そして、クロミッドは体内にあるエストロゲン受容体と優先的に結びつき、エストロゲンがエストロゲン受容体と結びつくのを妨害する作用があるので、睾丸機能を活発化させ、ホルモンの生成を促すことができるのです。

ちなみに、クロミッドによる副作用は、女性に対しては卵巣の腫れや倦怠感、焦燥感やほてりなどが報告されていますが、男性の場合は目立った副作用は報告されていないそうです。

クロミッドの口コミなどはコチラ!?

(関連記事:クロミッドの飲み方と太る等の副作用!お酒の影響や男性の場合も

肝毒性

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%96

注射剤であれば問題ないのですが、経口のスタノゾロールの場合、17αアルキレート加工(肝臓に濾過されず、体内に長くとどまる加工)がされているため、肝臓に負担をかける可能性があり、肝毒性には注意をする必要があります。

そのため、ダメージを受けた肝臓を復活させる目的で、肝臓保護の効果があるシリマリンの併用をオススメします。

・ シリマリン

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%97

シリマリンはマリアザミという植物の種子を抽出したサプリで、古来より肝臓保護のハーブとして活用されてきており、肝臓細胞の再生を促す効果があります。

そして、シリマリンはどの臨床試験においても高い安全性を示しており、副作用の心配がなく使えるサプリメントだそうなので安心ですよね。

シリマリンの口コミなどはコチラ!?

(関連記事:シリマリンの効能と副作用や摂取量!サプリを飲むタイミングも!

スタノゾロールの使用方法やサイクルは?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%98

スタノゾロールは、使用量が1日50mgまでと決められており、経口剤で摂取する場合、前述の通り肝臓に負担をかけるので、8週間、最大でも12週間までが1サイクルとなります。

そして、4~6mgを1~3回に分割して経口服用するのがちょうど良く、年齢や症状によってピルカッターで量を調整して使用した方が良いそうです。

スポンサーリンク

スタノゾロールを通販で買うならどこがオススメ?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

スタノゾロールは薬事法の関係で国内の薬局やAmazon、楽天などの大手インターネット通販サイトでは購入ができないので、オススメなのが個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」なのですが、現在は取り扱いを中止しているそうです。

なので、同じサイトで取り扱いのある「ウィンゾロン」がオススメで、こちらも有効成分としてスタノゾロールを含有しており、同様の効果を期待できるそうです。

とはいえ、初めて個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな方でも、「オオサカ堂」であれば対応が早く丁寧で、信頼できるとユーザーからも評判が高いので、個人輸入代行の初心者にもピッタリです。

それから、ウィンゾロンの気になるお値段ですが、オオサカ堂の場合1本4,052円、2本で6,707円と複数購入で割引があるので、本気で取り組みたい方はまとめ買いしても良さそうですね。

というわけで、ウィンゾロンの購入ならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひ気軽にオオサカ堂のサイトで口コミを見てみてくださいね!

ウィンゾロンをオオサカ堂で見てみるならコチラ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ