リョウシンJV錠の飲み合わせで危険なものリスト!飲むときの間隔や副作用もチェック!

澤穂希さんのCMが印象的なリョウシンJV錠は、節々の痛みに効くとされる第三類医薬品で、効果が高いのに安全性が高い便利なアイテムです。

ただ、リョウシンJV錠には飲み合わせで危険なものが色々あるようなので、食べ物など飲み合わせの注意点について知りたいですよね。

それから、リョウシンJV錠の飲み合わせで飲むときの時間の間隔や副作用もチェックしておきたいのではないでしょうか。

そこで今回は、リョウシンJV錠の飲み合わせで危険なものリスト、また、飲むときの間隔や副作用などについても詳しくお伝えしていきます。

リョウシンJV錠の飲み合わせのリスクって?飲むときの間隔や副作用についても

リョウシンJV錠は膝や腰などの悪化した関節痛や神経痛に対して効果があると評判の第三類医薬品で、筋肉痛や眼精疲労、肉体疲労など体が疲れを感じた時に、栄養補給をしながら症状を改善させる効果があります。

そして、飲み方に関しても1日に1回の内服だけで良いので、続けやすく簡単ですよね。

そんなリョウシンJV錠は副作用が少なく、あるとしても皮膚の発疹や、胃腸が弱い方は消化器系の下痢、便秘などの症状が出るかもといったところです。

なので、まったく問題のない医薬品のように見えるのですが、リョウシンJV錠に既に含まれている成分と同じようなものを含む漢方やサプリを同時に服用していると、重複して同じ成分を過剰摂取してしまう可能性はあります。

例えば、シアノコバラミンやガンマ-オリザノールのサプリを配合しているサプリを使用している場合、ガンマオリザノールなどはステロイドの一つであるコレステロール値を低下させる成分なので、心筋梗塞などを心配されている方は使用しているかもしれません。

また、神経痛に悩んでいる方はリリカやケロリン、アスピリンなどの鎮痛剤を飲んでいる方や、漢方である葛根湯なども同じ成分を配合しており、どちらも体に良いものだということと、サポートしてくれるものだという意識から安心して併用しているかも知れません。

ただし、併用することによって成分を過剰摂取すると、上記でお伝えした副作用が現れるリスクが高まるため、別途摂っている医薬品やサプリがあるなら、かかりつけの医師に飲み合わせによる危険性について相談してから利用した方が良いでしょう。

飲む時の間隔などは?

リョウシンJV錠には、ビタミンのうち、疲労回復や炭水化物をエネルギーに変えるB1、刺激の抑制に働く神経伝達物質の合成や脂質の代謝を良くするB6、貧血の予防、神経機能を正常に保つ、睡眠のリズムの調整といった役割を持つB12など、ビタミンB群が豊富に含まれています。

そして、これらのビタミンB群は水溶性のビタミンで、水に溶けやすい性質を持っており、体にほとんど蓄積されずに尿として体の外へ排出されてしまいます。

とはいえ、水に溶けやすいからといってそのまま服用するのもNGで、水やぬるま湯と一緒に飲むと良く、かみ砕いてから飲むなどは効果が半減する可能性があるのでオススメできません。

それから、その効果を考えると食事で食べ物を摂った後に効率よくエネルギーに変えてくれるものなので、食後30分以内に服用するのがオススメです。

また、朝食、昼食、夕食後のどれにするかは、個人が効果を得たい時に合わせると良く、長時間歩いて腰痛や膝の痛みを感じやすいのであれば朝や昼の食後に、一日の疲れの回復目的であれば夕食後が良いでしょう。

そして、ビタミンB群は最長で一日体内に留まると言われているので、できるだけ毎日同じタイミングで飲み、24時間の間隔をおいて習慣的に飲むことをオススメします。

リョウシンJV錠を買うなら公式サイトがオススメ!

リョウシンJV錠には飲み合わせのリスクがいくつかありましたが、体に有害なものではなく、良い成分を過剰摂取すると危険性があるとのことでしたね。

なので、体を根本から回復させて習慣的に現れるようになった関節の痛みなどを治したいという方は、服用する医薬品やサプリを何本も揃えずにリョウシンJV錠にしぼり、毎日服用していくことをオススメします。

となると、気になるのがコスパですが、リョウシンJV錠は通常、1ヶ月分で3,800円とされているので、やや高いですね。

そんな中、公式サイトで買うと初回は1ヶ月分が1,900円になるのでとってもお買い得なんです。

つらい節々の痛みを少しでも良くしたいという方は、まずは1ヶ月試してみて相性をチェックすると良いので、公式サイトをチェックしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、リョウシンJV錠の飲み合わせで危険なものリスト、また、飲むときの間隔や副作用などについても詳しくお伝えしました。

リョウシンJV錠は、膝や腰の関節痛、眼精疲労や肉体疲労などに効く医薬品で、副作用も少なく皮膚発疹や消化器系の症状が稀に出る程度とのことでしたが、同じような成分を配合するサプリや、痛み止めのリリカなどの薬を併用すると、成分の過剰摂取になり、副作用が強く出るリスクがあるとのことでした。

なので、既に服用しているサプリや医薬品がある場合は事前に医師に相談すると良く、飲む時も、1日1回でいいのですが、ビタミンB群が豊富に含まれていることから、食後に食べ物と一緒に吸収させるとより効果が高まるのでした。

そんなリョウシンJV錠は公式サイトで購入するととってもお買い得なので、気になる方はこれを機会に試してみてくださいね!

リョウシンJV錠の公式サイトはコチラ!

このページの先頭へ