シメチジンの効果と副作用や市販薬!石灰化や適応外についても

シメチジンは1982年から発売されているタガメットという医薬品の一般名で、胃薬の一種です。

なので、シメチジンの胃腸薬としての効果や癌への効果、代謝経路とCYP、適応外や、ファモチジンとの違い、石灰化や、テオフィリンなどに関連した副作用について知りたいのではないでしょうか。

それから、シメチジン錠の市販薬も気になりますよね。

そこで今回は、シメチジンの効果と副作用や市販薬、また、石灰化や適応外などについても詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

シメチジンの効果は?石灰化や適応外も

シメチジンは胃酸の分泌を抑える薬で、免疫力を高めたり、腫瘍の増殖を抑える作用を持つ医薬品で、種類としてはH2ブロッカーといってH2受容体をブロックする作用を持つ薬の種類に属します。

この作用によって、胃酸が胃に対して悪影響を与える胃炎や胃潰瘍などの症状を改善する効果があります。

ただ、シメチジンはH2ブロッカーの中でも一番古く、使い勝手がやや悪いことがあり、具体的にはCYP3A4とCYP2D6という酵素の働きをブロックしてしまう代謝経路なので、これらの酵素は他の多くの薬の代謝に関わっているため、他の併用薬の作用に影響を与えやすいというデメリットがあります。

一方で、シメチジンは適応疾患として上部消化管出血に対して適応を持っているので、胃内で生じた出血を抑える作用があるということになります。

これは、シメチジンが胃酸やペプシンの分泌を抑制することで、胃のpHが上昇するため、血液が固まる力が活性化されやすくなるためだと考えられています。

これから推測すると他のH2ブロッカーにも同様の止血作用がありそうですが、出血に対しての研究報告をしっかり行っているのはシメチジンのみのようです。

また、免疫系を増強し、腫瘍の増殖を抑制する作用があることについても、他のH2ブロッカーには見られない効果で、シメチジンのみ明らかになっている意外な作用なのです。

それから、シメチジンには前頸部にある副甲状腺という臓器に作用することで、PTH(副甲状腺ホルモン)の分泌を抑える作用があるのではと考えられています。

こうしたPTHは血液中のカルシウム濃度を上げる働きがあるため、この分泌を抑えるとカルシウムの濃度が下がり、カルシウムの濃度が下がることで石灰化、つまり関節痛の要因などを改善する効果があるのではと考えられています。

実は、同じH2ブロッカーであるガスター(有効成分:ファモチジン)にも同じような作用が確認されているのですが、ガスターの方が副作用が少ないという違いがあるため、石灰化による関節痛がひどい場合はガスターを試すことが多いようです。

また、1980年代後半にデンマークの医師により、シメチジンが胃癌患者に対して延命効果を示すことが報告され、その後、大腸癌、悪性黒色腫に対しても同様の効果を示すことが報告されています。

スポンサーリンク

シメチジンの副作用とは?

シメチジンをはじめとするH2ブロッカーは安全性に優れ副作用が少ない薬とされており、シメチジンもその副作用発生率は1.1~1.7%前後でほとんど副作用が起こりません。

そして、生じうる副作用としては便秘や下痢、発疹などが報告されており、検査値の異常として肝機能障害が報告されているため、シメチジンを長期的に服用する場合は定期的に血液検査を行った方が良いでしょう。

特に肝臓障害を元々持っている患者がシメチジンを使用すると、テオフィリンクリアランスが低下し、テオフィリンの血中濃度が上昇することがあり、重篤な副作用につながる可能性があるため、注意が必要です。

シメチジンの市販薬はある?

シメチジンは医療用の薬で、市販で代替できるものはありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、シメチジンの効果と副作用や市販薬、また、石灰化や適応外などについても詳しくお伝えしました。

シメチジンはH2ブロッカーの中でも最も古い医薬品で、免疫力を高めたり、腫瘍の増殖を抑える効果がありますし、ほかのガスターなどのH2ブロッカーと違って抗がん作用や石灰化など関節痛の要因を改善する作用など色々と効能が認められているのでしたね。

ただ、その代謝経路から他の薬との相互作用のリスクが指摘されていてやや使い勝手が悪いため、他の薬に比べて選択されることは少ないとのことでした。

そんなシメチジンには市販薬はないため、必要な時は病院を受診して、医師の処方に従って使用するようにしてくださいね!

スポンサーリンク

このページの先頭へ